NVIDIA、Computexで画期的製品の広範なラインアップを導入

 
 
 

CEOのジェンスン・フアンが、デジタルメディア時代のNVIDIAのビジョンを披露、戦略的関係を語る~

 

20039月23 - 画像処理ソリューションで世界をリードするNVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン (Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は923日、台湾・台北で開催中の「Computex 2003」において、携帯電話やハンドヘルド機器向けの新たなグラフィックス技術など、一般ユーザー/プロフェッショナル市場向けの画期的なデジタルメディア製品ラインアップを発表しました。NVIDIAの社長兼CEOであるフアンは、デジタルメディア時代のビジョンを披露するとともに、AMDやインテル、マイクロソフトなど業界有力企業との戦略的関係について語りました。

 

フアンは、「世界中の人々は、オンライン・ゲームであろうと、ビデオの編集であろうと、携帯電話による写真の交換であろうと、デジタルメディアを夢中になって取り入れています。『究極の』デジタルメディア体験を目指すNVIDIAのビジョンは、シネマティック(映画並み)品質のグラフィックス、シームレスな接続性、信頼性の高いアウト・オブ・ボックス機能を兼備させることです。当社の目標はネットワーク接続されたデジタルメディアの体験を、強烈で、リアルかつ魅力的なものにする技術と製品を提供することです」と述べています。

 

本日発表のNVIDIA製品は、デスクトップPCやノートPC、携帯電話、ハンドヘルド機器など各種プラットフォーム上のコンピューティング体験を向上させます。新発表製品は以下の通りです。

 

·NVIDIA® GoForce 2150―業界で最も高速かつ低消費電力のデジタルカメラ搭載型携帯電話向けメディアプロセッサ

·NVIDIA nForce364ビットAMDプロセッサ向けの新世代メディア通信プロセッサ(MCP

·NVIDIA® ForceWare™―MicrosoftLinuxなどあらゆるオペレーティングシステムでエンドユーザのデジタルメディア体験の向上を狙った、NVIDIAの総合的なソフトウェアツール/アプリケーション群

 

フアンはまた、業界有力企業との強力な関係構築にかけるNVIDIAの意気込みについても語り、「AMDやインテル、マイクロソフトなど有力企業との連携は、当社の戦略に不可欠な要素です。たとえば、当社はこのほど、インテルが支持しているPCI Expressアーキテクチャに対するサポートを発表しましたが、これによりマルチメディアグラフィックス性能は飛躍的に向上します」と説明しています。

 

NVIDIAのダン・ビボリ(Dan Vivoli)マーケティング担当取締役副社長は、NVIDIA® GeForce FXグラフィックス・プロセシング・ユニット(GPU)とNVIDIA ForceWareマルチメディア・ソフトウェアを搭載したMicrosoft® Windows® XP Media Center Edition PCのデモを行い、「当社は、Media Center PCや、Microsoft DirectX®の進化などで、マイクロソフトと緊密に連携していることを嬉しく思います。これらの革新的技術は人々のPCとのつきあい方を変えつつあります」と語りました。

 

マイクロソフト コーポレーション、Windows eHome部門ジェネラルマネジャーのジョー・ベルフィオ(Joe Belfiore)氏は、「当社はMedia Centerが市場でこのように受け入れられていることを非常に嬉しく思います。NVIDIAなどのパートナーと連携して、パソコンの新しい利用法を考案し、真に魅力的かつ刺激的な一般ユーザー向けシナリオを実現する機器に変身させることは、私たちにとって実に刺激的な経験です」と述べています。

 

NVIDIA GoForce 2150

NVIDIA GoForce 2150は業界初の1.3メガピクセル・カメラ対応メディアプロセッサです。このメディアプロセッサは、拡張されたカメラ・インタフェースと、JPEG圧縮エンジンで1.3メガピクセルの解像度に対応していますから、デジタルカメラ搭載の携帯電話やハンドヘルド機器向けに高解像度画像キャプチャ、JPEG動画キャプチャ、高度なカメラ制御など魅力的な機能を付加できます。しかもこうしたすべてを、既存ソリューションの数分の一という低消費電力で実現できます。主要な構成要素は、64ビット・グラフィックス・プロセシング・エンジン、ビデオ処理エンジン、LCDフレーム・バッファ用内蔵メモリ、LCDコントローラ、柔軟性の高いCPUインタフェースなどです。

 

NVIDIA nForce3

NVIDIA nForce3 MCPは、真に迫ったデジタル・エンターテインメント体験を実現するPCやマザーボード、ノートPCの設計を可能にします。このシングルチップ設計MCPは、32ビット、64ビット両方のオペレーティングシステム、ゲーム、アプリケーションに対するサポートがかつてなく充実しており、あらゆるプロフェッショナル向け、一般ユーザー向けおよびモバイル・コンピューティング環境で、パソコン全体におけるデータの移動を最適化し、システム・ボトルネックを解消し、日常的なメディア・リッチなアプリケーションを高速化します。NVIDIA nForce3 MCPは、HyperTransportなど他の先進的技術を採用して内部スループットを最速化するとともに、AGP 8Xの採用により最新のNVIDIA GeForce FXグラフィックス・ソリューションとの接続を実現しています。

 

NVIDIA ForceWare

NVIDIA ForceWareは、NVIDIAのデスクトップやワークステーション、プラットフォーム、モバイル、マルチメディア製品のパワーや機能をフルに発揮させます。最も広範なゲームやアプリケーションとの互換性、信頼性、安定性の実績を持つForceWareは、以下の機能により、あらゆるエンドユーザに最高のアウト・オブ・ボックス体験を提供します。

 

·業界トップのグラフィックス、オーディオ、ビデオ、通信機能

·一つのドライバであらゆる製品に対応:NVIDIA統合ドライバ・アーキテクチャ(UDA

·製品ライフサイクル全体にわたる連続的なパフォーマンス/機能アップデート

 

NVIDIAの新製品に関する詳細や記者会見の再放送は、当社のウェブサイトwww.nvidia.comでご覧いただけます。

 

 

 

NVIDIA nForce3に関する情報は、www.nvidia.comをご覧ください。

 

 

NVIDIAについて

NVIDIA Corporation (Nasdaq - NVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア情報処理技術における世界的なリーディング企業です。本社はカリフォルニア州サンタクララにあります。NVIDIAはその2D3Dグラフィックス、ビデオ、およびマルチメディアにおける卓越した技術により、世界でもトップクラスの半導体企業として高い評価を受けています。NVIDIAは装置製造、科学、eビジネス、エンタテインメント、教育などの様々な分野に向けたPCベースのアプリケーションに対し、広範囲な製品およびサービスを提供しています。NVIDIAに関する詳細については、www.nvidia.com あるいは日本語サイト //jp.nvidia.com/ をご覧下さい。

 

NVIDIAの製品ファミリに対する販売量の予測、継続的な売上金額成長度の予測などを含む記者発表における説明文は、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性がある危険性と不確定要素を含む、将来予測的なものであることにご注意ください。そのような危険性と不確定要素には、新製品の製造や出荷の遅延、製造プロセスや会社のサードパーティーメーカーへの依存性に関る問題、PC、および半導体産業界の周期的な景気動向を含む一般的な市場のトレンド、競合製品や代替製品の価格設定の影響、新製品の市場での受け入れ度、サードパーティーのデベロッパーや業界誌出版社の動きなどが複雑に関係しており、当社の予測を超える場合もあり得ます。これらのリスクや他の不確実性に関するさらなる議論に関しては、投資家の皆様には、米国証券取引等監視委員会 (Securities and Exchange Commission) に保存されているForm 10-Kの会社年次レポート、およびForm 10-Qの会社四半期レポート、特にその中の「Certain Business Risks」のセクションを参照されることをお薦めします。

 

#  #  #

 

NVIDIA® Corporationは登録商標です(2003年)。その他の会社名、および/または製品名はすべて、それぞれのメーカーの商標および/または登録商標です。

機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

 

本リリースに関するお問い合わせ先:

エヌビディア広報事務局

 

インターナショナル・マネジメント・コンサルタント

朝比奈(masahina@webershandwick.com)

浅羽(rasaba@webershandwick.com)

Tel: 03-5427-7395/03-5427-7409 Fax: 03-5427-7300

エヌビディア日本

シニアーマネージャー、PCビジネス 東 正次

Emailアドレス: mhigashi@nvidia.com

Tel: 045-640-6851  Fax: 045-640-6860

220-8121 神奈川県横浜市西区みなとみらい2---
横浜ランドマークタワー21