Automotive

車載インフォテインメント (IVI)
およびナビゲーション
 

自動車との対話の新しい方向

NVIDIA DRIVE DESIGN Software
車載インフォテインメント (IVI) で快適なドライブ
DRIVE CX は、最新のグラフィックス処理アーキテクチャを使用して、高解像度、高フレームレートの写実的なグラフィックスをさまざまなアプリケーション向けに提供します。これには、多彩で見やすいグラフィックスや高音質のオーディオインターフェイスから、自然言語処理、対話型コックピット制御、ひと目で分かる直観的なディスプレイによる 3D ナビゲーションまで、あらゆるものが含まれます。

Android Auto の活用

Android™ スマートフォンを持っているドライバーは、モバイル機器にアクセスすることで、地図、検索、音楽などのよく使うアプリを、より簡単に、運転から注意をそらさず利用できるようになります。これらの新しい機能によって、完全に音声で操作するメッセージングやナビゲーションなど、便利な機能を実現できます。

高度なレンダリングによるサラウンドビジョン

従来のサラウンドビューシステムは、ドライバーに対して車両の周辺領域のバーチャルビューを表示しますが、カメラの魚眼レンズに起因する歪みによって画質が低下することがしばしばあります。DRIVE CX は、洗練された SfM (Structure-from-Motion) および高度なスティッチングを利用して、画像のレンダリングを向上させ、路上の 1 本のラインが同時に 2 箇所に表示されるような「ゴースト」を低減します。

強力なグラフィックスを備えた DRIVE CX は、高精細モデルとリアルな照明効果によって仮想的な車両をレンダリングするため、汎用モデルやトイモデルではなく、自分の車がそのまま表示されているように見えます。
 

3D ナビゲーション

高度なレンダリングによるサラウンドビジョン

 
お問い合わせ

NVIDIA の車載ソリューションは、将来の自動車の革新に携わっている自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、および研究機関に提供されます。次世代の革新をさらに推進するために、以下の情報をご記入ください。