NVIDIA、ZF、Baidu が中国市場に向けた AI 自動運転車用コンピューターを業界で初めて発表

 
 

NVIDIA DRIVE Xavier、ZF ProAI、そして Baidu Apollo Pilot を活用したコラボレーション

米国ラスベガス — CES — (2018 年 1 月 7 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) 、ZF、Baidu は、中国向けに設計された量産対応の AI 自動運転車プラットフォームを開発中であることを発表しました。

CES 2018 の開幕前に開催されたプレス カンファレンスで、NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、このコラボレーションが新しい NVIDIA DRIVE Xavier、ZF の新しい ProAI 車載コンピューター、大量生産を目的とした自動運転製品である Baidu の Apollo Pilot に基づいていることを明かしました。

フアンは次のように述べています。「NVIDIA と Baidu は、過去数年にわたり、ディープラーニングと AI の大幅な進歩において、共に先駆的な役割を果たしてきました。そして今、ZF と共に、私たちは中国向けに業界初の AI 自動運転車コンピューティング プラットフォームを開発しました。」

中国は、世界の乗用車市場の 30% を占めています。3 社は、この膨大な機会を捉えるため、各社固有のテクノロジを互いに連携させました。

今四半期に提供される NVIDIA DRIVE Xavier は、この機能的に安全なシステムの中核をなす自律型マシン用プロセッサです。世界で最も複雑で高度な SoC (System-on-a-chip) であるこのプロセッサは、わずか 30 ワットの消費電力で 30 TOPS (毎秒 1 兆演算) のディープラーニング演算を実行できます。極端に高い効率性に加え、Xavier によって、多くの異なるタイプのセンサーに対する豊富かつ多様な入出力接続が可能になります。

世界上位の自動車サプライヤーの 1 社としてドイツに本社を構える ZF は、車載コンピューターとセンサーのシステム統合に関する専門知識を提供します。ZF の新しい Xavier ベースの ProAI は、複数のカメラ、ライダー、レーダーからの入力を処理し、自動車の周囲の 360 度ビューを描画し、高解像度マップ上に自動車を配置して、交通状況の中で安全な経路を見つけます。

ZF Friedrichshafen AG の先進エンジニアリング担当上級副社長であるトルステン ゴリュースキー (Torsten Gollewski) 氏は、次のように述べています。「拡張可能なモジュール式のアプローチを取っているため、当社は、NVIDIA DRIVE Xavier に基づいて新しい ProAI をアップグレードし、Baidu Apollo Pilot と統合することができます。当社の第 2 世代の ZF ProAI は、それに応じてカスタマイズでき、実装用に利用可能である Xavier に合わせて拡張できます。」

Baidu の Apollo オープン自動運転プラットフォームは、自動運転車のすべての主要な機能をサポートする包括的かつセキュアで、信頼性の高いオールインワン ソリューションを提供します。Apollo Pilot は、大量生産を目的とした自動運転用製品であり、安全、経済的、かつ快適な自動運転エクスペリエンスを提供します。これは、Baidu のテクノロジと、中国人ユーザーの運転行動からの洞察に基づいて構築されました。

Baidu のインテリジェント運転グループ担当の副社長兼ゼネラル マネージャーであるツェニュー リ (Zhenyu Li) 氏は、次のように述べています。「NVIDIA の AI スーパーコンピューティング アーキテクチャは、センサーからの膨大なデータをリアルタイムで処理し、当社の高解像度デジタル マップ上で自動車を位置付けることができるため、当社の自動運転アプリケーションに最適です。当社は、自動運転車の大量生産を加速することを目的として、車載チップを開発するため NVIDIA と協力してきました。」

このソリューションは、中国の自動車メーカーだけでなく、中国で事業の展開を計画しているあらゆる自動車メーカー向けに作成されます。これは、スーパー レベル 2 の自動運転機能からレベル 5 の完全な自動運転まで拡張することができます。NVIDIA、ZF、Baidu の AI 自動運転テクノロジを利用した量産車は、2020 年から中国の道路を走る見込みです。

Baidu について
Baidu, Inc. は、中国語による主要なインターネット検索プロバイダーです。Baidu は、テクノロジを通じて複雑な世界をシンプルにすることを目標としています。Baidu の米国預託株式 (ADS) は、シンボル「BIDU」によりナスダック グローバル セレクト マーケットで取引されています。現在、10 ADS が 1 株のクラス A 普通株に相当します。

ZF Friedrichshafen AG について
ZF は、アクティブ セーフティ (積極的安全性) とパッシブ セーフティ (受動的安全性) のテクノロジに加えて、動力伝達系路とシャーシ テクノロジの世界的リーダーです。この企業は、世界中に約 13 万 7,000 人の従業員を擁し、約 40 か国におよそ 230 か所の拠点を持っています。ZF は、自動車による視覚、思考、行動を実現しています。この企業はテクノロジによって、事故や排気ガスのないモビリティ環境を表す Vision Zero に向けて取り組んでいます。幅広い製品群を有する ZF は、自動車、トラック、産業テクノロジ部門で、モビリティとサービスを発展させています。ZF は、世界最大級の自動車サプライヤーの 1 社です。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、http://www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

____________________________________

本プレスリリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性には、NVIDIA、ZF、Baidu 間のコラボレーションの影響およびメリット、NVIDIA の Xavier、ZF の ProAPI および Baidu Apollo Pilot のメリット、機能およびパフォーマンス、ならびに AI 自動運転テクノロジを利用した量産車が利用されるようになると予想される日付が含まれます (ただし、これらに限定されません)。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10 の 2017 年 10 月 29 日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA のウェブサイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、NVIDIA DRIVE および Xavier は、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。