Adobe

GPUで加速化したビデオ出力をどの画面にも提供

NVIDIA のGPUは、Adobe Media Encoder CC (AME)を加速化します。これは、現在Adobe Mercury Playback Engineと密接に統合されています。現在NVIDIA のGPUでは、最適化したビデオをさらに速く制作することが可能です。AME内から直接エフェクトや、バックグラウンドで複数のプロジェクトを追加することで、効率的でクリエイティブなワークフローが実現します。


GPUを有効化したレンダリング

Adobe Media Encoder CCは、Mercury Playback Engineを活用しており毎日のメディア出力の作業の多くを促進するために NVIDIA GPUを使用しています。スケーリング、ピクセルフォーマット変換、デインターレースなどのタスクを加速すると、なめらかで効率的な製作のワークフローが可能になります。

自動画像処理

現在では、GPUで加速化したビデオエフェクトがAME内から直接追加する事が可能になったので、個別のAdobe Premiere Pro CC の編集プロセスを必要とせずに、編集者が素晴らしい効果を素早く作り出すことができます。メディアアウトプットは、Lumetri Looks、ウォーターマーク、タイムコードオーバーレイ、速いGPU処理を使用するための画像合成などのエフェクトを組み込んで簡単にカスタマイズすることができます。

バックグラウンド・プロジェクト・レンダリング

シングルレンダリングとキューモードのどちらも、GPU 加速化をサポートしているので、 Adobe Premiere Pro CC および After Effects CC プロジェクトは、バックグラウンドでさらに高速でレンダリングすることができます。他のアプリケーションで製作を続けながら、AMEをバックグラウンドで動作させましょう。

Adobe
Media Encoder
Adobe Media Encoder
 
販売代理店を探す
 
 
 
推奨される NVIDIA GPU