無料ダウンロードアイテム
 
デモ
ダウンロードできる最新の無料デモをチェックする
Design Garage

Design Garage

Design Garageでは、最速の超高級車の画像を写真のように信じられないほどリアルなイメージをインタラクティブに作ることができます。NVIDIAのGeForce GTX 400、500または600シリーズGPUの膨大な処理能力を活用しているので、Design Garageで作られた斬新な車は、レイトレーシング(通常は、ハリウッドの大ヒット作のために使われるレンダリング技術で、光が3Dシーンを反射、屈折、照射する様子をシミュレートします。)によって本物そっくりに描き出されます。Design Garageは、レンダリングのためにNVIDIAのCUDAアーキテクチャーを使用しており、システムが有するGPUの全てを使って演算を実行します。Design Garageにおいて使用されるモデルは非常にリアルで、通常、合計約200万個のポリゴンが使用されます。あなただけのドリームカーのイメージをフォトリアリスティックにするために、光の方向を微調整し、様々な車の色を試すようにしてください。

テクニカルノート:

• NVIDIAドライバ310.90またはそれ以降が必要。
• 1 GBのGPUメモリが必要、HD以上の解像度を使用する場合、1.5GB以上を推奨。
• 複数のGPUは同じcompute generationのものでなくてはなりません。マルチGPUスピードにするためにSLIは不要で、SLIモードはパフォーマンスを低下させることがあります。
• NVIDIAのOptiXレートレーシング・エンジンとSceniXシーン・マネジメント・エンジンが力を合わせて、皆様がインタラクトしているフォトリアリアスティックなシーンを生み出します。

フォトリアリスティックな品質に仕上げるために、最終イメージでは、レイトレースされたグローバル・イルミネーションが使用されますが、インタラクションでは、正確な反射でスムーズなインタラクションを行うために、FXAAアンチエイリアシングとともに、レイトレースされたダイレクト・イルミネーションが使用されます。
[393 MB]
共にローンチした製品 :
GeForce GTX 480 またはそれ以上
発売日:
26 March 2010
最低スペック:
896MBフレームバッファ、HDやより高解像度には1.5GBのフレームバッファを搭載したGPU、またはそれ以上
特徴:
CUDA
対応プラットフォーム(OS):
Windows Vista
Windows 7