AUTOMOTIVE

NVIDIA DRIVE DESIGN
ソフトウェア
 

カスタマイズ可能で写真のようにリアルなデジタルコックピット

NVIDIA DRIVE DESIGN ソフトウェア

世界で最も革新的なデジタルコックピットを設計する

NVIDIA DRIVE Design は、機器クラスタやインフォテイメントシステムに使用されるHMI設計ソフトウェアのツールチェインとランタイムエンジンです。 NVIDIA DRIVE Designは、機器クラスタおよび情報娯楽システムのために使用される画期的なHMIデザインツールです。NVIDIA DRIVE Designは、NVIDIAによって開発され、評価、市場調査、有用性試験、そして最終的には最終生産のために概念検証デモを迅速に開発するために、自動車メーカーや一流の自動車部品メーカーによって使用されています。

MDL による複合マテリアルのサポート

革新的な一連のツールには、光源とカメラ位置を動かすための本物の3D レンダリング機能、高解像度の映像、アニメーションが統合されています。現在では高機能の Material Definition Language (MDL)をサポートすることで、カーボンファイバーやブラッシュメタル、ステッチレザー、ガラスなどの複雑な素材を写真の様にリアルに、リアルタイムでレンダリングすることができます。その結果、次世代のカスタマイズ可能な デジタル・インスツルメンツ・クラスタ と 車載インフォテイメント システムを設計するための創作キャンバスが生まれました。

NVIDIA DRIVE Design は、NVIDIA オートモーティブクラスタで automotive@nvidia.com がご利用いただけます。
 
 
お問い合わせ

NVIDIA の車載ソリューションは、将来の自動車の革新に携わっている自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、および研究機関に提供されます。次世代の革新をさらに推進するために、以下の情報をご記入ください。