NVIDIA、Snow LeopardでOpenCLをフル・サポート

 
 
Apple採用のNVIDIA CUDA対応GPU、全モデルを 新しいオペレーティングシステムがサポート

2009年9 月3日 - カリフォルニア州サンタクララ - NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は、Appleの新しいSnow LeopardがOS(オペレーティングシステム)として初めてOpenCLとの統合を実現したと発表しました。OpenCLはクロスプラットフォームのオープンスタンダードで、これを活用すれば、今までGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)に閉じこめられていたギガフロップスのコンピューティング・パワーをあらゆるアプリケーションで利用できるようになります。

NVIDIA® CUDA™アーキテクチャにおけるOpenCLでは、GPUをコプロセッサとしてCPUと組み合わせて使うことができます。CUDAアーキテクチャはNVIDIAのあらゆるブランドとセグメントでサポートされているため、Appleユーザは、Snow Leopardが公式サポートしているGPU、10種類を自由に選ぶことが可能です。サポートされているGPUは、NVIDIA® GeForce® 9400M、GeForce 9600M GT、GeForce 8600M GT、GeForce GT 120、GeForce GT 130、GeForce GTX 285、GeForce 8800 GT、GeForce 8800 GS、NVIDIA® Quadro® FX 4800、Quadro FX 5600です。

NVIDIAのCUDA担当ゼネラルマネージャー、サンフォード・ラッセル(Sanford Russell)は次のように述べています。「NVIDIAはOpenCLワーキング・グループの議長を務めており、現在、Snow Leopard、Windows、そしてLinuxなど、数千人もの開発者にOpenCLドライバを配布している唯一の企業でもあります。今回、Snow Leopardの出荷がはじまり、AppleユーザがGPUコンピューティングを利用できる状態となったことをNVIDIAとして大変嬉しく思っています。」

NVIDIAでは、OpenCLについて、詳しいプログラミング・ガイド、チューニングのノウハウなどのBest Practicesガイド、SDKコード・サンプルなど、さまざまな参考資料とツールを用意しています。パフォーマンスの最適化に便利なVisual Profilerも近日中にリリースします。Appleと協力してSnow LeopardとOpenCLの統合をサポートしたほか、Windows用とLinux用にもOpenCL対応ドライバをリリースしています。

OpenCLに関する詳しい情報はhttp://www.nvidia.co.jp/object/cuda_opencl_jp.htmlをご覧ください。AppleのSnow Leopard OSについては、www.apple.com/macosxをご覧ください。

NVIDIAについて

NVIDIAは、ワークステーション、PC、ゲーム機およびモバイル機器において、驚異的かつインタラクティブなグラフィックなグラフィックスを作り出すハイパフォーマンス・プロセッサ(GPU)を開発した、ビジュアル・コンピューティングテクノロジの世界的リーダー企業です。エンタテイメントや一般消費者マーケット向けにはGeForce®製品、プロフェッショナルデザインやビジュアリゼーション・マーケット向けにはQuadro®製品、そしてハイパフォーマンス・コンピューティング・マーケット向けにはTesla™製品を提供しています。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、アジア、ヨーロッパ、アメリカのあらゆる地域にオフィスを設けています。より詳しい情報については、www.nvidia.comあるいは日本語サイトhttp://www.nvidia.co.jpをご覧ください。

本参考情報に記載されている記述の中には、NVIDIA Tesla GPUおよびCUDAアーキテクチャに関する利点、特徴、影響および性能など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクと不確実性に関してはこれらに限らず、より効率かつ迅速な技術開発、デザイン、製造、あるいはソフトウェアの欠陥、技術開発および競合による影響、ユーザの嗜好および需要の変化、競合製品のユーザの採用、業界標準およびインターフェースの変更、システムを統合する際の当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスの損失などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-Kの2009年4月26日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基くものであり、NDIVIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

 

本案件に関するお問合せ先: 

エヌビディア
マーケティング本部 広報/マーケティング・コミュニケーションズ
中村
Emailアドレス: knakamura@nvidia.com
Tel: 03-6743-8712 Fax: 03-6743-8799

エヌビディア広報事務局
共同PR株式会社  武内 / 渡部
Emailアドレス:n-takeuchi@kyodo-pr.co.jp / hi-watanabe@kyodo-pr.co.jp
Tel: 03-3571-5326 Fax: 03-3574-0316




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。