NVIDIA、全世界の 4,000 万人のクリエイティブ能力をNVIDIA Studioで向上

 
 

RTX GPU と NVIDIA Studio Stack を組み合わせたプラットフォームにより、性能と信頼性を最適化。また、プラットフォームに先立ち、17 の新しい RTX Studio ノートPCが登場

台北 - Computex (2019 年 5 月 27 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、高性能 PC を使ってオンラインおよびスタジオでクリエイティブ作業に携わっている、全世界の 4,000 万人のクリエイターの能力と信頼性を大幅に向上させるためのプラットフォーム、NVIDIA Studio を公開しました。

NVIDIA Studio には、RTX GPU とともに、専用の SDK と Studio ドライバーで構成された NVIDIA Studio Stack が組み合わされます。このプラットフォームのハードウェアおよびソフトウェアには、最高レベルのクリエイティブ作業およびワークフローに対応できるように、厳しいテストが課せられています。

このプラットフォームに先立ち、17 の RTX Studio ノートPCが、本日、Computex において、世界の大手 PC メーカー 7 社より発表されました。これらのノートPCすべてが、新しい RTX Studio バッジを得るために必要なハードウェアおよびソフトウェアの要件を満たしており、クリエイターは、自らのクリエイティブ ワークフローにぴったりなノートPCを簡単に識別することができます。

NVIDIA のGeForce ソフトウェア / テクノロジ担当ゼネラルマネージャーのジェイソン ポール (Jason Paul) は、次のように述べています。「NVIDIA Studio を RTX GPU と組み合わせることにより、クリエイターの増え続ける要求を完全に満たす、スタジオグレードのソフトウェアを使って、リアルタイム レイ トレーシング、AI 処理ならびに高解像度ビデオの編集ができるようになります。新しい RTX Studio ノートPCは、出先でもデスクトップクラスの性能を必要とするクリエイターにうってつけのツールとなります」

ノートPCには、新しい Quadro RTX™ 5000、4000 および 3000 GPU と GeForce RTX™ 2080、2070 および 2060 GPU が搭載されます。RTX GPU は、ビデオ編集から 3D レンダリングに至る、コンテンツ制作を加速させ、入手可能なもっとも強力なノートPCである、16GB のグラフィックス メモリを搭載した Quadro RTX 5000 実装のノートPCは MacBook Pro(1) の最大 7 倍の性能を持ち、これまでは出先では不可能であった、最先端のマルチアプリケーションのクリエイティブ ワークフローや大規模な 3D モデルの使用を可能にします。

これらのノートPCの多くには、4K 高精細ディスプレイと NVIDIA Max-Q テクノロジが実装されており、薄くて、コンパクト、軽量のデザインで驚異的な性能とバッテリーライフを実現します。

Adobe 社ビデオ部門パートナー リレーション担当ヘッドのスー スキッドモア (Sue Skidmore) 氏は、次のように話しています。「Adobe Creative Cloud を使っているクリエイターは、コンテンツ制作のためにもっともパワフルなハードウェアを求めており、そのような人々は、新しい RTX Studio ノートPCと NVIDIA の Studio ドライバーの登場に大喜びすることでしょう」

NVIDIA Studio Stack
NVIDIA Studio Stack は、クリエイティブ アプリケーションで作業しているコンテンツ クリエイターに最高の性能と信頼性をもたらすソフトウェアのセットです。このセットには、アプリケーション開発者向けの NVIDIA Studio SDK および API と、クリエイター向けの NVIDIA Studio ドライバーが含まれています。Studio SDK は、レンダリング、ビデオの編集と処理、2D ベクター アニメーションなどを加速させます。また、AI 開発の業界標準となっている CUDA-X™ AI プラットフォームを利用することにより、クリエイティブ アプリケーションの開発者は、画像のアップスケールや写真のタグ付あるいはビデオのカラーマッチングといった時間のかかる、繰り返しの作業を、AI を使って自動化することができます。

NVIDIA Studio ドライバーは、複数のアプリケーションを使うクリエイターのワークフローと、Adobe や Autodesk、Avid、Blackmagic Design、Epic、Maxon および Unity といったデベロッパーの主要クリエイティブ アプリケーションの複数のバージョンを想定した、広範囲にわたるテストを受けています。

Autodesk のシニア ソフトウェア開発マネージャーである、エリック ボーク (Eric Bourque) 氏は、次のように話しています。「クリエイターは、絶えず厳しい締め切りに直面しており、最新のハードウェアとクリエイティブ ツールを揃えることで、品質を損なわずに、プロジェクトを期限通りに完了させようとしています。私たちは、NVIDIA が Studio ドライバー プログラムを拡張して、最高レベルのサポートと性能を Arnold,3ds Max および Maya にもたらしてくれるのを楽しみにしています」

本日より入手可能な、最新の NVIDIA Studio ドライバーは、Autodesk Maya 2019 や Autodesk 3ds Max 2020、Blackmagic Design DaVinci Resolve 16、Daz3D Daz Studio などの主要なクリエイティブ アプリケーションの最新のリリースに最適なかたちで対応しています。

発売時期と価格
RTX Studio ノートPCは、6 月より、Acer や ASUS、Dell、GIGABYTE、HP、MSI、Razer といった大手 OEM メーカーを通じて入手することができます。価格は、1,599 ドルからとなっていますが、パートナーの設計、機能については地域によって異なります。

NVIDIA について
1999 年における NVIDIA (NASDAQ 表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピューター、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.com/ja-jp/

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

(1)
2019 年 5 月に NVIDIA が行った、16GB RAM、Intel Core i7-8750H CPU および GeForce RTX 2080 Max-Q を装備した RTX Studio ノートPCを、32GB RAM、Intel Core i9 CPU および Radeon Pro Vega 20 GPU を装備した 15 インチの MacBook Pro と比較した、性能テスト。GeForce RTX 2080 Max-Q laptop は、Maya+Arnold および REDCINE-X PRO を使用した場合、速度が 7 倍上回っていました。NVIDIA SOL 3D モデルを使ったMaya 2019 および Arnold 3.2.0.2 での Arnold のレンダリング時間が測定されました。8K 5:1 REDCODE RAW ビデオを使った、REDCINE-X PRO のビデオ再生 FPS が測定されました。

____________________________________

クリエイターの能力の大幅向上に寄与する NVIDIA Studio の価格、発売時期、性能、便益および能力、NVIDIA Studio、NVIDIA RTX Studio ノートPC、NVIDIA Studio ドライバーおよび Quadro RTX 5000搭載のノートPCを含む、NVIDIA の技術の便益、装備品、効果、能力、信頼性および性能、オンラインおよびスタジオで制作に携わっているクリエイターの数、NVIDIA Studio がレイ トレーシング、AI 処理ならびに高解像度の編集を可能にし、クリエイターの要求を完全に満たすこと、RTX Studio ノートPCが、出先でも性能を必要とするクリエイターにうってつけのツールであること、RTX Studio のバッジを受け、クリエイターが自らの要求に合ったノートPCを識別することを可能にする、NVIDIA GPU 搭載のノートPCの数とタイプ、Quadro RTX-5000 ノートPCによって、クリエイティブなワークフローならびにこれまで不可能であった大規模なモデルの使用が可能になること、Max-Q テクノロジの性能とそれによって可能になること、Adobe Creative Cloud を使っているクリエイターが求めていること、およびこれら人々が新しい RTX Studio ノートPCと NVIDIA の Studio ドライバーの登場に大喜びするだろうこと、NVIDIA の Studio ドライバー プログラムが拡張し、Autodesk 製品に最高レベルの対応と性能をもたらすことに対する喜び、NVIDIA Studio ドライバーの発売時期と対応範囲、ならびに RTX Studio ノートPCの発売時期と価格など、本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-K での当社のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある 場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2019 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIA ロゴ、GeForce、GeForce RTX、Quadro および Quadro RTX は米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション) の商標かつ/あるいは登録商標です。MAXQ は、Maxim Integrated Products, Inc. の登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更されることがあります。