アドバンストレンダリング

NVIDIA マテリアル定義言語

NVIDIA MATERIAL DEFINITION LANGUAGE

NVIDIA マテリアル定義言語 (MDL) では、物理ベースのマテリアルや光源を、サポートするアプリケーション間で自由に共有できます。たとえば、MDL マテリアルを NVIDIA Iray® for Rhino のようなアプリケーションで作成してライブラリに保存しておき、NVIDIA Iray for Maya 、NVIDIA mental ray® などの MDL をサポートするアプリケーションで使用することができます。MDL マテリアルのライブラリを一度構築しておけば、ワークフロー内のどのアプリケーションに移動しても、確実に同じ外観を維持することができます。時間と労力の大幅な削減を、簡単に実現できるのです。

特定のレンダラ向けのプログラムを生成するシェーディング言語とは異なり、MDL は光の挙動の定義を高いレベルで行います。OpenGL ベースのアプリケーションや、Iray、Chaos Group の V-Ray などの物理ベースレンダラなど、レンダラやツールが異なっても、光の挙動を解釈し、最大限に高品質の画像を出力することができます。

NVIDIA Essentials Material Library には、現実世界のマテリアル一式を使ってすぐにデザイン作業を始めることのできる、すべての Iray プラグインが含まれています。マテリアルをそのまま使用することも、編集してレイヤー処理し、アプリケーションに必要な外観を作り出すこともできます。編集したマテリアルをエクスポートし、サポートする他のアプリケーションに移動することも、ほんの数クリックで簡単にできます。

NVIDIA vMaterial Libraries のマテリアル、または X-Rite や Radiant スキャナなどで取り込んだマテリアルを使用した、着実なデザインワークフローが可能になります。実際のマテリアルの製造業者の協力を得て、NVIDIA vMaterial Libraries の正確さは検証済みとなっています。デザインに反映すれば実物のマテリアルと同様に表示されるので、安心して利用できます。

 
 
 
 

NVIDIA MDL により、マテリアルや光源を、複数のアプリケーション間で共有することができます。

PHOTOREAL Photoreal
INTERACTIVE Interactive
REALTIME Realtime
 
 

このカスタム布地マテリアルのカスタム定義でご覧になれるように、MDL で定義される複合マテリアルは、Iray やバージョン 3.13 の NVIDIA mental ray® レンダラなどのレンダラ間で共有が可能です。

 
Cloth material rendered and illuminated with MDL support.
IRAY 2015 Woman rendered with Iray 2015.
mental ray 3.13 Woman rendered with mental ray v3.13.
 
 

マテリアル定義は、プログラミングや編集する必要がなく、豊富なマテリアルの連続体を達成するために簡単にレイヤーできる、物理ベースのエレメントと機能によって構築されています。X-Rite や Radiantなどの主流の計測器からの出力作品もエレメントとして使用することが可能であり、レイヤーや機能とカスタマイズして使用範囲をさらに拡大することができます。

Diffuse Reflection
Diffuse Reflection
Diffuse Transmission
Diffuse Transmission
Simple Glossy
Simple Glossy
 
Backscattering Glossy
Backscattering Glossy
Specular Reflection
Specular Reflection
Reflect & Transmit
Reflect & Transmit
 
 
 

シームレスなマテリアル交換

MDL マテリアルや光源は、MDL 互換アプリケーション間で簡単に移動できますが、適切に移動できるようにするためには MDL マテリアル交換パッケージまたは NVIDIA vMaterials ライブラリをインストールする必要があります。マテリアル交換の方法とヒントについては、NVIDIA Advanced Rendering フォーラムのマテリアル関連のセクションをご覧ください。

  • MDL マテリアル交換機能のダウンロード: Windows | Linux | Mac
 

MDL とマテリアル交換をサポートするアプリケーションおよびプラグイン

 

NVIDIA IRAY プラグイン

3DS Max  Cinema 4D  AUTODESK MAYA  RHINOCEROS

 

スタンドアロンソリューション

Daz 3D  Substance Designer  NVIDIA Mental Ray

 
 

開発者用リソース

NVIDIA Material Definition Language 1.3 Specification Download.

開発者のセクション で、お使いのレンダラーでのマテリアル定義言語のサポートに関する情報や、MDLをサポートするお好みのレンダラーで使用するカスタム定義と機能を作成するための情報をご覧ください。IrayなどGPUで加速化したレンダラーに関しては、カスタム定義、機能、測定がGPUで専ら行われ、GPU のプログラミングの知識がなくても高パフォーマンスの効果が実現します。

¹ MDL をサポートするバージョンについての詳細は、Chaos Group にお問い合わせください。