アドバンストレンダリング

GPU レイトレーシングのパートナー

NVIDIA GPU の素晴らしい並列処理能力は、 レイトレーシングに生来的に備わっている並列性と完全に適合しています。この相乗効果により、様々な技術を使用して多くの市場でレンダリングの速度を著しく増加することができます。

NVIDIA は GPU コンピューティングの開発でレンダリング企業を支援して、将来の GPU アーキテクチャ、言語、ツールを設計する際に、それらの企業のニーズを考慮に入れています。以下のリストでは、現在このコンピューティングパワーを活用して、ソリューションを著しく加速化し、新しい双方向性の可能性を定義する多くの企業について記載しています。

 
 

Chaos Group V-Ray RT

 

Chaos Group V-Ray RT

 

V-Ray RT GPU レンダリング モードでは、CPU ではなくシステムにインストールされた利用可能な GPU で、レイトレーシングを加速することができます。このモードでは NVIDIA® Quadro® VCA または DGX-1 で大き 加速化することができます。

 

映画製作者のケビン マーゴが VCA を使用して、新作品 Construct, を 4K ステレオ、60fps でレンダリングする方法をご覧ください。 ケビンは、マルチコア CPU で 9.5 時間かかったフレームが、Chaos V-Ray RTで作動する 1 つの VCA ではわずか 14 分しかかからなかったと述べています。

 

V-Ray RT について詳細をご覧ください。 >

Chaos Group V-Ray RT

 

Octane

 

Octane

 

Otoy の Octane Render は、双方向性の GPU ベースの、非バイアス型の物理ベース レンダラであり、フォトリアリスティックな結果を素早く生成します。これにより、ユーザは従来の CPUベースのレンダラと比べてほんのわずかな時間で、驚くような素晴らしい作品を製作することができます。Refractive Software、 Octane レンダラの開発者は、初めてフォトリアリスティックでスペクトルベースのレンダリング エンジンをリリースしました。これはレンダリングの革命に大いに寄与しています。

 

Octane Render の詳細をご覧ください。 >

Octane

 

Arion

 

Arion

 

Arion は Fry Frender の次世代光シミュレーション製品であり、 NVIDIA CUDA を使用してシングル GPU またはマルチ GPU システムでレンダリングを加速化します。Arion は RandomControl によって開発された物理ベースの光シミュレータです。これは、システムですべての GPU と CPUS を同時に使用することができる、高性能の映像プロダクション用レンダラをして働きます。

 

Arion の詳細をご覧ください。>

Arion

 

FurryBall

 

FurryBall RT

 

FurryBall は、、進化した独自のレンダリング技術で映像プロダクション品質を備えたリアルタイムの 最終フレーム用 GPU レンダラです。Maya および 3ds Max に直接実装が可能であり、ネットワーク レンダリングとマルチ - GPU がサポートされています。 FurryBall 4 には NVIDIA OptiX™ の物理ベースの完全なグローバル イルミネーションが搭載され、バイアス技術をサポートしています。GPU レンダリングの速度と、CPU レンダリングの品質と機能を兼ね備えていることにより、多くのスタジオでの実際の映画製作やゲーム制作で成果を証明済みです。

 

FurryBall の詳細をご覧ください。 >

FurryBall

 

Redshift

 

Redshift

 

Redshift は世界初の完全に GPU で加速化された、バイアス レンダラです。いくつかのバイアス グローバル イルミネーション技術をサポートしています。この中には Brute Force GI、 Photon マッピング (コースティクス搭載)、 Irradiance Cache (Irradiance Map および Final Gather と同様)、 Irradiance Point Cloud (Importonsと同様)、ライト キャッシュが含まれています。

 

Redshift の詳細をご覧ください。 >

Redshift

 

Moskito

 

Moskito

 

Cebas の次世代、映画クオリティのレンダリング moskitoRender™ は、3ds Max 用の 初めてのフル機能を備えた GPU レンダラです。Autodesk Material Library の1300 全てのマテリアル、そして標準の 3ds Max マテリアルをサポートします。制限のない高度に最適化したアプローチにより、アーチストが想像力と自由を自由に開放することができます。

 

moskito の詳細をご覧ください。>

Moskito

 

Cycles

 

Cycles

 

現在 Blender では、Cycles というパワフルで新しい非バイアス レンダリング エンジンを搭載しており、素晴らしい非常にリアリスティックなレンダリングを行っています。内蔵エンジンでは Hybrid、 GPU 、 CPU レンダリング、リアルタイムのビューポート プレビュー、HDR 照明などをサポートし、外部のソフトウェアとリンクする許容的ライセンスを提供しています。

 

Blender の詳細をご覧ください。>

Cycles

 

Indigo

 

Indigo

 

Indigo レンダラ は、非バイアス型の物理ベースのフォトリアリスティック レンダラであり、光の物理法則をシミュレートして、ほぼ完璧な画像のリアリズムを達成します。Indigo は NVIDIA CUDA および OpenCL により、産業界全体での GPU 加速化をサポートしています。

 

Indigo の詳細をご覧ください。>

Indigo

 

Thea Presto Render

 

Thea Presto Render

 

Solid Iris テクノロジにより開発された Thea レンダーは、 バイアスおよび非バイアス レンダリング エンジン モードを兼ね備えています。Presto GPU は NVIDIA CUDA テクノロジをベースとした製品なので、操作するには互換性を持つグラフィックス カードが必要です。またマルチ GPU (Darkroom およびインタラクティブ レンダリングで) とネットワーク上で CO‐OP レンダリングもサポートしています。

 

Thea Presto の詳細をご覧ください。>

Thea Presto Render