NVIDIA Lightspeed Memory Architecture

 
 

 

 

 

向上したパフォーマンスと画質


実感のあるリアルタイム 3D 環境をメインストリーム PC で作成することは、コンピュータグラフィック業界の多くのハードウェアおよびソフトウェア開発者にとって、大きな目標となっています。過去数年間の技術開発によってリアルタイム 3D グラフィックの画質は大きく進歩しました。しかし、パフォーマンスの向上がメモリを制限するという、インタラクティブ 3D コンテンツ提供に関する基本的な問題が残されています。メモリおよびグラフィックバス帯域幅は、グラフィックのパフォーマンスと画質を決定する重要な要素です。GeForce3 では、GPU の能力を劇的に向上させるグラフィックアーキテクチャの多くの革命的な進歩と、向上したパフォーマンスと画質を提供するメモリおよびバス帯域幅が組み合わせられています。

メモリ帯域幅の問題
高度な環境を作成するための十分なディテールを含む、現実感に溢れたシーンを描くために、コンテンツ開発者は、信じられないほどの速度でシーンのジオメトリックディテールを増加させてきました。GeForce 256 グラフィック処理ユニットの発表によって、この機能の計算負荷のほとんどが CPU から GPU に移行しました。GPU への計算負荷の移行は、コンテンツ開発者がフレームごとに自由に数百のポリゴンを数十万に移動できるようにするための重要な要素でした。これらの現実感溢れるシーンは、ビジュアル的な注目度を何十倍にも高める一方で、非常に大きい帯域幅を必要とします。

 

 

 

image.jpg

設計者は、高次面を使用することによって、トライアングルを使用するだけでは作成できない複雑な曲面を作成できます。

 

 

 


Lightspeed Memory Architecture: ソリューション
GeForce3 は、その高度な Lightspeed Memory Architecture™ を介して一連の技術を提供し、メモリ帯域幅の問題に一石を投じます。GeForce3 は、複雑なジオメトリを高次面として表現し、表面計算全体を GPU で実行することによって、大量のトライアングルデータを AGP バス経由で送信するのを防止することができます。これによって、ホストと GPU の間の通信が効率的かつハイパフォーマンスで続行されます。

 

 

GeForce3 は、ピクセル帯域幅の問題にさまざまな方法で対処することによって、PC グラフィックに対するメモリ帯域幅の能力を大きく引き上げます。PC グラフィック用に構築された効率的で高性能のクロスバーメモリコントローラを、帯域幅消費を削減する高度な技術と組み合わせると、GeForce3 では、従来のアーキテクチャの 2 倍のメモリ帯域幅を使用できます。

この進歩により、動的で現実感に溢れたリアルタイム 3D グラフィック体験への道が開かれました。コンテンツ開発者は、ホストとグラフィックの間の通信効率を上げることによって、AGP バスの制限に拘束されずに、シーンの現実感溢れるジオメトリとビジュアルの複雑さを引き続き向上させていくことができます。高解像度および高フレームレートでのレンダリングは、GeForce3 での標準になっています。これは、ピクセルレンダリングとメモリ効率の進歩により、フレームバッファ帯域幅の境界がなくなり、パフォーマンスを大幅に低下させることなく高解像度の 32 ビットレンダリングを行うことができるようになったためです。