CUDAで開発
CUDAアプリケーション
紹介
ドキュメント
CUDAサポート製品
CUDAを入手
CUDAメールに登録
 

NVIDIAのCUDAアーキテクチャGPUにおけるFortranサポート

Fortranは、優れたコンピュータ開発者によって用いられている主要なプログラム言語です。計算流体力学(気候および海洋モデリングなど)、有限要素分析、分子力学、量子化学といった数多くの応用分野で選択されている言語なのです。

多くの人気のあるHPCパッケージは、もともとFortranで開発され、その後改良されつづけています。Fortranのコンパイラによって、開発者は、新たなパフォーマンスと構成的な機能を利用するためにネイティブ言語(Fortran)をリコンパイルすることができます。

NVIDIAは、The Portland Group (PGI)と協力し、NVIDIAのCUDA対応GPUでFortran言語のサポートを提供するCUDA Fortran Compiler を開発しました。データ並列性に関する問題を抱えるFortran開発者は、大規模並列計算能力を利用するためにこのコンパイラを使用でき、科学的コンピューティングのための高いパフォーマンスを創出します。

CUDA対応CPUのためのFortran言語サポートの仕様は、2009年6月にドイツのドレスデンで行われた国際スーパーコンピューティング会議において、開発者の方々へと公開される予定です。CUDA Fortranコンパイラは、2009年11月にPGIのFortranコンパイラに付加されることになっています。

NVIDIAは、GPU上での並列コンピューティングを利用する、数多く範囲の広いアプリケーションを向上させる言語の幅広い選択として、標準を大切にし、サポートしてきた長い歴史を持っています。C、JavaおよびPython言語をサポートし、OpenCL および DirectCompute のAPI、そして今ではFortranをサポートすることで、GPUコンピューティングのパフォーマンス利点は、主流の開発者たちが手に入れられるものとなりました。NVIDIAは、GPUのためのこのような開発に幅を与える、唯一のプロセッサ企業なのです。

新たなリリースなどにいち早くアクセスするには、NVIDIAのGPUコンピューティング登録開発者プログラムをご覧ください。

Fortran 関連リンク:

  1. PGI CUDA Fortran コンパイラ
  2. NOAAによるCUDAトランスレータのためのFortranからC
  3. CUDA CのためのFortranラッパを使用する際のアプリケーションに関する注意点
  4. FLAGON: GPU値計算法のためのFortran 95ライブラリ

OpenCLはApple Inc.の商標であり、Khronos Group Inc.へのライセンスに基づいて使用されています。