NVIDIA、世界初のインタラクティブなレイトレーシング・エンジンを発表

 
 
NVIDIA OptiXエンジンが画期的なアプリケーション・アクセラレーション・エンジンの 製品群に追加
OptiX-Billiards
SceniX-RT-Toyota
Image courtesy of Realtime Technology AG

SIGGRAPH 2009、ニューオーリンズ - 2009年8月4日 - GPUコンピューティングのリーダーであるNVIDIAは本日、NVIDIA® OptiX™レイトレーシング・エンジンが、ソフトウェア・デベロッパ向けのアプリケーション・アクセラレーション・エンジンの製品群の一部となったことを発表しました。NVIDIAアプリケーション・アクセラレーション・エンジンは、開発時間を短縮しながら、高価値で高性能な機能をアプリケーションに組み込むことを容易にします。

SIGGRAPH 2009で発表されたNVIDIAアプリケーション・アクセラレーション・エンジンは以下の通りです。

  • リアルタイム・レイトレーシング向けNVIDIA® OptiX™エンジン
  • 3Dデータとシーンの管理向けNVIDIA® SceniX™エンジン
  • 複数のGPUにおいて性能をスケーリングするためのNVIDIA® CompleX™エンジン
  • リアルタイムで、ハイパーリアリスティックなフィジカル・エフェクトや環境効果向けNVIDIA® PhysX® 64ビット・エンジン

GPUを利用する世界初のインタラクティブ・レイトレーシング・エンジンとして、NVIDIA OptiXエンジンは、プログラム可能なレイトレーシング・パイプラインとなっています。同エンジンは、従来のCプログラミングを使用して、ソフトウェア・デベロッパが新しいレベルのリアリズムを容易に実現させることを可能にします。NVIDIA® Quadro®プロセッサの超並列演算能力を利用することによって、OptiXエンジンは写真のようにリアルな描写のレンダリング、自動車のスタイリング、音響設計、光学シミュレーション、体積計算、放射線研究など、さまざまな専門的分野において利用されるレイトレーシングをアクセラレートしています。アプリケーション・デベロッパは、デザイナー、エンジニア、研究者にとって可能な事柄を再定義するOptiXエンジンを利用しています。

Jon Peddie Researchの創立者兼社長であるジョン・ペディー(Jon Peddie)氏は、次のように述べています。「1年で、NVIDIAは、GPUレイトレーシングが可能であることを実証し、すべての人に利用可能なものとしました。反射の動きや表面、ガラス内での屈折を分析するなどの複雑な設計作業も、Quadroプロセッサ上で動作するOptiXアクセラレーション・エンジンを利用することで、リアルタイムに分析することができます。これは、デベロッパやデザイナーにとって、驚くべきマイルストーンです。」

NVIDIAのプロフェッショナル・ソリューション・グループ担当ゼネラル・マネージャーのジェフ・ブラウン(Jeff Brown)は、次のように述べています。「現在、数千にも及ぶアプリケーションが驚異的なGPUの能力を利用して作成されており、これはGPUコンピューティングが大きな転換点にあることの明らかな証拠となっています。コンピューティングの世界は、CPU上におけるホスト・バウンドの処理から、GPUとCPUにおけるバランスのとれた共同処理に変換しています。NVIDIAアプリケーション・アクセラレーション・エンジンは、リアルタイムのグラフィックスと高度なデータ分析を、さらに変革するために必要なツールをデベロッパに提供します。」

NVIDIA SceniXシーン管理エンジンは、リアルタイムで、プロフェッショナルな3Dグラフィックス・アプリケーションを要求するインタラクティブなコアを提供します。RTT DeltaGenやAutodesk Showcase、Anark Media Studioなどの主力製品、または高度なビジュアライゼーション、シミュレーション、放送グラフィックス、医療イメージやエネルギー開発など、さまざまなインハウス・ツールで利用するにしても、デベロッパはSceniXエンジンを、3Dデータで管理し、リアルタイムかつ高い忠実度で結果を伝えるためのインタラクティブなフレームワークとして期待できます。

NVIDIA CompleXシーン・スケーリング・エンジンは、アプリケーションが非常に大きく複雑なモデルを作業しているときに、インタラクティビティを維持することを可能にします。Quadro Plexビジュアル・コンピューティング・システム内の複合メモリと複数のGPUの処理能力を自動的に利用することにより、CompleXエンジンを利用するアプリケーションは、ユーザがすべてのデータを断片的ではなくフル・コンテキストで調査し、ビジュアル化することを可能にします。

NVIDIA PhysX 64ビット・フィジックス・エンジンは、プロフェッショナル・アプリケーションに非常にリアルなフィジックスをリアルタイムで提供します。コンピュータ・ゲーム業界において実績と人気があるソリューションである64ビット・バージョンのPhysXは、データやモデルの物理的性質を精査し、作業に活気を与えることを望んでいるエンジニア、デザイナー、アニメータに対して、非常に大きなデータ・セットにおける、極めて正確な計算を可能にします。

バーチャル・エンジニアリング・ソリューションの世界的大手企業であるICIDOにおいて最高執行責任者を務めるクリスチャン・マッゼン(Christian Matzen)氏は次のように述べています。「SceniXアクセラレーション・エンジンは、自動車のスタイリング業界における当社の成功に関して重要な役割を担ってきました。SceniX内にOptiXを簡単に統合することができたことと、驚嘆すべきビジュアルの結果により、当社はインタラクティブなレイトレーシングを、今年の後半には設計を扱う顧客の皆様に提供することを計画しています。」

エネルギー業界のビジュアライゼーションの必要に応えるノルウェーの開発企業であるStormfjordにおいて研究開発ディレクターを務めるトロルフ・ホーン・トンジュム(Thorolf Horn Tonjum)氏は次のように述べています。「StatoilHydroのような顧客の皆様の膨大なデータ・セットに対応するために、CompleXエンジンは当社のアプリケーションにとって必要不可欠なものとなってきました。当社のシーン・グラフを動作させるためにSceniXエンジンを利用することにより、10GBのシーン向けにナビゲーションをスムーズに維持するために、当社は簡単にCompleXエンジンを組み込むことができました。また、沖合の石油掘削機が必ず直面する問題を研究するために、PhysX 64ビット・エンジンも組み込みました。NVIDIAが提供するこれらのエンジンは当社の製品を高速化するだけでなく、当社の製品化までの時間も短縮させることができます。」

NVIDIAは、今週ニューオーリンズで開催されるSIGGRAPH 2009のカンファレンスおよびエキシビション(ブース 番号:2101)において、新しいアプリケーション・アクセラレーション・エンジンの製品群を紹介する予定です。SIGGRAPHにおけるNVIDIAの詳細情報については、//www.nvidia.com/object/siggraph_2009.htmlをご覧ください。

NVIDIAのアプリケーション・アクセラレーション・エンジンに関する詳細情報については、 //www.nvidia.co.jp/enginesをご覧ください。

価格と出荷時期
NVIDIAアプリケーション・アクセラレーション・エンジンは、無償でNVIDIA Developer Zoneから入手可能です。SceniXおよびCompleXエンジンは、//developer.nvidia.com/page/home.htmlからダウンロードできます。OptiXおよびPhysX 64ビット・エンジンは、2009年の秋に入手可能になります。リリース前のOptiXエンジンを利用した、インタラクティブなレイトレーシングの実例を//developer.nvidia.com/object/optix-examples.htmlからダウンロードでき、NVIDIA Quadro FXプロセッサで実行できます。

NVIDIAについて

NVIDIAは、ワークステーション、PC、ゲーム機およびモバイル機器において、驚異的かつインタラクティブなグラフィックなグラフィックスを作り出すハイパフォーマンス・プロセッサ(GPU)を開発した、ビジュアル・コンピューティングテクノロジの世界的リーダー企業です。エンタテイメントや一般消費者マーケット向けにはGeForce®製品、プロフェッショナルデザインやビジュアリゼーション・マーケット向けにはQuadro®製品、そしてハイパフォーマンス・コンピューティング・マーケット向けにはTesla™製品を提供しています。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、アジア、ヨーロッパ、アメリカのあらゆる地域にオフィスを設けています。より詳しい情報については、www.nvidia.comあるいは日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧ください。

本参考情報に記載されている記述の中には、NVIDIA Quadro GPUおよびNVIDIA アプリケーションアクセラレーションエンジンに関する利点、特徴、影響および性能など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクと不確実性に関してはこれらに限らず、より効率かつ迅速な技術開発、デザイン、製造、あるいはソフトウェアの欠陥、技術開発および競合による影響、ユーザの嗜好および需要の変化、競合製品のユーザの採用、業界標準およびインターフェースの変更、システムを統合する際の当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスの損失などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-Kの2009年4月26日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基くものであり、NDIVIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

 

本案件に関するお問合せ先: 

エヌビディア
マーケティング本部 広報/マーケティング・コミュニケーションズ
中村
Emailアドレス: knakamura@nvidia.com
Tel: 03-6743-8712 Fax: 03-6743-8799

エヌビディア広報事務局
共同PR株式会社  武内 / 渡部
Emailアドレス:n-takeuchi@kyodo-pr.co.jp / hi-watanabe@kyodo-pr.co.jp
Tel: 03-3571-5326 Fax: 03-3574-0316




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。