Quadro Digital Video Pipeline
 
 
NVIDIA Quadroデジタル映像パイプライン
Quadro DVP

NVIDIA® Quadro® Digital Video Pipelineは、標準的な2D映像から3D映像放送環境に至るまでの高解像度ビデオのリアルタイムな取込、処理、配信を可能にする放送業界で唯一のGPUアクセラレーションを用いたソリューションです。

超柔軟なプラットフォームとして設計されたQuadro Digital Video Pipelineが、3Dビデオ制作や配信への道をリードします。1台もしくは複数台のカメラ環境向けに開発され、立体3D制作作業へのフルサポートを備えたQuadro Digital Video Pipelineは、最大4台のHD SDIビデオの直接フィードを可能とし、GPUに直接ストリームします。また、たった1台のワークステーションで実現できる、強固に統合されたソリューションとして、マルチカメラ3Dシステムの費用効果を高めます。


3D 立体制作
デジタル放送 映画制作 
新たなメディア市場


3D 立体制作
Quadro Digital Video Pipelineは、3D立体制作作業の中心です。

    > 複数のカメラ環境から最大4つのビデオフィードをリアルタイムで直接GPUにキャプチャ
    > バーチャル3Dエフェクトや映像処理を直接GPU上に合成
    > 最終形をGPUから直接TVの生放送やインターネットを通したストリーミングで放送

3D Stereo Production

3D放送
3D放送
Quadro Digital Video Pipelineは、映像鑑賞に新たな局面を取り込む最先端のプラットフォームです。 3D立体制作の水準を作り、最新のSDKツールや統一ドライバを通じて配信することで、開発者はOpenCLまたはDirect3Dプログラミングインターフェースのどちらかを使い簡単にアプリケーションを統合できるようになります。同じドライバを利用し、マルチスレッド、様々なベンダーが提供するデバイスからのバッファビデオへのプログラミング、統一および統合ソリューションのキャプチャなどの複雑性を取り除きます。幅広い3Dステレオフォーマットに対応するQuadroソリューションを採用すると、映像のプロフェッショナル達は、ステレオ対応ディスプレイ上でコンテンツの確認ができるようになります。

Quadro Digital Video Pipeline ソリューション
Quadro SDI Capture  

Quadro SDI Captureカードは、マルチストリームの非圧縮映像をQuadro SLI対応GPUメモリに直接ストリーミングします。

> 最大4つのHD-SDIシングルリンクソースを同時にキャプチャ
> 75オームのBNCコネクタを通じて全SMPTE標準フォーマット (3G、2K、HD、SD)に対応
> ブラケット上のLEDインジケータが簡単なエラー検出機能を提供
> モニタアウトをオプショナルSDI出力カードの同期ソースとして利用可能
 
Quadro SDI Output  

Quadro SDI出力カードは、2Dおよび3D効果をリアルタイムに2K、HD、SD映像(3Gは現在対応外)に合成できる、統合型グラフィックス・トゥ・ビデオ・ソリューションを提供します。

> 外部ハウスシンクにゲンロックまたはQuadro SDICaptureカードに同期が可能
> 2K、HD、SD映像フォーマットの非圧縮8ビット、10ビット、12ビットSDI に対応
> SDI対応Quadroグラフィックスボードとの組み合わせが可能
 
Quadro  

究極のパフォーマンスと機能のためのQuadroSDI対応プロフェッショナル・グラフィックス・ソリューション

> 全てのCUDAをベースとしたアプリケーションに互換性のあるCUDA GPUアーキテクチャ
> 最大12 GBのグラフィックスメモリ
> デュアルおよびシングルスロットソリューション
> 互換性のあるソリューション:

Quadroソリューション Quadro 6000 QUADRO K5000 (NEW!) Quadro K4000 (NEW!)
グラフィックスメモリ 12 GB 4 GB 3 GB
CUDA並列プロセッサコア¹ 2880 1536 768
スロットの数 デュアルスロットl デュアルスロット シングルスロット

1 ストリーミング・マルチプロセッサのデザインに重要な構造上の差が幾つかあるために、GPU世代間でCUDAパラレル・プロセッシング・コアを比較することはできません。
2 NVIDIA Quadro SDI SDKは、プログラマビリティの簡便性、取込、処理、配信といった全Quadro Digital Video pipelineの制御を提供します。このフォームに詳細を書き込み、登録開発者になってSDKを入手しよう。

ソフトウェア開発

デジタル・ビデオ・パイプラインの解決策として開発したテクノロジーを構築することで、NVIDIAは最近新たなプロセスを開発しました。高速のスループットを実現するテクノロジーで、サード・パーティのSDI入力や出力カードに対応したものです。この新しい性能によりソフトウェア経由で、SDKを介してビデオI/Oカード製造メーカーが対応できるようになりました。GPUDirect for Videoと呼ぶこのテクノロジーは、GPUDirectラインアップにおいて、その他のソルーションと結びつくことで、さまざまなビデオ・アプリケーションのQuadro専門グラフィックス・カードが高速でアクセスできるようになります。もしサード・パーティのI/Oカード製造メーカーが、NVIDIAのGPUDirect for Videoテクノロジーを採用したい場合、登録デベロッパーとなり以下のフォームを完成させることで、SDKをアクセスできるようになります。