Tesla

GPUアプリケーション

イメージングとコンピュータビジョン

コンピュータビジョンと画像処理アルゴリズムは、膨大な計算を必要とします。CUDAアクセレーションを用いれば、アプリケーションはインタラクティブな映像フレームレート性能を実現できます。以下のイメージングとビジョン分野の業績、および開発者のためのリソースをご覧ください。

GPU Technology Conference

GTC 2013 コンピュータビジョンのコンテンツが現在入手できます

GTC 2013が提供した素晴らしいコンピュータビジョンの コンテンツを全て体験しましょう。
セッションをご覧ください。 >
イメージングとビジョンについてCUDAを用いている技術レポート
> 生物学的に感動するコンピュータビジョン

セグメンテーション

> "CUDAカット: GPUにおける高速グラフカット"

マシンラーニング&データ処理

> ハードウェア効率の高い信念伝播
> GPUを用いた高速かつ直近の近隣検索
   


関連する垂直分野におけるCUDAアクセレーション
> C、C++、FORTRAN言語向けのArrayfire GPU演算ライブラリ
> MATLAB®
> CUDA対応GPUによる医療画像
 
 
CUDA GPU上の画像とビジョン向けのコアソフトウェアカーネル
> CUDAによるレベルセットセグメンテーション
> CUDAによる映像セグメンテーション
> CUDAにおけるマルチクラスSVM実装
> 歩行者検出

SIFT (スケールが不変の特徴変換)

> マーテン・ブジョークマンの遂行
> GPUの転換

オプティカルフロー

> Flowlib: 密度の濃いオプティカルフロー
> Baysian オプティカルフロー

ライブラリとコレクション

> GPU4Vision
> OpenVIDIA: 以下を含む、CUDA上のポピュラーなコンピュータビジョンアルゴリズム
> MinGPU: コンピュータビジョンのための最小限度のGPUライブラリ
> NVPP: NVIDIAパフォーマンス・プリミティブ(初期アクセス: 画像と映像処理を中心に)
その他
> Tesla/CUDAサクセスストーリー
> その他のTesla垂直的ソリューション
> CUDAソフトウェア開発ツール&ライブラリ
> Buy Tesla
 
 

MATLAB is a registered trademark of The MathWorks, Inc.
ArrayFireは、AccelerEyesの商標です。