Back
関連リンク
  • Technical Brief: CineFX 3.0

    The Next Wave of Stunning Visual Effects
    Get an in-depth look at the advanced technologies powering the third-generation NVIDIA CineFX engine, in the attached technical brief (1,203KB PDF).

CineFX 3.0 エンジン

 
 

TVで鑑賞する映画とPCで楽しむゲーム、どちらが映画でどちらがゲームか区別のつかない世界――リアルタイムの3Dグラフィックスとレンダリング済みの映画効果が混然として境界を失う世界が現実になります。NVIDIAが世に送り出すGeForce 6 Series GPUの革新的な新技術は、3Dグラフィックスをまた一歩、映画並みに近づけます。NVIDIAの最新GPUは、ゲームやアプリケーションで圧倒的な3D効果を実現したいデベロッパーにうってつけのハードウェアの知力を実現します。その上、システムを最高速度で動作させるのに欠かせないハードウェアの体力をももたらします。

先進技術

3世代のNVIDIA® CineFX™エンジンは、最新のNVIDIA GPUのパワーを遺憾なく引き出し、複雑な視覚効果の作成を容易にします。プログラマは、Microsoft® DirectX® 9.0 Shader Model 3.0OpenGL® 1.5 APIを使用し、以下のような技術とテクニックを駆使してシェーダ・プログラムを開発できるようになりました。

nalu_long2.jpg

Nalu: from the NVIDIA tech demo
  • 無限のシェーダ・プログラム:CineFX 3.0ではハードウェアがシェーダ・プログラムに制約を課すことはありません。CineFX 3.0の技術とスピードにより、これまで以上に長いプログラムでも驚異的な速度で実行されます。

  • ダイナミックなフロー制御:ルーピング/ブランチング・オプションの追加とサブルーチン・コール/リターンの新機能が、効率的なシェーダ・プログラムの記述に必要な選択肢をいっそう増やします。

  • 変位マッピング:CineFX 3.0はテクスチャのバーテックス処理が可能なため、シーン中のあらゆる物質、表面、人物に、これまでにない深みとリアリズムをもたらします。変位マッピングは、コンピュータにほとんど負荷をかけることなく、モデルのジオメトリに微妙な変化をつけることが可能です。

  • バーテックス周波数分割器:シーン中の複数のキャラクターとオブジェクトに効率よくエフェクトを適用できるため、似たようなモデルでもそれぞれに個性を付与します。

  • Multiple Render Target(MRT)技術:MRTは、ジオメトリのレンダリング後にシーンのライティングができるテクニックであるディファード・シェーディングを可能にするため、シーンに複数のパスが不要になります。フォトリアリスティックなライティングが実現するだけでなく、イメージの目に見える部分には効果を及ぼさないピクセル処理に不要な時間をかけません。

最先端の視覚効果

その力を増したCineFX 3.0エンジンによって、デベロッパーはゲームにこれまで以上にユニークな特徴と効果を持たせることが可能です。新しいエフェクトとして、スキンなどの表面に深みのある自然な透明感を演出するサブサーフェス・スカッタリングや、ソフトシャドーによる高度なライティング効果、周囲や地面への正確な影の投影、グローバルなイルミネーションによる驚異的なフォトリアリスティック・ライティングなどが実現します。こうしたエフェクトが組み合わされることで、複雑に細部まで再現され、没頭せずにはいられない真に迫るゲームシーンの創造が可能になります。  

NaluNVIDIA CineFX 3.0は、全く新しいプログラミングの創造性を引き出します。DirectX 9.0 Shader Model 3.0を完全にサポートする最新のGeForce GPUの力により、比類のないリアリズムを備えた新しい世代のゲームや、心を奪われるような複雑さを備えたデジタル世界が現出し、映画のようなシーンを実写さながらのキャラクターが動き回るようになるのはもう間もなくです。長いシェーダ・プログラムは多くの演算パスを必要としたため、これまではパフォーマンスと精密さを犠牲にしなければ、高度に複雑なエフェクトは不可能でした。しかし、NVIDIA GeForce 6 SeriesNVIDIA CineFX 3.0エンジンとによって、パフォーマンスを犠牲にすることなく、画期的なエフェクトの作成が可能になりました。