ドライバーダウンロード
 

Linux Display Driver - x86

 
 

バージョン:

310.40 Certified

リリース日:

2013.03.08

オペレーティングシステム:

Linux

言語:

Japanese

ファイルサイズ:

37 MB

ダウンロード

リリースハイライト
製品サポートリスト
追加情報
  • 以下のGPUのサポートを追加:
    • Quadro K4000
      Quadro K2000
      Quadro K2000D
      Quadro K600
      GeForce G205M
      GeForce GT 240M LE
      GeForce 405M
      GeForce 610
      GeForce 615
      GeForce 620M
      GeForce GT 625M
      GeForce GT 625 (OEM)
      GeForce GT 635
      GeForce 705M
      GeForce 710M
      GeForce GT 710M
      GeForce GT 720A
      GeForce GT 730M
      Tesla X2070
      Tesla S2050
      Tesla K20s

  • 多くのモニターを用いる幾つかのステレオ設定でフレームロックを確立するために必要とされる時間を短縮。
  • ある状況において、glXSwapIntervalEXTスワップ間隔値をゼロに設定することができなかったバグを修正。

多くのLinuxディストリビューションは、独自のNVIDIA Linuxグラフィックスドライバパッケージをネイティブパッケージ管理フォーマットで提供しています。これは、NVIDIAの公式パッケージよりも、お使いのディストリビューションの他のフレームワークとより相互的に作用することがありますので、その場合はこちらをご利用ください。

また、SuSEユーザは、ドライバをダウンロードする前に、SuSE NVIDIAインストーラHowTo を良くお読みください。

インストールガイド:ドライバをダウンロードしたら、ドライバパッケージを含むディレクトリに変更し、sh ./NVIDIA-Linux-x86-310.40-pkg1.runをルートとして起動し、ドライバをインストールします。

最後のインストール段階の1つが、Xコンフィギュレーションファイルのアップデートを提供します。このアップデートを承認、もしくはXコンフィギュレーションファイルを手動で編集すると、NVIDIA Xドライバが使われるか、またはnvidia-xconfigを起動します。

より詳細なガイドについては、READMEをご覧ください。