次世代の VR ヘッドセットを PC や他のデバイスと接続を可能にするオープンな新業界規格を発表

 
 

VirtualLink の高帯域かつシンプルな単一の USB-C コネクタがリッチな VR 体験を推進

カリフォルニア州サンタクララ — 2018 年 7 月 17 日 — NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、Microsoft が参画/推進する新しい業界コンソーシアムは、VirtualLink™ 規格を発表しました。本規格は、多種複数のコードやコネクタを使用することなく、単一の高帯域 USB Type-C™ コネクタのみで、次世代 VR ヘッドセットを PC やその他のデバイスへ接続を可能にするオープンな業界標準です。

USB-C のオルタネート モードである、この新しい接続方法は、VR 導入における重要な課題を回避することで、VR 設定の簡素化とセットアップ スピードの改善を実現します。薄型で軽量のノートブック PC などのポートが少ない小型のデバイスでも没入型の VR 体験を可能にします。

次世代の VR 体験の実現のため、ヘッドセットは、これまで以上のディスプレイ解像度を提供すると共に、トラッキングと拡張現実 (AR) 向けに高帯域幅カメラを搭載する必要があります。VirtualLink は、VR ヘッドセットとの接続に、将来的なニーズの変化に合わせて拡張可能な 4 つの高速 HBR3 DisplayPort レーンと、高解像度カメラおよびセンサー用 USB3.1 データ チャネルをサポートし、最大 27 ワットの電力を提供します。

他の接続方法とは異なり、VirtualLink は VR 専用に開発されています。ヘッドセットおよび PC メーカーが次世代の VR 体験を提供できるように、遅延と帯域幅への要求に最適化されています。

本コンソーシアムは、VirtualLink 1.0 仕様の発表に先立ち、VirtualLink 規格の概要を公開することをこの度併せて発表しました。VirtualLink の詳細は、こちらのリンクにてご確認ください。www.VirtualLink.org.

業界リーダーたちがサポート

VR の主要企業による新しい規格についてのコメント:

NVIDIA、ゲームおよび VR 担当ジェネラル マネージャー、ジェイソン ポール (Jason Paul) は次のようにコメントしています。「現実をシミュレートするには、卓越した視覚的忠実度と処理能力が求められます。VirtualLink は単一の高帯域ケーブルによって PC の可能性を最大化することで、すばらしい VR 体験を実現します」

Oculus、Rift 部門責任者、ネイト ミッチェル (Nate Mitchell) 氏は次のようにコメントしています。「Oculus では、誰でも簡単に体験できる VR を開発することに全力を注いでいます。高性能 PC で VR を体験するための障壁を取り除くには、統一された接続ポイントが必要不可欠です。我々は、VR 専用の VirtualLink テクノロジの発表によって、VR 業界を次のフェーズへとさらに前進させられると期待しています」

Valve、ピエール ルー グリフィス (Pierre-Loup Griffais) 氏は次のようにコメントしています。「我々は、コンソーシアムにおける協力体制によって、ユーザー エクスペリエンスを強化すると共に、すべてのデベロッパーやハードウェア メーカーの可能性を拡大できることを期待しています」

Microsoft の Mixed Reality のジェネラル マネージャ、スコット エヴァンス (Scott Evans) 氏は次のようにコメントしています。「Microsoft は VirtualLink の当初から参加しており、Mixed Reality を含む Windows の新たなエクスペリエンスの実現に向けた新しい業界標準のアプローチを支持しています」

VirtualLink について
VirtualLink は、業界をリードするシリコン、ソフトウェア、およびヘッドセット メーカーのグループによって共同開発された VR の業界標準接続規格です。 VirtualLink では、次世代の VR ヘッドセットを、単一の高帯域 USB Type-C™ コネクタを使用して PC または他のデバイスと接続することができます。 VirtualLink は、高解像度ディスプレイ用の 4 つの HBR3 DisplayPort レーン、高解像度カメラおよびセンサー用の USB3.1 データ チャネルをサポートし、最大 27 ワットの電力を提供します。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

VirtualLink の規格の利点、能力、パフォーマンス、および影響に関する記述、ディスプレイ解像度の向上と高帯域幅カメラの搭載が必要な次世代 VR ヘッドセットであるという記述、VirtualLink が VR 体験を強化するために PC の潜在能力を最大化する記述、VirtualLink テクノロジの発表が VR 業界を次のフェーズへとさらに前進させるという記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。実際の結果に重大な影響を及ぼす可能性のある重要な要素には、世界的な経済状況の変化、製品の製造、組立て、パッケージングおよびテストのための第三者への依存、技術開発と競合製品の影響、新製品および新技術の開発、既存の製品および技術の強化、市場における当社製品または当社のパートナー製品の受容度、設計、製造またはソフトウェアの欠陥、消費者の嗜好や需要の変化、業界標準とインタフェイスの変更、当社の製品または技術がシステムに統合された際の予想外の性能低下、さらにコンソーシアムのメンバー企業それぞれが証券取引委員会 (SEC) に提出する報告書に詳細に記載されているその他の要因が含まれます。これらの将来予想に関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、本日付までにのみ発言するものであり、法律で要求されている場合を除き、VirtualLink コンソーシアムは将来の出来事や状況を反映するために将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA および NVIDIA のロゴは、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。VirtualLink は、VirtualLink コンソーシアムの商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。