quadro_stereo_technology

NVIDIA Quadroクァド・バッファド・プロフェッショナル立体画像技術
地球物理学者からファッションデザイナーにいたるまで、専門家たちは、NVIDIA® Quadro®の専門的なグラフィックによるクァド・バッファド・立体グラフィック体験の完全サポートを受け、従来の3D立体技術を超えられます。3D立体グラス(眼鏡)、3D対応ディスプレイ、およびサポートされるQuadroグラフィックソリューションを組み合わせることで、Open GLクァド・バッファド・ステレオを利用するどのような専門的アプリケーションも、没入的な3D体験へと容易に変えることができるのです。

クァド・バッファド・ステレオは、従来の2バッファ(前面・背面)ではなく、4つのバッファ(前面左、前面右、背面左、背面右)を用いて、わずかに異なった個々の視点を提供します。さらに、クァド・バッファド・ステレオは、フルスクリーンモードまたはマルチウィンドウのどちらででも、ユーザーがディスプレイで立体画像をスムーズに見られるようにします。この技術は、専門家が求める最高のビジュアル3D立体品質を提供しており、レビューや設計の反復において、より高い生産性を可能にします。

クァド・バッファド・マルチウィンドウ・ステレオ

Quad_Buffered_Multi-Window_Stereo.jpg


Quadroクァド・バッファド・プロフェッショナル・ステレオを使用可能にするにはどうしたらいいのですか?
クァド・バッファ・ステレオ(Quad buffered stereo)は、クァド・バッファ・ステレオ用アプリケーションと3D立体像メガネ/ディスプレイ、そしてNVIDIA® Quadro® FXのハイエンドおよびウルトラハイエンドのソリューションによって可能になります。NVIDIA 3D Visionなどのメガネやディスプレイの詳細については、こちらをクリックしてください。

クァド・バッファド・ステレオ・アプリケーション
AutoDeskのMaya、Dessault SystemsのCATIA、LandmarkのGeoProbeといった多くの専門アプリケーションは、元々クァド・バッファド・ステレオをサポートしています。さらに、カスタムプラグインを用いてクァド・バッファド・ステレオをサポートするアプリケーションもあります。お使いのアプリケーションがサポートされているかどうかを確認するには、アプリケーションメーカーにお問い合わせください。

画像提供:Schlumberger