無料ダウンロードアイテム
 
デモ
ダウンロードできる最新の無料デモをチェックする
Supersonic Sled

Supersonic Sled

GeForce GTX 400シリーズGPUだけが提供できる、さらなるゲームの現実性と双方向性体験への準備をしましょう。PhysX、CUDA、Direct X 11、3D Visionを活用したSupersonic Sledは、あなたを強力なテストロケットに固定し、ネバダ砂漠の6マイルものトラックを時速800マイルを越える猛スピードで突進します。落石を避け、ビルや橋を破壊し、巨大な崖から飛び落ちないよう気をつけなくてはいけません。

デモ内で動く全ての物体は、PhysXとCUDAにより物理的にシミュレートされています。越えなくてはいけない落石の破片から、出発時に発射台を取り巻くダイナミックな煙、猛スピードで侵入する家や橋の何千もの破片まで、Supersonic Sledの移動物体間の全ての動きは、GeForce GTX 400シリーズGPU上でシミュレートされ、物理的に最も現実的かつ正確に描かれた史上最高のリアルタイムなテクノロジデモの制作をサポートしています。同デモの全PhysXパワーを見るには、忘れずにVisualize Physcsモードをオンにしてください。そして、楽しみたい場合は、そりに鶏を投げつけるか、出発前のトラック上のそりの前に木箱を置いて、そりをバラバラにしてみてください。素晴らしいのは、毎回遊ぶ度に全く違うシナリオが可能です。ロケット駆動のそりでトラックを壊すたび、比類のないダイナミックな体験ができるでしょう。

Supersonic Sledが完全に起動している時、あなたのお名前、Supersonic Sled トップ スコアデータベース上のスコアがアップロードしているかご確認下さい .

テクニカルノート:

• 2010年7月にリリースされたSupersonic Sledの最新バージョンと共に、3D Vision サラウンドテクノロジをサポート。
• DirectX 11を用いたレンダリング
• 3D Visionに対応
• テストに膨大かつ興味深いランドスケープを定義するため、ダイナミックテッセレーションを使用
• PhysX を使い、真のダイナミック体験を生成。スレッドドライバとその世界そのものが、剛体と相互作用や疑似化された粒子で物理的に表現されます。
• CUDAで加速する流体力学が計算された煙を出すロケットの動きを計算。煙が発射台を覆い、やがてブラストドアまでが煙の渦に巻き込まれる、煙と景色の関係をご覧ください。
 • 煙、炎、蒸気、埃、その他の現象が、何万というCUDAで加速された粒子により表現
• フルシーン・モーションブラーが、そりに取り付けられたカメラが映す地形でも、固い地面に取り付けられたカメラが映す走り抜けるそりでも、スピード感を提供。
[221 MB]
共にローンチした製品 :
GeForce GTX 480 またはそれ以上
発売日:
03 July 2010
特徴:
CUDA
PhysX
3D Vision
DirectX 11
対応プラットフォーム(OS):
Windows Vista
Windows 7