製品情報
Product Links
Additional Info
  • 高解像度デモ・コラージュ

    高解像度によるGeForce 8800 デモのすべてをご覧ください (720p 122MB)

  • 究極のゲームプラットフォーム

    NVIDIA GeForce 8800 GPUs と NVIDIA nForce 600 シリーズ MCPs

  • Windows 7
  • PureVideo HDテクノロジ

    より長いバッテリ寿命のために電力消費をより低くしつつ、ノートブックでの究極なHD映像体験を実現します。

  • Extreme HD

    通常の高精細 (HD) の枠を超える、Extreme High Definition (XHD) で、究極のワイドスクリーン、NVIDIA® GeForce®グラフィックス・プロセッシング・ユニット (GPU) が実現する超高解像度のPCをご体験ください。

 
 

NVIDIA GeForce: Reviews & Editorials

4Gamer.net: NVIDIA、65nmプロセスの普及版ハイエンドGPU「GeForce 8800 GT」を発表
秋葉原のPCパーツショップに対する4Gamerの取材によれば,先に販売が始まる前者は,3万円台半ばから後半の価格設定になる見込み。一方の256MBは2万円台での登場は間違いなく,GeForce 8シリーズ最上位機クラスの性能が,この価格で入手できるのは非常に魅力的だ。

DirectX 10/SM4.0対応ゲームタイトルは,まだその数こそ少ないものの徐々に出てきており,とくに2007年11月下旬に国内発売される「Crysis」は,DirectX 10時代の本格展開を予感させるタイトルとして注目されている。3Dゲーマーを中心に少しずつDirectX 10への関心が高くなりつつある現在は,DiretX 10というゲームプラットフォームの本格始動時期に相当するといえ,その意味でGeForce 8800 GTは待望の製品といえそうだ。

4Gamer.net: ゲームによってはGTX並み! 衝撃の「GeForce 8800 GT」パフォーマンス速報
3DMark06のベンチマークテストをまとめた結果、GeForce 8800 GTのスコアは非常に良好だ。描画負荷の低い「標準設定」では、GeForce 8800 GTXに迫るところまで来ており、さらに、「高負荷設定」でもGeForce 8800 GTSに大差を付けている。ゲームによってはGeForce 8800 GTXに近いパフォーマンスを発揮するだろう。また、GeForce 8800 GTの消費電力はGeForce 8800 GTSを確実に下回っており、65nmプロセスルールを採用した効果は確実にある。グラフィックスカードの予想実売価格が3万5,000円台半ばから3万円台後半で、コストパフォーマンスの高さに疑いの余地はない。

ITmedia: これぞ真の“ド級”GPU──GeForce 8800 GTで「Crysis」ベンチマークを動かす
GeForce 8800 GTが、同価格帯のGeForce 8800 GTSを完全に引き離しており、Radeon HD 2000シリーズの最上位モデルであるRadeon HD 2900 XTに対しても、GeForce 8800 GTは多くの局面で優勢である。また、NVIDIA SLI構成はWindows Vista、およびDirectX 10の環境でも利用できる状況が整ってきたように思える。3DMark06をはじめとしたいくつかのゲームタイトルによってはWindows VistaでもNVIDIA SLIが有効に働くことが確認できた。

GeForce 8800 GTの性能と価格は、ゲームユーザーをターゲットにした、実売価格2万円台から6万円台というボリュームゾーンにあるGPUの大部分を「無意味」にしてしまうほどのインパクトをユーザーに与えるはずだ。つまり、GeForce 8800 GTは絶対性能においても価格性能においても、5万円から6万円台のグラフィックスカードから突出した性能を見せ、実売価格7万円台が主流の GeForce 8800 GTXに手が届かんばかりのパフォーマンスを発揮する、実に驚異的なGPUだ。

PC Watch: NVIDIA GeForce 8800 GT速報レビュー
3DMark06のテスト結果を見てみると、GeForce 8800 GTはほとんどの状況で、GeForce 8800 GTXに肉薄する数値を出しており、SM2.0ではGTXを若干ながら上回る場合すらある。以上の結果を見ると、GeForce 8800 GTは、まず絶対性能の面において、最新のDirectX 10対応ゲームを最高画質環境で遊ぶのに十分な性能を持っているといえる。

この年末以降、DirectX 10対応のビッグタイトルが相次いで発売となる中で、GeForce 8800 GTは有力な選択肢となるだろう。

PC Watch: NVIDIA、1スロットのハイエンドビデオカード「GeForce 8800 GT」
パフォーマンスに関しては、最新ゲームを2,560×1,600ドットの解像度でプレイしたときに、30fps以上が出せる点がアピールされている。また、Radeon HD 2900 XTとの比較でも高いパフォーマンスを出すとしている。アイドル時の省電力化を行なうパワーマネージメント機能を付加。

PureVideo HDもVP2へと進化し、ビデオ再生関連の機能も強化されている。Windows Vista上でのパフォーマンスがすでにXPのときと遜色ないレベルに向上している。価格の面でも、スイートスポットを埋める画期的な1スロット製品だ。

Akiba PC Hotline: GeForce 8800 GTカード発売、65nm製造で1スロット仕様 各社から一斉に発売、 実売価格は3万円後半
GeForce 8800シリーズは2スロット占有という扱いづらさや発熱の多さ、価格の高さからから敬遠されることも多かったが、今回の「GT」によりこれらの多くが改善されたかたちになる。僚誌PC Watchのレビューでも、コストパフォーマンスの高さは折り紙付きとされており、今後の人気製品になっていくことは間違いなさそうだ。

Mycom Journal: NVIDIA GeForce 8800 GTの全貌
GeForce 8800 GTはPCI-Express 2.0およびPureVideo HD VP2に対応する。占有スロットは1スロットのみで、省スペース仕様となった。GeForce 8800 GTX/Ultraでは2スロット占有していたが、GeForce 8800 GTはその半分となり省スペース仕様となった。また、GeForce 8800 GTは、DirectX 10世代/SM4.0対応GPUのハイエンドパフォーマンスをより多くのユーザーへ普及させる意図を持った非常に戦略的な製品だ。

より高いDirectX 10/SM4.0パフォーマンスが要求されるこのタイミングで、手の届く価格帯でハイパフォーマンスなGPUが発売されるのは、PCゲームファンにとってはまさに「渡りに船」といった境遇だ。GeForce 8800 GTはヒット商品となる予感がする。

Mycom Journal: NVIDIA、「GeForce 8800 GT」発表 - 200ドル台前半にハイエンド性能
GeForce 8800 GTには、65nm製造プロセスが採用され、GeForce 8800シリーズの従来製品よりも効率的に動作する。同シリーズで初めて、リファレンスカードがシングルスロット仕様となっている。

上位モデルの8800 Ultra/ GTXと比べても遜色のない仕様となっている。第2世代のPureVideo HDを搭載しており、Blu-rayまたはHD DVDムービーを、より快適に楽しめる。