NVIDIA GeForce 6シリーズ、引き続き高評価

 
 

~ GeForce 6600 GT GPUに対するMaximum PC誌のレビューや全世界の批評家からの高い評価により、テクノロジーとパフォーマンスにおけるNVIDIAのリーダーシップが実証 ~

 

2004927日 - グラフィックスおよびデジタルメディア・プロセッサで世界をリードするNVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は米国時間923日、200410月号の「Maximum PC」誌の中でNVIDIAの製品が3つの製品賞を獲得し、ハイエンド・システムに関するレビューで圧倒的な評価を得たと発表しました。最近のイベントの中でNVIDIA® GeForce 6600 GTに対する評価が高まっていることは、同社が最新のグラフィックス・プロセシング・ユニット(GPU)製品群によって、テクノロジーとパフォーマンスのリーダーとしての地位を拡大していることを裏付けるものです。

 

NVIDIAのマーケティング担当取締役副社長、ダン・ビボリ(Dan Vivoli)は以下のように述べています。「PC OEM各社は、製品レビューでの高評価を獲得するために最速のコンポーネントを必要としています。GeForce 6800 Ultraが、『Maximum PC』誌などの著名なレビューに登場するのシステムのほとんどすべてに採用されているということは、勝利を収める上でこのGPUが最高の機会を提供するということを如実に物語っています。GeForce 6のアーキテクチャは、これまで一貫して市場で最先端の技術を誇るものと評価されており、GeForce 6シリーズの新製品は登場するたびにパフォーマンスに関するそれまでの記録を塗り替えています。Dell Dimension 8400Dell XPSデスクトップPCGeForce 6 GPUが採用されたという最近のニュースは、これらのGPUPC OEMやコンシューマー・エレクトロニクスの小売店の間に旋風を巻き起こしていることを良く表しています」

 

Maximum PC」誌10月号の「デスクトップ・デスマッチ」と題された特集記事では、上位6社のPCメーカーを対象とし、各社の最速システムを持ちよって互いに比較して最速のPCが決定されました。この6社のうち5社は、このコンテストに必要な最大限のパフォーマンスを達成するためNVIDIA GeForce 6800 Ultra GPUを採用していました。最終的にはNVIDIAを搭載したAlienware Aurora ALX1位となり、同じくNVIDIAを搭載したFalcon Northwest Mach V Icon Exotixが僅差で2位につけました。いずれのシステムも、「Maximum PC」誌の「Kick Ass」製品賞を受賞しました。

 

NVIDIAの代表的製品であるGeForce 6800 Ultra GPUを搭載したeVGA e-GeForce 6800 Ultra AGPグラフィックスカードの単独の評価に際し、Maximum PC誌のテクニカル・エディター、ウィル・スミス(Will Smith)氏は、「Kick Ass」製品賞の授与に先立って「これまでテストした中で最速のビデオカード」であると述べました。

 

NVIDIA GeForce 6を搭載した製品は、これまでに雑誌やWebサイトから100を超える賞を受けていますi

 

Firing Squadwww.firingsquad.com)のテクノロジー・エディター、ブランドン・ベル(Brandon Bell)氏は、GeForce 6600 GT GPUの評価に際して「今年の私たちの評価基準を大幅に高めることになったNVIDIAのエンジニアリング・チームには、表彰に値する価値があります。最初は画期的なGeForce 6800シリーズを発表し(非常に人気の高いGeForce 6800 GTを特に強調したいと思います)、次にハイエンドPCI Expressグラフィックスカード用のSLI、そして今回はGeForce 6600です」と称賛の言葉を述べています。

 

GeForce 6シリーズGPUの最新製品であるGeForce 6600 GTに対する評価は、先週に業界の専門家らによって匿名で行われ、満場一致で今回の高評価を獲得しました。

 

ポーランドの有力ハードウェア関連WebサイトであるPCLab.plhttp://pclab.pl/)の編集長、パウェル・ピラルツィク(Pawel Pilarczyk)氏は、「GeForce 6600 GTはパーフェクトです。このカードのパフォーマンスは、特にその推奨小売価格を考えれば最高といえます」と述べています。

 

Tech Reportwww.techreport.com)の編集長、スコット・ワッソン(Scott Wasson)氏は、「GeForce 6600GTはとんでもない製品です。わずか199ドルでありながら300ドルまでのクラスのカードに匹敵するパフォーマンスを備えており、この価格以下のあらゆる競合製品は全く比較になりません」と述べています。

 

GameSpotwww.gamespot.com)のハードウェア担当エディター、ジェームズ・ユー(James Yu)氏は、メインストリーム部門の新しいNVIDIA GPUについて行われた最近の評価において、「GeForce 6600 GTは私たちが行ったすべてのテストで圧勝しました。200ドル未満のビデオカード分野では、6600 GTが文句なしにトップです」と述べています。

 

日本のITMedia PCUpdatewww.itmedia.co.jp/pcupdate)の編集者は、「ミドルレンジグラフィックスカードのなかで、GeForce 6600 GTは圧倒的パフォーマンスを示しています。(中略)GeForce 6600 GTはユーザーにとって、最高のグラフィックスカードと考えられるでしょう」と述べています。

 



* NVIDIA GeForce 6ベースのGPUに対しては、Maximum PC Kick Ass Product AwardPC Gamers Editor's Choice AwardFiringSquad Bull's Eye AwardHardOCP Must Have Hardware awardPC Welt Top 10Neoseeker Editor's ChoiceGamers Depot Droll Awardなど、数多くの賞が与えられています。

 

NVIDIA について

NVIDIA Corporation (Nasdaq - NVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア情報処理技術における世界的なリーディング企業です。同社のグラフィックス・プロセッサと通信プロセッサは、幅広い市場で採用されており、一般消費者向けデジタルメディアPC、エンタープライズPC、プロフェッショナル・ワークステーション、デジタル・コンテンツ作成システム、ノートPC、軍用ナビゲーション・システム、ビデオゲーム機など様々なコンピューティング・プラットフォームに組み込まれています。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、従業員数は世界で1,800人を超えます。詳細については、www.nvidia.com あるいは日本語サイト http://jp.nvidia.com/ をご覧下さい。

 

NVIDIAの製品ファミリに対する販売量の予測および継続的な売上成長の予測に関するすべての記述を含め、本プレスリリースに記載されている記述の中には将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。このようなリスクと不確実性には、新製品の製造およびその他の遅延、製造プロセスや会社のサードパーティーメーカーへの依存性に関わる問題、PCおよび半導体産業界の周期的な景気動向を含む一般的な市場のトレンド、競合製品や代替製品の価格設定の影響、新製品の市場での受け入れ度、およびサードパーティーデベロッパーおよびパブリッシャーへの会社の依存などがありこの限りではありません。これらのリスクや不確実性に関するさらなる議論に関しては、投資家の皆様には、米国証券取引等監視委員会 (Securities and Exchange Commission) に提出されているForm 10-Kの会社年次レポートとForm 10-Qの会社四半期レポート、特にその中の「Certain Business Risks」のセクションを参照されることをお薦めします。

 

#  #  #

 

NVIDIA® Corporationは登録商標です(2004年)。その他の会社名、および/または製品名はすべて、それぞれのメーカーの商標および/または登録商標です。

機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

 

本リリースに関するお問い合わせ先:


エヌビディア広報事務局

インターナショナル・マネジメント・コンサルタント

中崎(snakazaki@webershandwick.com)    寺澤(tterasawa@webershandwick.com)

Tel: 03-5427-7401/03-5427-7367  Fax: 03-5427-7300

 

エヌビディア日本

シニアーマネージャー、PCビジネス 正次

Emailアドレス: mhigashi@nvidia.com

Tel: 045-640-6851  Fax: 045-640-6860

220-8121 神奈川県横浜市西区みなとみらい2---
横浜ランドマークタワー21

 

エヌビディア アジア太平洋地域

マーケティングマネジャー, Hazel Heng

Emailアドレス: hheng@nvidia.com (英語のみ)