NVIDIA の外付け GPU、何百万ものアーティストやデザイナーに新たな創造力をもたらす

 
 

インタラクティブ レンダリング、VR、AI の開発がノートブックで実現

ロサンゼルス — SIGGRAPH 2017 — (2017 年 7 月 31 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、2,500 万人ものアーティストやデザイナーが、ノートブックの能力を簡単にアップグレードし、ビデオ編集、インタラクティブ レンダリング、VR コンテンツ制作、AI 開発などの新しいワークフローをサポートできるようになったことを発表しました。

プロのクリエーターでグラフィックスのパワーが不足している方は、GPU (eGPU) の外付けボックスを通じて NVIDIA TITAN X または NVIDIA Quadro® グラフィックス カードの能力を活用し、アプリケーションのパフォーマンスを大幅に増強できるようになりました。

NVIDIA のプロフェッショナル ビジュアライゼーション事業のバイス プレジデントであるボブ ペティ (Bob Pette) は、次のように述べています。「VR、フォトリアルなレンダリング、AI のワークフロー向けに、これまで以上にコンピューティング能力が必要とされていますが、モバイル システムはますます薄く、軽量化しているため、パフォーマンスとメモリーは制約を受けています。しかし、NVIDIA の eGPU を利用すると、この問題が解決できるようになりました。クリエーターの皆さまが当社の最も処理能力の高い GPU に接続すれば、最も高いグラフィック性能が要求されるアプリケーションで優れた作品を創作できます。」

Quadro グラフィックスは、アニメーション、カラー グレーディング、レンダリング用の高性能のコンテンツ制作アプリケーションや、CAD、シミュレーション アプリのユーザー向けに、eGPU 認定パートナーを通じて提供されます。認定プロセスにより、ユーザーは、Quadro eGPU ソリューションの互換性、信頼性、パフォーマンスを確実に手に入れられます。

プロシューマーが Autodesk® Maya® や Adobe® Premier Pro などのアプリケーションを利用して優れたパフォーマンスを確実に享受できるように、NVIDIA は、TITAN X をこれまでよりも高速にする、新しいパフォーマンス ドライバーもリリースする予定です。

Quadro eGPU ソリューションは、9 月から提供開始される予定です。Bizon、One Stop Systems/Magma、Sonnet の他、さらに多くの認定パートナーを通じて提供されます。

NVIDIA は、ロサンゼルス コンベンション センターで開催されている SIGGRAPH ACM コンピューター グラフィックス カンファレンスにおいて、TITAN Xp ドライバーと新たな機能を備えた Quadro eGPU ソリューションにより実現された、新しい機能やパフォーマンスの強化に関するデモを実施しています。#403 ブースのハンズオンデモにぜひお立ち寄りください。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

____________________________________

NVIDIA eGPU の影響、利点、可用性に関する記述、eGPU パートナーの認定の影響に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティーに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-K の 2017 年 4 月 30 日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA のウェブサイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2017 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴおよび Quadro は、NVIDIA の商標あるいは登録商標です。その他の企業名および製品名は、それぞれ各社の商標である可能性があります。機能や価格、供給状況、仕様は、予告なく変更される場合があります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。