NVIDIA、高解像度のマルチディスプレイによる画像化・視覚化技術で新標準を打ち立てる

 
 

~複数のボードの組み合わせを可能にし、膨大な量のデータをインタラクティブに視覚化するNVIDIA Quadro FX 600 PCI

 

2004318 - 画像処理ソリューションで世界をリードするNVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は米国時間317日、プロフェッショナル向け3Dグラフィックス・ソリューションNVIDIA Quadro® FX 600 PCIを発表しました。この新しいソリューションを採用することで、NVIDIA製品を搭載したPCワークステーション1台で最大8台の高解像度デジタル・フラットパネル・ディスプレイを利用することが可能となり、ユーザーの作業スペースが拡大します。ステレオ3DビューイングなどNVIDIA Quadro FXの全機能を搭載したNVIDIA Quadro FX 600 PCIは、256MBのフレームバッファを介して、衛星画像のダウンロードなど巨大なデータのインタラクティブなビジュアル「ローミング」を可能にします。地理空間や医療画像向けアプリケーションの駆動に最適なこのPCIは、サーバー用の先進的グラフィックス・コンソールとしても機能します。

 

DH Brownのシニア・アナリスト、サラング・ガトパンデ(Sarang Ghatpande)氏は、「NVIDIA Quadro FX 600 PCIは、情報コミュニティおよび医療関連コミュニティが直面している複雑な科学的・技術的課題を解決するスケーラブルかつコスト効果に優れたグラフィックボードです。この新しいグラフィックス製品は、従来の技術的制約による障壁を打破します。地図作成者や放射線学者、そしてPCIを搭載したワークステーションやサーバーを利用するすべてのユーザーは、複数の高解像度ディスプレイを使用してパフォーマンスを犠牲にすることなく膨大な量のデータをインタラクティブに視覚化できるようになります」と述べています。

 

NVIDIA Quadro FX 600 PCIソリューションの新機能と利点は以下の通りです。

l        2つのシングルリンクDVI-I出力:ディスプレイに対する柔軟性が大幅に高まり、2台の9メガピクセル・ディスプレイまたは複数のCRT/デジタル・プラットパネル・ディスプレイを利用可能。

l        ステレオ・コネクタおよびOpenGLクアッドバッファ・ステレオに対するフルサポート:複数のステレオ・ディスプレイまたはステレオと標準解像度の組み合わせにより、没入型環境を作成することが可能。

l        PCI Expressアーキテクチャとの完全な互換性:購買担当者の投資保護を実現。

 

NVIDIA Quadro FX 600 PCIは、業界唯一のトゥルー128ビット浮動小数点グラフィックス・パイプラインを備えており、画像に幅広いダイナミックレンジで無数のカラーを提供するほか、圧倒的な画像品質と最高水準の精度を提供します。また、業界先進の12ビットのサブピクセル精度がラスタライゼーションの異常を取り除き、OpenGL® 1.5およびMicrosoft® DirectX® 9.0のプログラマビリティに対する完全なサポートと高級シェーディング言語によって、プロフェッショナル・ユーザーは高度なリアルタイム・シェーダを作成し、事実上あらゆる種類の物理的特性や表面属性を制限なくシミュレートすることが可能です。

 

さらに、NVIDIAは業界で最も広範なプロフェッショナル向けアプリケーション認定プログラムを提供しています。NVIDIAが提供するすべてのグラフィックス・ソリューションと同様、NVIDIA Quadro FX 600 PCINVIDIA統合ドライバアーキテクチャ(UDA)を採用しています。NVIDIA UDAは、前方互換性と後方互換性、さらに上位互換性と下位互換性を備え、アプリケーションのパフォーマンス、安定性、信頼性を最適化するグラフィックス・ドライバのセットです。

 

NVIDIA Quadro FX 600 PCIは、4月よりPNY(米国および欧州)、Leadtek(アジア太平洋)、Elsa(日本)をはじめとするアドインカード・パートナーのほか、付加価値再販業者およびシステム・ビルダーを通じて販売される予定です。

 

 

NVIDIAについて

NVIDIA Corporation (Nasdaq - NVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア情報処理技術における世界的なリーディング企業です。同社のグラフィックス・プロセッサと通信プロセッサは、幅広い市場で採用されており、一般消費者向けデジタルメディアPC、エンタープライズPC、プロフェッショナル・ワークステーション、デジタル・コンテンツ作成システム、ノートPC、軍用ナビゲーション・システム、ビデオゲーム機など様々なコンピューティング・プラットフォームに組み込まれています。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、従業員数は世界で1,800人を超えます。詳細については、www.nvidia.com あるいは日本語サイト //jp.nvidia.com/ をご覧下さい。

  

NVIDIAの製品ファミリに対する販売量の予測および継続的な売上成長の予測に関するすべての記述を含め、本プレスリリースに記載されている記述の中には将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。このようなリスクと不確実性には、新製品の製造およびその他の遅延、製造プロセスや会社のサードパーティーメーカーへの依存性に関わる問題、PCおよび半導体産業界の周期的な景気動向を含む一般的な市場のトレンド、競合製品や代替製品の価格設定の影響、新製品の市場での受け入れ度、およびサードパーティーデベロッパーおよびパブリッシャーへの会社の依存などがありこの限りではありません。これらのリスクや不確実性に関するさらなる議論に関しては、投資家の皆様には、米国証券取引等監視委員会 (Securities and Exchange Commission) に提出されているForm 10-Kの会社年次レポートとForm 10-Qの会社四半期レポート、特にその中の「Certain Business Risks」のセクションを参照されることをお薦めします。

 

#  #  #

NVIDIA® Corporationは登録商標です(2004年)。その他の会社名、および/または製品名はすべて、それぞれのメーカーの商標および/または登録商標です。

機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

 

本リリースに関するお問い合わせ先:

 

エヌビディア広報事務局

インターナショナル・マネジメント・コンサルタント

朝比奈(masahina@webershandwick.com)

浅羽(rasaba@webershandwick.com)

Tel: 03-5427-7395/03-5427-7409 Fax: 03-5427-7300

 

エヌビディア日本

シニアーマネージャー、PCビジネス 正次

Emailアドレス: mhigashi@nvidia.com

Tel: 045-640-6851  Fax: 045-640-6860

220-8121 神奈川県横浜市西区みなとみらい2---
横浜ランドマークタワー21

 

エヌビディア アジア太平洋地域

マーケティングマネジャー, Hazel Heng

Emailアドレス: hheng@nvidia.com (英語のみ)