アドバンストレンダリング

NVIDIA マテリアル定義言語

NVIDIA MATERIAL DEFINITION LANGUAGE

リアルなマテリアル

 

NVIDIA の vMaterial カタログは、NVIDIA マテリアル定義言語 (MDL) で定義されたリアルなマテリアルで構成されています。NVIDIA のマテリアル専門家がその精密度、管理、一貫性を設計・検証しており、お客様のデザインにリアルなマテリアルを追加するための簡単かつ信頼できる方法を提供します。マテリアルのブラウズ、変更、調整が簡単で、お客様がサポートしているアプリケーション内で、ちょうど欲しかった見映えを提供します。vMaterials は Iray レンダリング プラグイン製品に追加するのにぴったりの製品ですが、NVIDIA MDL に対応したアプリケーションならすべてで利用できます。

 

マテリアル、見映え、レイヤーをカスタマイズ

 

vMaterials は MDL 上に構築されているため、単品で、または修正を加えたり、レイヤーを使って、カスタムマテリアルに独自の見映えを作り出すこともできます。MDL なら、マテリアルにダストやスクラッチを加えることも簡単です。ベースに vMaterial を使って、スクラッチレイヤーの上にダストレイヤーを追加するだけです。ほんの少しの手順で、カスタムマテリアルを簡単にエクスポートして、実際のものを基にしたマテリアルをアプリケーション間でシームレスに転送することができます。

 

設計アプリケーション

製品設計用 vMaterials

製品設計用 vMaterials

 

設計検証の際に詳細な観察が必要となるシーンに最適です

 

建築設計用 vMaterials

 

大規模な建設設計プロジェクトなどの、広い視野で観察されるマテリアルに

建築設計用 vMaterials