ドライバーダウンロード
 

Linux Display Driver - x86

 
 

バージョン:

304.32 BETA

リリース日:

2012.08.07

オペレーティングシステム:

Linux

言語:

Japanese

ファイルサイズ:

37.4 MB

ダウンロード

リリースハイライト
製品サポートリスト
追加情報
  • 2012年8月1日に報告された権限昇格の脆弱性に対するホットフィックスを実施しました。さらに詳しいことにつきましては、以下をご覧ください。
  • //nvidia.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/3140

  • Enemy Territory: Quake Wars 及びBraidなど、DirectColorビジュアルを使用するアプリケーションが、正しい色ではなく、青い色の影を表示する原因となっていたバグを修正しました。
  • 実際にはスクリーンのサイズを変更しないリクエストを無視するように、RRSetScreenSizeのリクエストの取扱いを修正しました。これにより、GNOMEを使用した場合に一部の事例で生じる画面のチラつきが低減されます。
  • 新しいオプション、”--disable-nouveau”をnvidia-installerに追加しました。このオプションは、nvidia-installerによってNouveauが検出されたときに、デフォルトで選択される動作を変更します。"--disable-nouveau"オプションが設定されている場合には、デフォルトでは、Nouveauが検出されたときに、Nouveauを無効にするように試みます。設定されていない場合には、リクエストがない限り、このような試みは行われません。

多くのLinuxディストリビューションは、独自のNVIDIA Linuxグラフィックスドライバパッケージをネイティブパッケージ管理フォーマットで提供しています。これは、NVIDIAの公式パッケージよりも、お使いのディストリビューションの他のフレームワークとより相互的に作用することがありますので、その場合はこちらをご利用ください。

また、SuSEユーザは、ドライバをダウンロードする前に、SuSE NVIDIAインストーラHowTo を良くお読みください。

インストールガイド:ドライバをダウンロードしたら、ドライバパッケージを含むディレクトリに変更し、sh ./NVIDIA-Linux-x86-304.32-pkg1.runをルートとして起動し、ドライバをインストールします。

最後のインストール段階の1つが、Xコンフィギュレーションファイルのアップデートを提供します。このアップデートを承認、もしくはXコンフィギュレーションファイルを手動で編集すると、NVIDIA Xドライバが使われるか、またはnvidia-xconfigを起動します。

より詳細なガイドについては、READMEをご覧ください。