富士フイルム、NVIDIA DGX-2 スーパーコンピューターを国内で初導入、ヘルスケアや高機能材料開発等の分野で AI の研究開発を加速

 
 

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、このたび富士フイルムがヘルスケアや高機能材料開発等の分野での AI 技術開発を加速するために、日本で初めて NVIDIA DGX-2™ AI スーパーコンピューターを導入することを発表いたします。

富士フイルムでは複数の NVIDIA DGX-2 を構築し、新たなスーパーコンピューティング クラスターを導入いたします。それぞれの DGX-2 に搭載された 16 基の NVIDIA Tensor コア V100 GPU は NVSwitch™ と呼ばれる NVIDIA の革新的な AI ネットワーク ファブリックにつながっていて、2.4TB/秒のスループットを提供します。

新しいディープラーニング モデルの開発、テスト、デプロイ、拡張をすばやく行えるようにするために設計された NVIDIA DGX-2 は、ヘルスケアをはじめ様々な分野におけるコンピューティングの限界を押し広げ、AI の研究と実装を加速させます。

エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝は、次のように述べています。「メディカル ケアの精度の向上と拡充は、社会における最大級の課題です。医療画像システム分野での富士フイルムの専門技術と、AI 分野における NVIDIA の最先端の取り組みが組み合わされば、インテリジェントな医療画像システムのブレークスルーとなるアプリケーションの開発と導入が著しく促進されることを確信しています」

富士フイルムの 取締役執行役員 チーフ デジタル オフィサーである依田章氏は、次のように述べています。「当社では様々な事業分野で AI を活用しています。例えば、医療分野では、画像診断を支援する AI 技術の開発において、複数の NVIDIA GPU による高速演算を実現してきました。今回の AI スーパーコンピューターの導入により、処理能力が大幅に増強され、従来は数日間を要していた AI の学習時間が数時間以下に短縮されることが期待されます」

富士フイルムは、ヘルスケア事業として、医療画像の解析・認識技術を搭載した医療機器・サービスを提供するメディカル システムや、医薬品、バイオ CDMO、再生医療事業などを手がけています。また、ディスプレイ材料やファイン ケミカルなどの高機能材料の開発においては、コンピューターを用いたシミュレーションなど計算科学を活用して材料を設計しています。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、www.nvidia.com/ja-jp/ をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-K での NVIDIA のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA ロゴ、NVIDIA DGX-2、 および NVSwitch は、米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション) の商標かつ/あるいは登録商標です。その他の会社名や製品名についても、それらに関連付けられる各会社の商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。