ドライバダウンロード

GTX 1650
NVIDIA Studio
GeForce RTX
NVIDIA経験者採用情報
Call of Duty

Solaris Display Driver – x64/x86

 
バージョン: 340.58
リリース日: 2014.11.5
オペレーティングシステム: Solaris x86/x64
言語: Japanese
ファイルサイズ: 71.12 MB
ダウンロード

リリースハイライト
製品サポートリスト
追加情報
  • Solaris システムで、NVS 300 など、一部の GPU の信頼性が改善されました。
  • 一時停止、再開、ドライバーのリロードシーケンス後に、VT 切り替えの失敗を招く可能性があるバグを修正しました。
  • 一部の GPU で深さ 8 で実行されている X 画面で間違った色を表示する可能性があるバグを修正しました。
  • UUID で特定されたときに MetaMode 文字列で GPU が正しく認識されるのを防ぐバグを修正しました。
  • X.Org サーバーのリリース 1.16 以降で利用できる -iglx オプションを利用して、間接的 GLX コンテキスト作成を無効にできるようになりました。今後の X.Org サーバーのリリースで -iglx オプションが初期設定になる可能性があることに注意してください。
  • このようなサーバーで間接的 GLX を再度有効にするには、+iglx オプションを使用します。「AllowIndirectGLXProtocol」X config オプションを追加しました。このオプションを使用し、GLX プロトコルの使用を禁止できます。詳細については、README の「付録 B. X Config オプション」を参照してください。