Adobe と NVIDIA が提携、クリエイティビティとデジタル体験をもたらす新しい AI サービスを提供へ

 
 

コラボレーションにより Adobe Sensei を NVIDIA GPU に最適化

米国ネバダ州ラスベガス — Adobe Summit — (2018 年 3 月 28 日) — Adobe (Nasdaq: ADBE、以下アドビ) と NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、人工知能 (AI) とディープラーニングにおいて業界をリードする両社のテクノロジを迅速に強化することで戦略的提携を結んだと発表しました。両社は長年の協業に基づき、Adobe Sensei の AI および機械学習 (ML) のフレームワークを NVIDIA® GPU に最適化すべく連携を行います。これにより、Adobe Creative Cloud や Adobe Experience Cloud のお客様および開発者様向けの Sensei を利用した新サービスにおいて、市場投入に要する期間の短縮とパフォーマンスの向上を目指します。

今回の提携は、アドビの戦略を発展させ、Sensei API の可用性を拡張するとともに、Sensei エコシステムを開発者、データ サイエンティスト、パートナーの新しい対象ユーザーへと拡大するものです。

アドビの社長兼 CEO であるシャンタヌ ナラヤン (Shantanu Narayen) 氏は、次のように述べています。「NVIDIA が誇るクラス最高の AI 機能と、アドビの Sensei を利用した先進的なクリエイティブ ソリューションおよびデジタル体験ソリューションを融合することで、お客様や開発者にパフォーマンスの高い AI サービスをより迅速に提供できるようになるでしょう。当社は、クリエイティビティやマーケティングのほか、没入型メディアなどの刺激的な新分野において可能性の限界を押し広げるために、NVIDIA と提携できることをとても光栄に思います。」

NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「AI は究極のアシスタントです。魔法のような機能でアーティストのやりたいことを叶え、そのクリエイティビティを高めることや、あらゆる企業が洞察を得て効率化を図るためのサポートを提供することもできます。当社はアドビと連携して、クリエイティブな分野やマーケティング分野で働く何百万人という個人のそばに AI をお届けし、ついこの間までは想像もつかなかったパフォーマンスを備えたツールを提供します。」

アドビと NVIDIA は、アドビの多彩なクリエイティブおよびデジタル体験製品に対応する GPU アクセラレーションを実現するため、10 年以上協業してきました。これには、Adobe Character Animator CC の自動リップ シンクや、Photoshop CC の顔認識編集などの Sensei を利用した機能のほか、Adobe Stock や Lightroom CC の画像分析、Adobe Experience Manager の自動タグ付けなど、クラウドベースの AI/ML 製品や機能も含まれます。

両社はまた、クラウドとエッジで Sensei AI サービスを NVIDIA のハードウェアに最適化させ、パフォーマンスの向上と新機能の開発を目指す予定です。さらに、使いやすい Sensei AI サービスをパッケージ化して、NVIDIA の開発者エコシステムに提供するための研究を進めることも計画しています。それには、複合現実や、NVIDIA の新しい RTX リアルタイム レイ トレーシング テクノロジなどの次世代レンダリングをはじめ、最新の没入型体験が含まれます。

両社の CEO が AI の未来を語る
ラスベガスで開催されている Adobe Summit で、アドビの社長兼 CEO であるシャンタヌ ナラヤン氏が NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアンを壇上に迎え、今回の新たな提携の詳細を説明するとともに、消費者と企業にとっての AI の未来について両者の考えを語ります。両者のディスカッションと、Adobe Summit 2 日目の一般セッション全体のライブ ストリームが、太平洋時間午前 10 時 (東部標準時午後 1 時) から https://summit.adobe.com で配信されました。

Adobe Sensei について
Adobe Sensei は、アドビのクラウド プラットフォームに組み込まれるフレームワークとインテリジェント サービス群で構成されており、デザインとデジタル体験の提供を大幅に改善します。人工知能 (AI) と機械学習の統合フレームワークにより、アドビが蓄積してきた膨大なコンテンツとデータ アセットのほか、クリエイティブ、マーケティング、ドキュメントの分野における深い専門知識を活用しています。詳細は、adobe.com/go/sensei をご覧ください。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。詳細は、www.adobe.com をご覧ください。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

____________________________________

NVIDIA とアドビの提携による目標、影響、利点、今後の計画に関する記述、本提携によるアドビの戦略の発展と、顧客や開発者に、よりパフォーマンスの高い AI サービスをより迅速に提供するアドビの能力に関する記述、AI が究極のアシスタントとなり、クリエイティブ分野やマーケティング分野に影響をもたらすことに関する記述、ならびに SUMMIT 2018 カンファレンスでのアドビと NVIDIA の発表予定に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレス リリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術のパフォーマンスにより生じる予期せぬ損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-K の 2018 年 1 月 28 日を末日とする会計年度についての年次会計報告書など、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類の写しは NVIDIA のウェブサイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIA のロゴは、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

© 2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe および Adobe のロゴは Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ社) の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの権利帰属者の所有物です。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。