Back
 
 
Bill Dally

Bill Dally(ビル・ダリー) — 主席研究員

ビル・ダリーは、コンピュータサイエンス学部長としてスタンフォード大学に12年勤務した後、2009年1月に主席研究者としてNVIDIAに入社しました。スタンフォード大学では、ダリーと彼の率いるチームは、現在の大規模な並列コンピュータの大半で見られるシステムアーキテクチャ、ネットワークアーキテクチャ、シグナリング、ルーティング、および同期化テクノロジーを開発しました。

1986年から1997年にかけては、マサチューセッツ工科大学に在籍し、プログラミングモデルからのメカニズムの分離の先駆けとなり、非常に低いオーバーヘッドで同期化および通信メカニズムを実行する、実験的な並列コンピュータシステム、J-MachineとM-Machineを開発しました。1983年から1986年には、カリフォルニア工科大学ではMOSSIM Simulation Engine とTorus Routing チップを開発し、「ワームホール」ルーティングと仮想チャネルフロー制御の先駆けとなりました。

ダリー氏は、Velio Communications とStream Processors, Inc.の共同創立者であり、 アメリカ芸術科学アカデミーのフェローです。また、IEEE とACM のフェローでもあり、IEEE シーモアクレイ賞とACM モーリスウィルクス賞を受賞しました。彼は200 以上に及ぶ論文を発表し、50 以上の交付済み特許を有し、2冊の教科書の著者でもあります。

バージニア工科大学で電気工学理学士号、スタンフォード大学で電気工学修士号、そしてカリフォルニア工科大学ではコンピュータサイエンスの博士号を取得しています。