テクノロジ

G-Sync
divider

NVIDIA G-SYNC の動作方法は?

画期的な NVIDIA® G-SYNC™ ディスプレイテクノロジを使用すれば、ゲームの見え方が変わります。

ディスプレイのリフレッシュレートを GPU に同期させることによって、G-SYNC は画面テアリングを除去し、スタッターや入力遅延を最小限に抑えながら、可能な限り最もスムーズで、最も鮮明で、最も画期的なゲーム体験を可能にします。

ゲームの各フレームの重要性が増してくると、NVIDIA G-SYNC にしか実現できない驚異的な視覚特性が欲しくなるでしょう。シーンは瞬時に表示されます。オブジェクトはより鮮明に生き生きと見えます。ゲームプレイは滑らかで反応が良くなり、より速いリアクションタイムと競争力をもたらします。すべてのゲームの外観、動作、感覚が本来あるべきレベルになります。

 

問題点: 旧型モニターのテクノロジ

テレビが開発された当初は、蛍光管の表面全体を電子ビームで走査して動作するブラウン管(CRT)に依存していました。このビームは管の画素を光らせるもので、十分な画素が十分な速度で作動すると、ブラウン管は動画像を映しだすように見えるのです。驚かれるかもしれませんが、これらの初期のテレビ は、主として米国の電力網が 60Hz のAC 電力であったために、リフレッシュレートは60Hzありました。テレビのリフレッシュレートを電力網に適合させることで、さらに容易に電子機器を構成できるようになり、画面上に現れる電力干渉を低減できたのです。

1980 年代初頭に PC が市場に登場したときにはすでにブラウン管テレビのテクノロジが確立されており、これがコンピュータ専用のモニターを製造するための最も簡単でコスト効率の良いテクノロジでした。標準が 60Hz 固定のリフレッシュレートとなった完璧とは言えない状況の中で、システム構築者たちはそれを最大限活用する術を学びました。過去 30 年の間に、ディスプレイテクノロジはブラウン管から LCD、そして LED に進化しましたが、特に異議を唱える大企業が現れないまま、GPU をディスプレイのリフレッシュレートに同期する方法が今でも業界全体の慣例になっています。

問題は、GPU は固定速度でレンダリングしないということです。事実、GPU のフレームレートは GPU が検出した瞬間的負荷に基づくため、同じゲームの 1 シーンの中でも大きく変化します。では、固定リフレッシュレートで、どのように GPU 画像を画面に映し出せばよいのでしょうか?第一の方法は、単純にディスプレイのリフレッシュレートを全く無視して、サイクルの途中でディスプレイに対してスキャン中の画像を更新することです。これがいわゆる「VSync オフモード」で、ほとんどのゲーマーがプレイするデフォルトの方法です。この欠点は、1 回のリフレッシュサイクルで 2 つの画像を表示すると、途中で「テアライン」がはっきり見えることです。これが一般的に画面テアリングと呼ばれている現象です。画面テアリングに対する確実な解決方法は、VSync をオンにして、GPU の画面更新をディスプレイの新しいリフレッシュサイクルの始まりまで遅らせることです。こうすると、GPU フレームレートがディスプレイのリフレッシュレートを下回ったときに必ずスタッターが発生します。また、レイテンシが増加して入力遅延も発生します。入力遅延とは、ボタンが押されてから結果が画面に反映されるまでの視認可能な遅延のことです。

さらに困ったことに、VSync スタッタリングが長く続くと多くのプレーヤーが目の疲れを訴えたり、頭痛や偏頭痛がひどくなったりします。このような状況が効率的な高い評価を得たソリューションである Adaptive VSync を開発する推進力になりました。この開発にも関わらず、VSync の入力遅延問題は今日まで解決されていません。この問題は、多くの熱狂的ゲーマーにとって受け入れがたいものであり、命取りになるアクションとリアクション間の遅延を最小限に抑えるようにゲーム機をカスタマイズしている eSports プロゲーマーにとっても絶対許せないことです。

 

ソリューション: NVIDIA G-SYNC

画面テアリングを除去し、入力遅延やスタッターを最小限に抑える NVIDIA G-SYNC をお試しください。G-SYNC は、GPU をディスプレイに同期させるのではなく、ディスプレイを GPU の出力に同期させることによってこの革新的技術を実現しています。そのため、ゲームの定義が変わるようなティアのないより高速でスムーズな体験が得られます。

業界の著名人であるジョン・カーマック(John Carmack)、ティム・スウィーニー( Tim Sweeney)、ヨハン・アンダーソン( Johan Andersson)、マーク・レイン( Mark Rein)は、NVIDIA G-SYNCのゲームをより増強するこのテクノロジに圧倒されました。プロの eスポーツ のプレイヤーおよびプロのゲームリーグは、こぞってNVIDIA G-SYNCを活用しようとしています。画面上のアクションとキーボードの入力間の知覚できない遅延さえもが試される鋭い反射神経が要求されるようになってくるため、プレイヤーの本来のスキルが顕わになるのです。社内では、ランチタイムのLANマッチの時間に、こっそりとG-SYNC モニターを使用して優位に立ち続ける根っからのゲーマーも居たほどです。 また、社内の熱狂的なゲーマーたちは、勝つために密かに G-SYNC モニターとラップトップを使用して、ランチタイム LAN マッチを制しています。

eSports プロのように、可能な限り最も鮮明でスムーズで反応の速いゲーム体験がお望みなら、NVIDIA G-SYNC モニターとラップトップは、ほかのどこにもないようなゲームチェンジャーになります。反復の時代における真のイノベーションである NVIDIA G-SYNC があなたのゲームに対する見方を再定義します。