NVIDIA、Gelatoソフトウェアの最新版によって、リアルタイム水準のレンダリング性能を実現

 
 
先進のライティング技術からマルチGPU対応のファイナルフレーム・レンダリングまで、各種技術を通じ、期待に応えるパフォーマンスを実現

New rendering features in NVIDIA Gelato 2.2 software are highlighted in NVIDIA's first animated short film "The Plush Life."

2007年8月8日—制作作業の中に、3Dクリエイティビティや最高のパフォーマンスが要求されるタスクが含まれている場合、レンダリングは不可欠な作業となります。アニメーションや視覚効果から自動車、建築設計に至るさまざまな分野で、クリエイティブ・ワークフローを最も素早く合理化するには、画質を犠牲にすることなく、レンダリングのスピードを通常のインタラクティブ作業の水準にまで高速化しなければなりません。NVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は、こうした課題に応えるため、リアルタイムに近い高品質の次世代レンダリング製品を発表し、60フレームの複雑なシーンのリライティングを60秒間で処理するというパフォーマンスの向上によって、大きな前進を成し遂げました1。GPUアクセラレーテッド・ソフトウェア・レンダラーであるNVIDIA® Gelato®の最新版と、NVIDIA Quadro®ビジュアル・コンピューティング・システム(VCS) Model S4 1Uグラフィックスサーバーの発表による先進技術は、NVIDIAが高性能レンダリング分野の技術的リーダー企業であり続けていることを裏付けるものです。

高速かつインタラクティブなワークフローによって、3D視覚効果やアニメーションに素早く変更を加えることは、これまでのレンダリング作業では至高の目標となっていました。映画をはじめ、最高のビジュアル品質が要求されるアプリケーションで使用されるような高品質のフレームを追加した場合、レンダリングに時間を取りすぎてしまうため、これをインタラクティブ・ワークフローに組み込むことは作業の鈍化を招いていました。

しかし、これはもはや過去の話です。NVIDIAは現在、SIGGRAPH 2007会議で次世代レンダラーの一部となる新技術のプレビューを行っています。これは、NVIDIA GPUの処理能力をフルに活用することで真にインタラクティブなワークフローを実現し、高品質シーンのリライティングを約1秒で処理するというものです。さらに、これは放送品質のフレームの高速ファイナルレンダリングにも使用することができます。この技術は、最新のNVIDIA GPUアーキテクチャ上で動作し、従来のソフトウェア・レンダリング・ソリューションの100倍以上のレンダリング性能を実現することができます1。GPUを使用し、CPUによるレンダリング性能を強化することで、プロフェッショナル品質でインタラクティブなファイナルフレーム・レンダリングが実現します。これによって、制作ワークフローが高速化し、レビューや認証のサイクルが向上するほか、全体的な制作スケジュールが短縮されます。

NVIDIAでは、現在提供中の最新のレンダリング・ソフトウェアであるNVIDIA Gelato 2.2の展示も行っています。NVIDIA Gelato 2.2は、パフォーマンスの大幅な向上を実現するとともに、レイトレーシングされた反射の高速化、より正確な表面下散乱、テクスチャ変換の強化、Autodesk® Maya® Hair機能のサポート向上など、数多くの新機能を搭載しています。上記に加えて、Gelato 2.2レンダリング・ソフトウェアは、ユーザインターフェースの向上やデータのエクスポート機能、Mayaバッチ・レンダリングの強化などの機能を備えています。Autodesk MayaやAutodesk 3ds Max®に代表される、アニメーション、ゲーム開発、CAD、インダストリアル・デザイン、建築向けの3Dソフトウェア・アプリケーションでは高品質のレンダリングが要求されますが、Gelatoはこうしたアプリケーションに最適です。

SIGGRAPH 2007では、最新の1U GPUサーバ製品となるQuadro Plexビジュアル・コンピューティング・システム(VCS) Model S4の発表も行っています。4つのQuadro FX 5600 GPUを1Uの筐体に収めることが可能となり、Gelatoのレンダリングに必要なグラフィックプロセッサをレンダーファームに置くことは、かつてないほど容易になりました。

また、NVIDIAデジタル・フィルム・グループによる最新のアニメーション3Dショートフィルム、「The Plush Life」では、Gelato 2.2による先進のレンダリング機能が多数紹介されており、Gelatoソフトウェアが実現可能な最新のヘア/ベルベット・シェーダ技術と卓越した画質に注目することができます。「The Plush Life」は、www.nvidia.com/gelatozoneで視聴することができます。

基本版のGelato 2.2は現在、www.nvidia.com/gelatozoneより無償でダウンロードすることができます。また、先進のレンダリング機能を搭載し、高い拡張性を実現したGelato Pro 2.2(価格:1,500ドル)を使用すれば、プロフェッショナルの制作作業に対応することも可能です。Gelato Pro 2.2には、複数購入による割引価格やアカデミック版が用意されています。

Gelato 2.2とGelato Pro 2.2は現在、NVIDIA GeForce 5200以降のGPUとQuadroプロフェッショナル・グラフィックス・ソリューションを搭載したWindows XPとLinuxのオペレーティングシステムに対応しています。Gelato Proは、NVIDIA Quadroソリューション上で使用した場合のみ、認証とサポートの対象となります。

1 NVIDIA Quadro 4600グラフィックス、2.2GHz動作のデュアルAMD Opteronプロセッサ、2GBのCPU RAMによって構成されたワークステーションによるパフォーマンス・ベンチマークテスト。Gelato 2.2と最新のベータ版でテストを実施。サンプルシーンのリライティングで比較したところ、ベータ版は150倍の高速パフォーマンスを達成。


NVIDIAについて

NVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア・プロセッサにおける世界的リーダーです。同社のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)とMCP(メディア・アンド・コミュニケーション・プロセッサ)およびHandheld GPU(ハンドヘルドGPU)は、幅広い市場で採用されており、一般消費者向けおよび企業向けPC、ノートPC、ワークステーション、PDA、携帯電話、ビデオゲーム機など様々なコンピューティング・プラットフォームに組み込まれています。NVIDIA GeForce, NVIDIA GoForce, NVIDIA Quadro, NVIDIA nForce といった製品群は、ビデオゲーム機、映画製作、放送、インダストリアル・デザイン、宇宙探査、医療画像のアプリケーションを変貌させつつあります。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、従業員数は世界で4,000人を超えます。詳細については//www.nvidia.com あるいは日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧下さい。

NVIDIA Gelato 2.2, NVIDIA Gelato Pro 2.2, NVIDIAの新レンダリング技術、Quadro Plexビジュアル・コンピューティング・システムModel S4 の利点、用途、影響、性能、特長に関する
記述、ならびに価格や出荷時期・状況に関する情報についての記述を含め(ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースに記載されている記述の中には将来予測的な
ものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。
このようなリスクと不確実性には、新製品の生産立上げ遅延、ソフトウェアや製造上の欠陥、製品の製造や納入の遅延、競合他社による新製品・新技術の開発、システムビルダー各社が
NVIDIAの製品や技術を組み込む際の予期しない性能低下、新技術や新製品の受け入れや使用の継続、競合製品や価格設定上の選択的要素の影響、業界規格やインターフェイスの変化、ならびに、2007年4月29日を末日とする四半期に関するForm 10-Qを含め、NVIDIAが米国証券取引委員会(SEC)に提出する報告書に適宜記載されるその他の要因を含みます
(ただし、これらに限定されません)。
SECに提出されている報告書はNVIDIAのウェブサイトに掲載されており、NVIDIAから無料で取得できます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基づくものであり、将来の業績を保証するものではありません。NVIDIAは、法律上義務づけられている場合を除き、将来の出来事や状況を反映させてこれらの将来予測的な記述を更新する一切の義務を負いません。

本案件に関するお問合せ先: 

エヌビディア
マーケティング本部 広報/マーケティング・コミュニケーションズ
中村
Emailアドレス: knakamura@nvidia.com
Tel: 03-6743-8712  Fax: 03-6743-8799

エヌビディア広報事務局
共同PR株式会社  武内 / 渡部
Emailアドレス:n-takeuchi@kyodo-pr.co.jp / hi-watanabe@kyodo-pr.co.jp
Tel: 03-3571-5326  Fax: 03-3574-0316




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。