Back
追加情報

NVIDIA® Unified Driver Architecture (UDA)

 
 

NVIDIA統合ドライバアーキテクチャ(UDA)は会社の受賞したドライバの基礎であり、NVIDIAデスクトップ、ワークステーション、モバイル、プラットフォーム、マルチメディアプロセッサのすべての実装を越えて上位互換性と下位互換性を提供しています。 ドライバが1つのため、UDAでは現在のパフォーマンスを維持しながら将来の向上を図り、保守時間を短縮し、拡張性を高め、総所有コストを抑えることができます。

UDAのメリットには、以下が含まれます:

  • 保守時間と総所有コストの削減:企業全体で使用するUDAドライバが1つしかないため、管理し、設定し、インストールするドライバは1つで済みます。
  • 継続的向上: NVIDIAでは、UDAドライバに詳細な機能とパフォーマンスを追加しています。 これにより、追加コストなしに古いプロセッサで多くの機能を使用したり、高速で実行させたりすることができるようになります。
  • ハードウェアとドライバの競合を削減: ドライバはすべてそれ以前のあらゆる製品でチェックされ、新製品も古いドライバでテストされます。
  • 向上した拡張性: グラフィックスソリューションがNVIDIAハードウェアとUDAドライバをベースとしているとき、製品のアップグレードや新しいハードウェアの追加は単純化されます。

上位OEMは、自社のコンピュータソリューションのラインとして、代々のNVIDIAグラフィックスおよびプラットフォームプロセッサを選択しています。 彼らはNVIDIAのテクノロジの長所、当社のソリューションの安定性、UDAを通した管理のしやすさへの献身ぶり、驚くべき低価格で素晴らしいパフォーマンスを実現するための努力を認めています。