Continental と NVIDIA、世界規模での AI 自動運転車の生産実現に向け協業

 
 

NVIDIA DRIVE AI 車載コンピューターと Continental のセンサーをベースとした、Continental の自動運転車向けシステムの 2021 年市場投入を目指す

カリフォルニア州サンタクララ/ドイツ、ハノーバー — (2018 年 2 月 5 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) と世界最大手の自動車テクノロジ企業の 1 つである Continental は、NVIDIA DRIVE™ プラットフォームをベースとする完全な AI 自動運転システムの開発に向けて提携することを発表しました。これにより、2021 年からの市場投入を目指します。

本提携では、レベル 2 の自動機能から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広い AI コンピューター システムの生産を実現します。

各社の専門エンジニアリング チームが共同で、NVIDIA DRIVE プラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進めます。DRIVE プラットフォームには、世界最高の性能を誇るシステムオンチップである NVIDIA DRIVE Xavier™ のほか、NVIDIA DRIVE OS (オペレーティング システム) や DRIVE AV (自動運転車向け) のソフトウェア スタックが搭載されます。

開発を目指すソリューションには、最も厳しい安全度水準「ASIL-D」に適合するシステム エンジニアリングやソフトウェア エンジニアリングで培った Continental の経験が活かされ、レーダー、カメラ、高解像度 3D Lidarをはじめとする同社の幅広いセンサー技術が組み込まれる予定です。

Continental の CEO であるエルマー デゲンハート (Elmar Degenhart) 氏は、次のように述べています。「未来のクルマは、検知、プランニング、運転代行を司る、走るコンピューターになるでしょう。複雑な自律走行を可能にするには、AI スーパーコンピューターの演算処理能力を最大限活用するほかありません。クラウドから自動車までカバーする、NVIDIA の AI 自動運転ソリューションのパフォーマンスと柔軟性があってこそ、当社は新たなレベルの安全性、快適性、パーソナライズ性を未来のクルマで達成できるのです。」

NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「これで、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサ、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、Continental の専門知識やグローバルな事業展開を融合させることで、自動運転車を全世界に普及させたいと考えています。」

Continental システムの頭脳となる NVIDIA DRIVE Xavier は、わずか 30 ワットの消費電力で 30 TOPS (毎秒 1 兆回の演算) を達成するディープラーニング性能を備えています。自動運転車が実行しなければならないタスクに必要な、膨大なデータを処理するには、Xavier のかつてないレベルの性能が欠かせません。それらのタスクには、ディープ ニューラルネットワークを実行して周囲の状況を検知する、環境を認識する、高精細地図上で車両の位置を特定する、他の物体の挙動や位置を予測する、車両力学を計算する、安全な進路を計画することなどが含まれます。

オープンな NVIDIA DRIVE プラットフォームによりコラボレーションが可能に
Continental と NVIDIA は、幹線道路での周囲 360 度の状況把握や自動車線変更、さらには車の合流機能といった高度な自動運転機能から着手する予定です。また、システムには、車両が地図上で自己の位置を特定できるように高精細地図を取り入れるほか、地図の更新機能を搭載します。

高度運転支援システムにおける Continental の専門知識によって、多機能カメラ、サラウンド ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー センサー、高解像度 3D Lidar技術に加え、支援運転/自動運転向け中央制御装置が統合されます。Continental の高度運転支援システムの売上は 2016 年に 12 億ユーロを突破し、2020 年には 25 億ユーロにまで成長すると見込まれています。

IHS Markit のリサーチおよびアナリスト ディレクターであるルカ デ アンブロッギ (Luca De Ambroggi) 氏は、次のように述べています。「NVIDIA との協業によって、Continental は高度運転支援システムにおけるリーダーとしての地位を超えて飛躍し、現在の NCAP 要件からレベル 5 に至るまで、幅広い自動運転車向けシステムを提供できるようになるでしょう。」

Continental について
Continental は、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業です。1871 年に創業し、車両、機械、交通、輸送向けに安全で効率的な、低コストのインテリジェント ソリューションを提供しています。2017 年には概算で約 440 億ユーロを売り上げ、現在 56 か国で 233,000 人以上の従業員を雇用しています。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

____________________________________

NVIDIA と Continental の提携の利点、影響、目標に関する記述、NVIDIA DRIVE と Xavier の利点および機能、Continental のテクノロジと AI、およびその自動運転技術とインテリジェント テクノロジの実用化能力に関する記述、ならびに Continental の 2020 年の売上予測に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレス リリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10 -Q の 2017 年 10 月 29 日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA のウェブサイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、NVIDIA DRIVE および Xavier は、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。