Biohazard 6

BIOHAZARD 6

タイトル: バイオハザード6
開発: カプコン
パブリッシャー: カプコン
ジャンル: サバイバルホラー
プレイ人数: 1人~4人(オフライン時:1~2人/オンライン時:2~4人)
発売日: 2013年3月22日
公式ウェブサイト


  
解説
スクリーンショット
動作環境
推奨PC

シリーズ累計販売本数5,600万本(※2012年12月末時点)の、サバイバルホラーゲームの最新作。ラクーンシティでの事件から十数年後となる2013年を舞台に、世界規模で発生するバイオテロとの闘いが、いま幕を開ける。かつてない壮大なスケール、緻密に練りこまれたストーリー、【恐怖】【興奮】【感動】全てが詰め込まれた臨場感あるゲーム体験。

ストーリーは、世界規模のバイオテロを、7人の主人公と4つの物語で描く群像劇。
大統領暗殺の容疑をかけられるエージェント、レオン・S・ケネディ編では、シリーズで受け継がれてきた、その先になにが待ちかまえているかわからない、角を曲がる恐怖、ドアを開けようとする時のあの"言い知れぬ不安" そして"恐れ"を味わうことができる。また、記憶を失った、対バイオテロ部隊BSAAの隊長クリス・レッドフィールド編では、“仲間を1人、また1人と失う恐怖”を味わうことができる。そして、過去にバイオテロを引き起こし、世界を滅亡させようとした男、“アルバート・ウェスカー”の血を受け継ぐ男、ジェイク・ミューラー編では、“強大な敵に追われる恐怖”を、身をもって体感できる。最後に、謎をまとう女スパイ、エイダ・ウォン編では、“1人で進める恐怖”を味わうことができ、ストーリーごとに異なる4つのテイストの恐怖を味わうことができる。また、その独立した物語は絡み合い、次第に全貌が見えてくる、緻密なストーリーが展開していく。
過去作品のキャラクターも多数登場、シリーズ作品を遊んでいればより楽しめるのは勿論だが、『バイオハザード6』独自のストーリーになっているので、初めてシリーズに触れる方でも、しっかり楽しむことが可能。

より恐しく、よりリアルに、そして、よりドラマチックに。怖いだけではない、最高のホラーエンタテインメントをお楽しみください。