無料ダウンロードアイテム
 
デモ
ダウンロードできる最新の無料デモをチェックする
Alien vs. Triangles(エイリアンVSトライアングル)

Alien vs. Triangles(エイリアンVSトライアングル)

登場するなりダメージを受け倒れて果てるといった相変わらずのゲームキャラクターに飽き飽きしていませんか?そんな貴方にご満足いただけるよう「ALIEN VS TRIANGLES」のバトルをご紹介します。このデモではテッセレーションを用いて敵の外観を変え、「多次元テッセレーション」を用いて敵が粉砕される姿を描き出します。「Alien vs. Triangles」は、キャラクターをダイナミックに描出する目的でテッセレーションを使用した例です。テッセレーションは表面のきめ細やかな部分に幾何学的な複雑さを加える目的で最もよく使用されます。このデモのエイリアンがそれを実によく示していますが、しかしこの技術は静的な表面に細やかさを加えるだけには止まりません。様々なディスプレイスメントマップがコマンドにより完全に姿を変えたエイリアンの外観に使用され、貴方がレーザーでエイリアンに負わせたダメージをその外観にリアルに描出することが可能となります。エイリアンの「スキン」には、ノーマル、スパイク、ファンガスの3種類があります。各スキンのディスプレイスメントマップは別々であり、関連のあるテクスチャやシェイダを備えています。ひとたびエイリアンに別のスキンが適用されると、新しいディスプレイスメントがスキン全体に広がってエイリアンを全く違った外観のキャラクターに変貌させるのを見ることができます。また、エイリアンにはダメージレイヤーとして使用されるディスプレイスメントマップが4種類あります。こうしたレイヤーはスキンの内外に様々なレベルで存在し、エイリアンがレーザーで撃たれた際に使われます。レイヤーのレベルには、スキン外側のブリスターレイヤーや、スキンの内側の深部にある筋肉や内臓のレイヤー(3レベル)などがあります。撃たれると、大きく裂けたグロテスクな傷を創り出すためにこうしたレイヤーが加えられます。当社はこれを「多次元テッセレーション」と呼んでいます。3種類のキャラクタースキンと4種類のダメージレイヤーのテッセレーションとディスプレイスメントとの間でシームレスに変化を持たせることができるからです。その結果、キャラクターに「立体感」や「容積感」が与えられます。このデモは、GeForce GTX 500 シリーズGPUのテッセレーションが山岳地帯のような場所で表面のディティールを描き出すだけでなく、アニメキャラクターのモデルにリアリズムや面白さをいかに加えられるかを示す素晴らしいサンプルです。
[264 MB]
共にローンチした製品 :
GeForce GTX 460 またはそれ以上
発売日:
09 November 2010
特徴:
3D Vision
SLI
DirectX 11
対応プラットフォーム(OS):
Windows 7
Windows 7 64-bit