Tikibo社がCUDAを活用したAdobe CS5 Premiere Proパイプラインで、映画「ソルト」の視覚効果を促進

 
 
公式予告編を見る

画像はSony Pictures Digital Inc.からの無料提供です

もし、あなたが逃亡中のCIA諜報員であったなら、スピードが重要です。この法則は、フィリップ・ノイス監督、Sony Picturesの夏のスパイ映画Salt(ソルト)で、(逃亡者エブリン・ソルトとして)女優アンジェリーナ・ジョリーによって、巧みに証明されました。この映画の視覚効果の製作においても、スピードは重要な役割を果たしました。モスクワに拠点をおく視覚効果会社であり、この上映作品の中で、ニューヨークとロシアで撮影された、120の画像の視覚効果を任されているTikibot社によって視覚効果の製作の一部が実行されました。

Tikibot社のソルトへの起用は、血痕の作成、または血質の強化や爆発、コンピューターで作る(CGの)ビル、セットの拡大および、ライブアクション映像に継ぎ目のないように統合し、写真のようにリアルに見せるためのデジタル二重処理-など、幅広い範囲の「見えない」効果を出すためのものでした。「私たちの仕事は目立つものではありませんが、映画の中で、最も重要な部分において、観客の注意を惹きつけるためのものです。」Tikibot社の設立者であり、視覚効果(VFX)監督のケビン・ジャクソンは、こう話します。

ソルトの「見えない」効果を使ったトリックは、多くの場面に一連で持ち越され、使用されています。Tikibot社は、高品質の効果を製作する必要があっただけでなく、プロダクションから提供された、全てのシーケンスにその効果が投入された場合にも、効果の連続性が保持されることを確認する必要がありました。— そのシークエンスの全ては、短い時間内で行われる、一連の素早いやりとりでした。

Tikibot社の成功は、Adobe Premiere Pro Creative Suite 5及びNVIDIA Quadro プロフェッショナル・グラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)を含む、パイプラインの使用によって築き上げられました。Premiere Pro CS5は、NVIDIA CUDA™ の パラレル・コンピューティング構造を活用し、リアルタイムのスクラビング、自然な高解像度の映像や効果の再生および編集を提供しています。

ジャクソン氏とTikibot社のチームで、更にそのパイプラインに、3DアニメーションにAutodesk Maya、演出にPixarのRenderMan、そして視覚効果の編集と再生にAdobe’s Premiere Proを含む(これら全てはQuadro GPU加速の力によって強化されています)、様々なノード基盤の合成ソフトウェアツールが組み込まれました。

「私たちは、予算編成のためにデザインされたパイプラインを持つ、主にコンピューターを基本とする店です」と、ジャクソン氏は言います。「今まで我々はFinal Cutを使用していましたが、Adobe社がNVIDIA CUDA GPUアクセラレーションを活用したPremiere Pro CS5が発売された際、Premiereへの移行に大変興味を持ちました。編集やスケジュールの変更のために、絶えず新しいバージョンへアップデートしている私たちにとって、より高速な再生は、視覚効果の編集に重要なのです。」

GPU 上でCUDA-アクセラレーションされた視覚効果の再生は、Tikibot社がPremiere Proおよび、その他のパイプラインで模索した、効率的な作業を実現するのに役立ちました。ソルトが、夜にボートに乗っている同僚に襲い掛かるシーンでは、映像が少し暗すぎて、プロダクションは、どのようにそのシーケンスが向上できるのかを素早くスケッチする必要がありました。「私たちは即座にその場面を色補正して、明るさのバランスを調整しました。CGの爆発、炎、煙や砲撃を加えました。CUDA加速は、1080p の中の鍵になる部分を即座に作成し、ソルトの背後に破片を伴う大きな爆発を足し、照明効果とデジタルズームを加えると、全体のシミュレーションがどうなるのかを見るのに役立ちました。」と、ジャクソンは言います。

Adobe FlashのNVIDIA GPUハードウェアアクセラレーションもまた、Flashベースのコラボレーション・ツール、Studiopassによって、高画質とフレームレートを保持すると同時に1080pおよび高解像度を見るのに役立ち、映像の見直しの際、Tikibotの機能を高めました。

「Final CutからPremiere Proへの移行はスムーズで、習得期間も短くすみ、CUDAアクセラレーションは効果を素早く作成し、ビデオ再生も素早くスムーズにできました。映画ファイルのファイナルレンダリングは簡単な操作でとても早くできました。全体的に、Premiere Pro CS5とNVIDIAのCUDAは私たちのパイプラインに完璧に合う、魅力的な組み合わせを提供してくれました。支出に見合う最高の価値を与えてくれました。」

Tikibot社は現在、次のCUDAを活用したPremiere Proによるプロジェクト、ルパート・ウェインライト監督のFIFAワールドカップをテーマにした2本の映画プロジェクトや、アンジェリーナ・ジョリーとの別の共同作品として、今回は彼女の初監督作品となるボスニア戦争ラブストーリーの製作に没頭しています。ジャクソン氏いわく、「我々は、かつてソルトのために作成した視覚効果である、Premiereパイプラインの成功に非常に感動していて、AdobeとNVIDIAが、この先に提供するであろう新しいGPUアクセラレーション技術に期待しています。」