Cube Environment Mapping

 
 

 

 

 

リアリティはディテールからつくられる


然界には、水面や金属など、光沢のある表面には必ず光の反射があります。コンピュータでレンダリングした 3D シーンの品質は、このような細かいディテールを忠実に再現できるかによって決まります。これまでは、反射する表面を使わないようにするか、無難な結果しか得られない複雑な方法が採用されていましたが、キューブ環境マッピング技術を使用すると、リアルタイムの正確な反射や鏡のようなライティング効果を作成でき、現実感にあふれる 3D シーンを堪能することができます。

 

 

 

image.jpg

キューブ環境マッピングは、その他の技術とは異なり、あらゆる角度から規則的に現実感のある反射を作成できます。非常に細かいディテール(自動車のナットの反射など)も作成できます。

 

 

 

 


キューブ環境マッピングの動作
基本的に、環境マッピングはマップ形(反射する対象)から開始します。これまでのマップ形は球形でしたが、球形マッピングは 1 つの方向、1 つの視点にしか使用できないため、限定された特定の条件にしか適用できませんでした。つまり、球形マッピングは、条件を完全に満たす場合はすばらしい効果がありますが、何かが変わると歪みが現れます。

GeForce 256 GPU では、ハードウェアによるキューブ環境マッピングが可能で、画期的な画質機能を提供します。キューブ環境マッピングは、マップ形を球形から 6 面体に変更することによって、優れた反射イメージを簡単に作成できる開発パスを提供します。

 

 



キューブ環境マッピングは創造性を発揮できる柔軟な技術であり、トップの開発者はすでに次世代アプリケーションでキューブ環境マッピングを使用しています。このメリットを活用するには、システムに GeForce 256 GPU が必要です。