Back

統合ドライバアーキテクチャ(UDA)

 
 






 





簡略化されたアップグレード手順


庭または職場で、システム管理の労力と総使用コスト(TCO Total Cost of Ownership)を削減するには、統合ドライバアーキテクチャ(UDA)を提供する唯一のグラフィックソリューションを使用する必要があります。NVIDIA UDA は、あらゆるインプリメンテーションに対して上位互換と下位互換を提供します。すべての NVIDIA 製品にこの UDA が採用されています。これによって、企業ユーザーまたはホームユーザーは、使用している NVIDIA 製品の組み合わせとは無関係に、オペレーティングシステムで同時にドライバソフトウェアを更新できます。すべての NVIDIA 製品は、後方互換性を保証するために旧リリースのドライバでテストされています。また、すべての新ドライバは、NVIDIA 製品ライン全体でテストされています。これによって、企業ユーザーとホームユーザーは、ドライバを簡単にアップグレードできます。

NVIDIA UDA の利点は次のとおりです。

 

  • メンテナンスにかかる時間の削減-グラフィックドライバをシングルパスで更新できます。
  • ハードウェアとドライバのコンフリクトの削減-各ドライバはすべての旧製品で完全にテスト済みであり、新製品は旧ドライバでもテスト済みです。
  • スケーラビリティの増大-グラフィックソリューションが NVIDIA ハードウェアと統合ドライバに基づいている場合は、製品のアップグレード、新しいハードウェアの追加、およびパフォーマンス拡張機能の利用が単純化されます。

トップクラスの OEM メーカーは、新世代の NVIDIA グラフィックソリューションが登場するたびに、企業デスクトップソリューション製品にこれらを導入しています。OEM メーカーは、NVIDIA の技術力、ソリューションの安定性、UDA による管理の容易さを追求する姿勢、およびすばらしいパフォーマンスを魅力的な価格で提供するという意欲を評価しているのです。