NVIDIA、新しいnForce4 PCI Express
コアロジック・ソリューションで記録的な売上増を達成

 
 

NVIDIA nForce4 SLI™のニーズに牽引されて、NVIDIA nForce4 MCP

ファミリー製品の出荷が好調

 

2005216, グラフィックスおよびデジタルメディア・プロセッサで世界をリードするNVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は米国時間215日、AMD64搭載コンピューティング・プラットフォーム向けの業界で最も高機能なコアロジック・ソリューション、NVIDIA nForce4メディア・コミュニケーション・プロセッサー(MCP)の総出荷数が昨年12月の出荷開始以来100万個を上回ったことを発表しました。また、NVIDIA nForce4 SLI技術の採用件数が、NVIDIAの予想を上回り、現在までのNVIDIA nForce4 MCPの全出荷数の25%以上に達しています。このNVIDIA nForce4 SLI技術へのニーズが、結果的にNVIDIAのプラットフォーム群の中で最も早いペースでの売上成長をもたらし、NVIDIAAMD64市場のシェアを48%(米調査会社Mercury Research200410-12月期の調査報告を引用)にまで拡大したことに貢献しました。

 

NVIDIAのプラットフォーム製品担当ゼネラル・マネジャーのドリュー・ヘンリー(Drew Henry)は、「NVIDIA nForce技術は、当社の革新的な機能と先進的な性能により、これまでに数百に及ぶエディトリアル賞を受賞しており、強力な小売戦略を構築する基盤をパートナー企業に提供しています。当社は、NVIDIA nForce4 SLI MCP製品とGeForce™ 6シリーズのグラフィックス処理ユニットにより、PCの性能水準を再び向上させ、熱心なゲームユーザとPCユーザに対して、当社の技術リーダーシップの地位をより一層確立してきました」と述べています。

 

NVIDIA nForce4 SLINVIDIA nForce4 Ultra MCP製品は、従来製品と同様に、世界中のマスコミから賞賛を受けており、多くのエディターが他のメーカーで提供されていない機能を統合していくNVIDIAの姿勢に感銘を受けています。Hardware Analysisの編集主任のサンダー・サッセン(Sander Sassen)氏が、「コンピュータ業界の『iPod』としてNVIDIA SLI技術を賞賛していることhttp://www.hardwareanalysis.com/content/search/results/article/1772/)に加え、多くのレビューワーが、シリコンに直接実装されるハードウェア・アクセラレーション搭載セキュリティ・ファイアウォール・ソリューションをエンドユーザーに提供するNVIDIA ActiveArmor™、間もなく商品化されることになる次世代SATA 3Gb/s ハードドライブへの対応、ネイティブGigabit Ethernet ネットワーキング、ならびにNVIDIAnTune™ソフトウェア・アプリケーションにより実現する先進オーバークロッキング機能などで業界トップに選ばれているNVIDIAの機能性を絶賛しています。

 

現在20以上のNVIDIA nForce4搭載マザーボードが、AbitASUSTeKBiostarChaintechDFIECSEpoxFoxconnGigabyteMSIなどの世界の大手マザーボード・サプライヤーから提供されており、今後数ヶ月の間に他社からもNVIDIA nForce4搭載製品が提供される予定です。

 

NVIDIAについて

NVIDIA Corporation (Nasdaq - NVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア・プロセッサにおける世界的なリーディング企業です。同社のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)とMCP(メディア・アンド・コミュニケーション・プロセッサ)およびWMP(ワイヤレス・メディア・プロセッサ)は、幅広い市場で採用されており、一般消費者向けおよび企業向けPC、ノートPC、ワークステーション、PDA、携帯電話、ビデオゲーム機など様々なコンピューティング・プラットフォームに組み込まれています。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、従業員数は世界で2,000人を超えます。詳細については、www.nvidia.com あるいは日本語サイト http://jp.nvidia.com/ をご覧下さい。

 

 

nForce4対応マザーボードの追加発売、NVIDIA nForceメディア・アンド・コミュニケーション・プロセッサや関連技術の性能・利点・能力・機能を含め、本プレスリリースに記載されている記述の中には将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。このようなリスクと不確実性には、新製品の製造の遅延、製造不具合、設計不良、技術の不適合、サードパーティーメーカーへの依存、MCP業界の周期的なトレンドを含む一般的な市場の流れ、製品統合の遅延、競合製品や代替製品による影響、業界の標準およびインターフェイスの変化、当社製品の市場での受け入れ度、サードパーティーデベロッパーおよびパブリッシャーへの依存性に関わる問題などがありこの限りではありません。これらのリスクや不確実性の詳細に関しては、20041024日を末日とするForm 10-Qの会社四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基づくものであり、NVIDIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

 

#  #  #

 

NVIDIA® Corporationは登録商標です(2005年)。その他の会社名、および/または製品名はすべて、それぞれのメーカーの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

 

エディターの方へ:更に詳しいNVIDIA情報はNVIDIAプレスルームまでどうぞ。

http://jp.nvidia.com/page/press_room.html

 

本リリースに関するお問い合わせ先:

 

  エヌビディア広報事務局

   インターナショナル・マネジメント・コンサルタント

   中崎(snakazaki@webershandwick.com)    

   寺澤(tterasawa@webershandwick.com)

   Tel: 03-5427-7401/03-5427-7367  Fax: 03-5427-7300

エヌビディア株式会社

PCビジネス ディレクター、東 正次

Emailアドレス: mhigashi@nvidia.com

Tel: 045-640-6851 

Fax: 045-640-6860

220-8121 神奈川県横浜市西区みなとみらい

--- 横浜ランドマークタワー21

エヌビディア アジア太平洋地域

マーケティングマネージャ、Hazel Heng

Emailアドレス: hheng@nvidia.com

(英語のみ)