NVIDIA、ディープラーニングを高速化する AI クラウド コンテナ レジストリの提供を開始、Volta GPU が Amazon Web Services 上で初登場

 
 

完全にテスト、最適化済みの最新ディープラーニング ソフトウェアが Amazon EC2 P3 インスタンスで直ちに利用可能に

米国、カリフォルニア州サンタクララ — GTC Europe (2017 年 10 月 25 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、世界中の AI 開発者への NVIDIA® GPU Cloud (以下 NGC) コンテナ レジストリの即時提供開始を発表しました。

NGC を利用すると、開発者はほんの数ステップの操作で、包括的で使いやすく、完全に最適化されたディープラーニング ソフトウェア スタックに無料でアクセスでき、ディープラーニングの開発をスムーズに開始できます。

このクラウド ベースのサービスは、発表されたばかりの Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) P3 インスタンス (NVIDIA Tesla® V100 GPU 搭載) のユーザーであれば、直ちに利用できます。NVIDIA はまもなく、他のクラウド プラットフォームもサポートする計画です。

NGC アカウントに登録すると、さまざまなディープラーニング フレームワークNVIDIA ライブラリCUDA® ランタイム バージョンを統合、最適化、コンテナ化したソフトウェア スタックをダウンロードできます。これらのソフトウェアは常に最新の状態に保たれ、クラウドまたは NVIDIA DGX™ システム上でシームレスに動作します。

NVIDIA のエンタープライズ システム担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーであるジム マキュー (Jim McHugh) は、次のように述べています。「NVIDIA GPU Cloud は AI を普通の人々が使えるようにし、世界的なユーザー基盤の急速な拡大を実現します。開発者は複雑な統合作業から解放され、AI の変革力を実現する高度なニューラルネットワークを素早く開発できるようになります。」

3 ステップで迅速に AI コンピューティングを開始可能

NGC コンテナ レジストリによるディープラーニング開発は、次の 3 ステップの手順に従って直ちに開始できます。

  1. www.nvidia.com/ngcsignup で無料の NGC アカウントに登録する。
  2. 最適化済みの NVIDIA イメージを、クラウド サービス プロバイダー プラットフォーム上で実行する。
  3. NGC からコンテナを呼び出し、開発を開始する。

NGC コンテナ レジストリには、主に次のような利点があります。

  • 最も広く使用されている GPU アクセラレーション フレームワークを直ちに利用可能: コンテナ化されたアプリケーション開発用ソフトウェアには、CUDA のほか、NVCaffe、Caffe2、Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK)、DIGITS、MXNet、PyTorch、TensorFlow、Theano、Torch などがあります。
  • 最大限のパフォーマンス: NGC コンテナ レジストリは、最大限のパフォーマンスが得られるよう NVIDIA によって調整、テスト、認定済みであるため、クラウド上で稼働する NVIDIA GPU で最適なパフォーマンスを得ることができます。
  • 事前統合: 使いやすいコンテナにより、困難で時間のかかるソフトウェア統合が不要となり、直ちにディープラーニング開発を開始できます。
  • 常に最新の状態: NGC コンテナ レジストリで利用可能なコンテナは、NVIDIA の絶え間ない開発の成果であり、各ディープラーニング フレームワークは、最新の NVIDIA GPU 上で可能な限り高速にトレーニングできるよう徹底的に調整されます。ライブラリ、ドライバー、コンテナは、NVIDIA の技術者によって絶えず最適化されており、毎月アップデートが提供されます。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、http://www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

____________________________________

NVIDIA GPU Cloud コンテナ レジストリの影響、利点、性能および利用可能性、他のクラウド プラットフォームにサポートを拡大する NVIDIA の計画に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-Q の 2017 年 7 月 30 日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA のウェブサイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2017 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、CUDA、DGX および Tesla は、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。