ゲームとアプリケーション
 
The Elder Scrolls V: Skyrim

タイトル:The Elder Scrolls V: Skyrim
開発: Bethesda Game Studios
パブリッシャー: Bethesda Softworks
ジャンル: RPG
発売日: 2011年11月
公式ウェブサイト


Skyrim GPU Analyzer

Skyrim tweaks guides
  
解説
スクリーンショット

2006年度のThe Elder Scrolls IV: Oblivionの待望の続編が遂に登場しました。The Elder Scrolls V: Skyrimの目玉は、さらに素晴らしくなったグラフィックス、全く新しいストーリー、洗練されたゲームプレイ、何ヶ月間もゲームプレイヤーを楽しませ続ける何百時間ものロールプレイングのおもしろさです。

Bethesda Softworksが5年前に発売したThe Elder Scrolls IV: Oblivionは、何百時間ものゲームプレイを含み、プレイヤーが作製した何千もの追加機能を付け加える事ができるために、これまでに発売されたRPGのなかでも有数の人気を誇るRPGとなったオープンワールド・ロールプレイングゲームです。その続編であるThe Elder Scrolls V: Skyrimは、2011年11月11日に発売されました。

設定はOblivionの事件から200年後で、作品の名前に由来するSkyrimの地は、世界の終末をもたらす魔法の脅威に直面するとともに、内乱も勃発しており、その時代を救うのはプレイヤーが作ったヒーロー又はヒロイン次第です。ただしそれはメインストーリーを進むばあいの話ですが…。Bethesdaは、今一度、プレイヤーが好きなだけ寄り道の冒険に参加することもできるし、あるいは、冒険は全くせずに、土地をさまよい、ロールプレイングをしたり、災難を招いたりする(これが全てのElder Scrollsゲームの中心主題です。)こともできるようにしました。この自由な放浪という考え方どおり、プレイヤーは、魔法使い、戦士、泥棒および射撃の名手のうちの1つまたはこれらの組み合わせとなることができます。呪文、特別な能力、防具、武器を組み合わせれば、可能性は無限です。

技術的には、Skyrimは、Oblivion、Fallout 3およびFallout: New Vegasに用いられた旧Gamebryoエンジンを基礎とする新しいゲームエンジン(Creation Engjineと命名されました)を用いて作られました。Creation Engineに切り替えたことにより、Bethesdaは、グラフィックスの迫真性、遠景描画および物体の詳細度を増加させるとともに、ゲーム内の全ての物体に作用させることができる新しい躍動的な照明と影付けを行うことができました。この新しいエンジンのおかげで、開発チームはより多くのゲーム内イベントと台詞付きの一連のシーンを開発することができ、壮大な空想感覚を増大させるのに役立ちました。さらに、キャラクターのアニメーションが改善され、Oblivionに対する代表的な批判に取り組んでいます。

新しいエンジンに切り替えたことで、Bethesda大幅な最適化することが可能となり、推奨されるシステム条件は数年前のシステムを使用している方にも手の届く条件のままである同時に、最近のより強力なシステムをお持ちの方の場合、Skyrimのゲーム内オプションはウルトラに設定することが可能ですので、お持ちの新しい装備が無駄になることはありません。

必要な最小システム要件

  • Windows 7/Vista/XP PC (32または64ビット)
  • プロセッサ:デュアルコア2.0GHzまたは同等のプロセッサ
  • 2GBシステムRAM
  • 6GBフリーHDDスペース
  • 512 MBのRAMが付いたDirect X 9.0c準拠ビデオカード
  • DirectXと互換性のあるサウンドカード
  • Steamアクチベーションのためのインターネットアクセス
推奨されるシステム要件
  • Windows 7/Vista/XP PC (32または64ビット)
  • プロセッサ:クアッドコアIntelまたはAMD CPU
  • 4GBシステムRAM
  • 6GBフリーHDDスペース
  • 1GB のRAM を搭載した(NVIDIA GeForce GTX 260またはそれ以上(すなわち、GTX550Ti)) DirectX 9.0cと互換性のあるNVIDIAビデオカード
  • DirectXと互換性のあるサウンドカード
  • Steamアクチベーションのためのインターネットアクセス