Quadro

QuadroのためのNVIDIA 3D Vision - Windows

 
 

NVIDIA® Quadro® プロフェッショナル・グラフィックボードは、多くのステレオディスプレイのソリューションおよびクァド・バッファ(Quad Buffered) OpenGLアプリケーションをサポートしており、これにはNVIDIA 3D Visionメガネやディスプレイが含まれます。QuadroグラフィックボードでのNVIDIA 3D Visionのサポートは、32および64ビットのWindows XP、Vista、およびWindows 7、Linuxで利用できます。

Linuxユーザ ここをクリック

サポートされるQUADROボード
オンボード上のステレオ接続でちらつきのない
プロフェッショナル向けのソリューション
USB経由のステレオサポートのため時折メガネの
ちらつきを感じる可能性がある
Quadro Plex 7000
Quadro 6000
Quadro 5000
Quadro 4000
Quadro Plex 2200 D2
Quadro FX 5800
Quadro FX 4800
Quadro FX 3800 – ステレオコネクタ付
Quadro FX 5600
Quadro FX 4700 X2
Quadro FX 4600
Quadro FX 3700
Quadro CX
Quadro 2000
Quadro FX 1800*
Quadro 600
Quadro FX 580*
Quadro FX 380
Quadro FX 380LP
Quadro FX 1700
Quadro FX 570
Quadro FX 370
Quadro FX 3800M
Quadro FX 3700M
Quadro FX 2800M
Quadro FX 2700M
Quadro FX 1800M
Quadro FX 1700M
Quadro FX 880M
Quadro FX 770M
Quadro FX 380M
Quadro FX 370M

* VBIOSのアップデートが求められる場合があります。メーカーにお問い合わせください。

サポートされるディスプレイの一覧はこちら

ステレオコネクタ付のQuadroボードについては、グラフィックボードと出力器を接続するための3D Visionキットに入っている1/8インチのステレオケーブルに3ピンのmini-dinをご使用ください。このケーブルは、正しい時間に切り替えが確実に行われるように、GPUからメガネまでを直に接続します。

注意:現在ヨーロッパおよびアジアで販売されている3D Visionメガネキットには、このケーブルは含まれません。ヨーロッパ向けには、Quadroチャネルを通して、PNYからアップグレードキットが提供されています(P/N: QSP-3DV-KIT)。詳しい情報については、Quadro販売店もしくはNVIDIAサポートにご連絡ください。

ドライバとダウンロード

R197.03(以降)のドライバのダウンロードとインストール

3D Visionメガネのための3D Vision USBドライバのダウンロードとインストール:

Windows XP(32/64ビット), Windows Vista(32/64ビット)およびWindows 7(32/64ビット)
ディスプレイ設定

NVIDIAコントロールパネルを開き、「Manage 3D Settings(3D設定)」タブのOpenGL stereo display method(OpenGLステレオディスプレイ手段)を有効にしてください。

3D Vision対応のLCD、プロジェクタ、またはCRTに接続されている場合:
  • ステレオコネクタ付のボードについては「(NVIDIA IR出力付の)オンボードDINコネクタ」を選択し、3D Visionメガネ・キットに同梱されている1/8インチのステレオケーブルを3ピンmini-dinにつないでください。
  • mini-dinがないボードについては、「(NVIDIA IR出力付の)ジェネリック・アクティブ・ステレオ」を選択してください。
注意: 120Hz LCDをご使用の場合、ディスプレイのリフレッシュレートが
110Hzまたは120Hzに設定されていることをご確認ください。

3D対応DLP TVに接続されている場合:
  • 「(NVIDIA IR出力付の)3D DLPディスプレイ」を有効にしてください。


Stereo対応エントリーに基づいてステレオをオンにします。