NVIDIA Software
 

超並列コンピューティングとビジュアルコンピューティング
NVIDIA® Parallel Nsight™をVisual Studioと併用することで、超並列コンピューティング用のGPUアプリケーションの開発はかつてないほど簡単なものとなります。Parallel Nsightは、標準装備された数々のGPUデバッグおよびプロファイリング機能を通じて、GPUコードを最も効率的にデバッグ、プロファイル、オプティマイズするための方法を提供します。さらに、Parallel Nsightは、マルチコアCPUの使用およびマルチGPU、マルチAPIのアクセラレーションを最大化するために、その分析トレースを用いて、アプリケーションの異機種環境での実行を可視化します。

Multiple Cores あなたが自分の研究を10倍速く解決したいと思っている科学者や高度な3dグラフィックの可視化および科学的プロセスのためにGPUを活用しているアプリケーション開発者またはDirectXの現状を打破しようとしているグラフィック開発者であれば、Parallel Nsightが、他のあらゆる開発環境より効率的にこれらの最終目標に到達させてくれます。



CUDAの開発
Icon Parallel Nsight

NVIDIA Parallel NsightによるGPUコンピューティング開発
NVIDIA Parallel Nsightソフトウェアは、世界で最も有名な開発環境であるMicrosoft Visual Studioに組み込まれた、超並列コンピューティングのための業界初の開発環境です。 Parallel Nsightは、プログラマーがMicrosoft Visual Studio内にGPUとCPUの両方を開発できるようにする強力なツールです。

Parallel Nsight 2.1の*新機能*
   - CUDA 4.1のサポート
   - 大規模にスレッド化されたアプリケーションのデバッグを改善する 新機能 CUDA Warp Watch viewおよびCUDA Infoページ
   - カーネルの性能をより詳しく分析するための高度なCUDA Profiler実験.
   - CUDA開発者が、全ての機能を備えたParallel Nsightを単一のシステム上で体験できるOptimusラップトップをサポート

NVIDIA OPTIMUS

CUDA DEBUGGER CUDAデバッガ
>  *新機能* CUDA Infoページは、 ユーザのアプリケー
    ション中に、CUDAの発売状況に関する詳しい情報を
    表示します。ユーザは、例外、アサート、ブレークポイント、
    MMUの不具合についての詳しい情報を検索・発見し、問
    題をデバッグするために、希望する特定のワープへ簡単
    に切り替えることができます。
>  *新機能* CUDA Warp Watchは、常駐スレッドを検索し、
    ワープ全体にわたってスレッドの状態を可視化するため
    のより効率的な方法を提供します。
>  *新機能* System Informationページは、システム情報
    をモニターへの接続とともに入手できるようにし、ドライ
    バーモデル、GPUアーキテクチャ、メモリなどのあらゆる
    CUDAデバイスに関して、さらに詳しい情報を提供します。
>  *新機能* CUDAアサーションに遭遇したときに、GP
    Uが停止する

>  CUDA C/C++およびDirectComputeカーネルをGPUハード
    ウェア上で直接デバッグします。
>  慣れ親しんだVisual Studio内のローカル、ウォッチ、メモリ
    およびブレークポイントウィンドウを用いて、同時に実行し
    ている何千ものスレッドを調べます。
>  Visual Studio内の標準的メモリウィンドウを用いて、GPUメ
    モリを直接表示します。
>  大規模なパラレルコード内のエラーを素早く特定し、訂正
    するために、条件付きブレークポイントを使用します。
>  CUDA C/C++ Memory Checkerを用いて、メモリアクセス
    違反を特定します。
 
Analyzer

CUDA PROFILER AND APPLICATION TRACE

CUDAプロファイラとアプリケーション・トレース
>  *新機能* CUDAプロファイリング実験によって、開発
    者は、以下の要因により引き起こされた性能上の問題を
    理解することが可能となります。:

  • スレッド発散動作またはコード分岐;
  • メモリ統計情報;
  • ストールの理由に関する統計情報;
  • 指示事項の効率性;
  • 達成されたフロップス


>  *新機能* ワークロードの追跡によって、依存関係を検
    索し、開発者が動作の原因となったGPUワークロード、
    対応するAPIコールおよびホストコードを追跡できるよう
    にするためにスタックを呼び出すことができるようになり
    ました。
>  *新機能* CUDA Traceに、メモリコピーとメモリセッ
    トの同時追跡のサポートが追加されました。
>  *新機能* System traceに、32ビット工程に発する64ビ
    ットプロセス
からのデータの捕捉に対するサポートが追
    加されました。.
>  *新機能* OpenCL 1.1API traceのサポート。
>  *新機能* NVTXおよびDirect3D Performance Marker
    レポートページが、レンジの間に生成された全ての
    CUDA、OpenCL、Direct3DおよびOpenGL APIコールな
    らびにAPIコールによって提供された全てのGPU作業に
    関する統計情報の表示をサポートしました。
>  *新機能* correlation paneが、報告表または時系列図中
    の選択したデータの検索を可能とします。
>  DirectComputeシェーダ・プロファイリング。
>  APIコール、カーネルの起動、メモリ転送および特注アプ
    リケーションの注釈など、CPUおよびGPUレベルのイベン
    トを捕捉します。
>  単一の相関時系列が捕捉された全てのイベントを表示し
    ます。
>  時系列調査ツールによって、ワークロードの依存関係を
    調べることができます。
>  特殊な報告画面を用いて、捕捉されたイベントにフィルタ
    ーをかけ、ソートします。
>  GPU性能カウンターを用いて、CUDAカーネルのプロファ
    イリングを行います。

グラフィック開発
Icon Parallel Nsight

NVIDIA Parallel NsightによるGPUグラフィック開発
NVIDIA Parallel Nsightソフトウェアは、世界で最も有名な開発環境であるMicrosoft Visual Studioに組み込んだ世界初のグラフィック開発環境です。これにより、標準装備されたGPUデバッギングとAPI デバッギングおよび高度な性能オプティマイゼーションを用いたDirectX 10とDirectX 11のグラフィック開発が可能になります。

Parallel Nsight 2.1の*新機能*
   - ダイナミック・シェーダ・エディティングにより、お持ちのアプリケーションを動かしながら、シェーダを編集し、再コンパイル
     することが可能となります。これは、レンダリング問題のデバッグおよび瞬時に最適化を試行するのに役立ちます。
   - Frame Timingsページによって、プロファイリングの高速化のため、各ドローコールに対して様々なタイミングを調べるため
     に、捕捉されたプレーム上で簡易なプロファイリングを実行することができます。

GRAPHICS INSPECTOR AND DEBUGGER グラフィックインスペクタとデバッガ
>  *新機能* アプリケーションの実行中にダイナミック・シェ
    ーダ・エディティング
>  *新機能* Shader Inspectorページが、HLSL変数名ととも
    に定数バッファを表示します
>  *新機能* Visual Studio外でグラフィックをデバッグするた
    めのNsight HUD
>  DirectXのレンダリングコールをリアルタイムで調査
>  り付けたテクスチャ、ジオメトリおよび演算バッファの可
    視化など、GPUパイプラインの状態を双方向性に調べ
    ます
>  Pixel Historyが、特定のピクセルに影響を及ぼす全ての
    演算を表示します
>  GPUハードウェア上に元から存在する全てのHLSLグラフ
    ィックスシェーダをデバッグします。
>  慣れ親しんだVisual Studio内のローカル、ウォッチ、メモリ
    およびブレークポイントウィンドウを用いて、並列的に
    実行しているシェーダを調べます。
>   アプリケーションによってロードされた全てのシェーダを
    ソースコードレベルで表示し、相互作用します。
>  条件付きブレークポイントを用いて、特定のプリミティ
    ブまたはピクセルに影響を与えるシェーダを特定します。
 
GRAPHICS PROFILER AND APPLICATION TRACE

GRAPHICS PROFILER AND APPLICATION TRACE
グラフィックスプロファイラ& アプリケーショントレース
>  *NEW* フレームタイミング ページが詳細なドローコ
    ールタイミング情報を表示.
>  *NEW* フレームプロファイラセ ッションの保存およ
    び復元により、プロファイル結果の共有を実現.
>  *NEW* システムトレースに 32ビットプロセス経由
    64ビットプロセス
からのデータキャプチャーサポ
    ートを追加.
>  *NEW* DirectXおよびOpenGLの作業負担、メモリ転
    送、コマンドバッファやAPIの呼び出しに戻る相関向
    けのトレースサポート.
>  Direct3D、OpenGL、Cg APIトレース.
>  フレームプロファイラがパフォーマンスの障害お
    よびGPUの利用を識別.
>  オフラインコラボレーションおよび分析のフレーム
    キャプチャを保存.