ドライバダウンロード

RTX TITAN
GeForce RTX
ESPORTS Top Runner
NVIDIA経験者採用情報

GeForce 332.21 ドライバ

 
バージョン: 332.21  WHQL
リリース日: 2014.1.7
オペレーティングシステム: Windows 7 64-bit, Windows 8.1 64-bit, Windows 8 64-bit, Windows Vista 64-bit
言語: Japanese
ファイルサイズ: 249.9 MB
ダウンロード

リリースハイライト
製品サポートリスト
追加情報

リリースの概要 

この新しい 332.21 WHQL ドライバは、様々な新しいSLI プロフィールを導入して、全てのゲームタイトルでの最大のパフォーマンスとシステムの安定性を保証します。

いつものように、このドライバは簡単な方法でドライバを最新の状態にしてあなたのゲームを最適化するGeForce Experience (v1.8.1) を同梱しています。さらに、このバージョンは最新の特性とBeta の機能をサポートしています。これには、Beta 版の GeForce ShadowPlay™と ShadowPlay Twitch Streamingが含まれています。この新しい製品とストリーム用ツールは、GeForce GTX のGPUの内部にある特定のハードウェアを活用しながら、非常に優れた機能とパフォーマンスを提供します。最新バージョンのGeForce Experienceには、NVIDIA GameStream™のサポートも含まれています。 SHIELD デバイスと組み合わせることにより、GeForce GTX搭載の PCゲームを別の部屋にワイヤレスでストリームすることができるので、ソファーやベッドでも、家のほぼどの場所にいても楽しむことができます。

GeForce 332.21 WHQL ドライバの新しい特長

  • SLIテクノロジ
    • Assetto Corsa –作成済みプロファイル
    • Eve Online –作成済みDX11 プロファイル
    • Plants vs. Zombies Garden Warfare –作成済みプロファイル
    • Thief – 作成済みプロファイル
  • ゲーミングテクノロジ
  • SHIELD
  • 3D Vision
    • Injustice: Gods Among Us – 「優」
    • Path of Exile – 「良」

その他の詳細

  • PhysXシステムソフトウェアv9.13.0725をインストール。
  • HD Audio v1.3.30.1をインストール。
  • GeForce Experience 1.8.1をインストール。
  • CUDA 5.5 または旧バージョンの CUDA ツールキットを使用して構築したアプリケーションのサポートも含まれます。http://developer.nvidia.com/cuda-toolkit で詳しい情報をご覧ください。
  • GeForce 400-シリーズ以降のGPUに対して、OpenGL 4.4をサポート。
  • GeForce GTX 600シリーズ 用ディスプレイポート1.2に対応。
  • GPUコンピューティング向けに多数の言語およびAPIに対応: CUDA C、CUDA C++、CUDA Fortran、OpenCL、DirectCompute、Microsoft C++ AMP。
  • 3-way SLIおよびSLI認証IntelおよびAMD製マザーボード上のSLIサポートを含むDirectX 9、DirectX 10、DirectX 11、OpenGL上のシングルGPUおよびNVIDIA SLIテクノロジに対応。