Quadro VCA

NVIDIA QUADRO VCA
スケーラブルで物理ベースのレンダリング
NVIDIA QUADRO VCA

NVIDIA® Iray®: Dassault Systèmes および Autodeskなど主流のソフトウェア製造社にライセンス済みの、フォトリアリスティックなレンダリングソリューションです。お気に入りの Irayが使用可能なアプリケーションを使用して、Quadro ビジュアルコンピューティングアプライアンス (VCA)に接続し、最速のフォトリアリスティック・レンダリングをお楽しみください。複数のQuadro VCAを組み合わせて、双方向性の品質を改善することもできます。それにより、モデルやシーンを操作する際に、モデルやシーンの周りを歩いて、あらゆる光や反射のニュアンスを捉えることができます。これはQuadro VCA 専用のIray レンダリングモードで可能になります。修正を行う際、ビジュアル・コンピューティング・クラスター全体が同様の働きをするからです。

Irayは、多くの一般的な3Dコンテンツ制作用アプリケーションでレンダリングエンジンとして利用することができます。ソフトウェア統合パートナーと共に、弊社ではお客様にフォトリアリスティックな物理ベースのレンダリングをご利用いただくために、最先端のワークフローを可能にします。

Iray & Quadro VCA の互換性アプリケーション

以下のアプリケーションにはQuadro VCAと互換性があります。デザイナーから視覚効果の専門家に至るまで全ての方に、驚くほど素晴らしい画像を制作するためにIrayをご利用いただけます。

 
 
 
 
 

Irayの統合ソリューション

NVIDIA Quadro VCAを採用し、3DEXPERIENCEポートフォリオに組み込まれたCATIAライブレンダリングアプリを使用すると、デザイナは、3Dバーチャルモデルを使用した実生活のようなリアルタイム体験を実現できます。
- Philippe Laufer CATIA CEO、ダッソーシステムズ。

 

"Iray 2015 には実に驚きました。以前 3ds Max 上で使ったことはありましたが、これほど進化を遂げているとは思いもしませんでした。3 層のレンダリングレベルで、実写級のクオリティを保ちながら、リアルタイムに双方向の操作ができるのです。マテリアル定義言語 (MDL) があれば、アーティストはアプリケーション内に独自のシェーダーを作るツールセットが手に入るのです。"
Vincent Brisebois (DAZ 3D、製品開発担当副社長)

IRAY の働き

Iray の全てのプラグインおよびネイティブ統合では、ローカルシステムリソースを使用する代わりに、レンダリング作業を直接Quadro VCA に送ることができます。Irayの設定のインターフェースでは、ビジュアル・コンピューティング・クラスターのIP アドレスを指定しなければなりません。接続した場合、テクスチャとジオメトリデータが移動してクラスターにキャッシュされます。ビジュアルコンピューティング・クラスターは、クラスター内の全てのVCAにレンダリング作業を分割し、結果を収集します。最終的なレンダリング画像は、16-bit のロスレス方式、 JPEG、または H.264.のいずれかの方式で、アプリケーションにインタラクティブ・ストリーミングされます。

ビデオ
 
 
リソース
 
 
 
FIND OUT MORE ABOUT NVIDIA VCA




* Date Of Birth: 
Please enter the text in the box below


* Symbolizes required field