自律走行車を仮想環境で検証するための NVIDIA DRIVE Constellation の提供を開始

 
 

オープンでスケーラブルなシミュレーション プラットフォームによって自律走行車の大規模な仮想走行が可能に

米国カリフォルニア州サンノゼ — GTC — (2019 年 3 月 18 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、自律走行車のシミュレーション プラットフォームであるNVIDIA DRIVE Constellation™ の提供を開始したことを発表しました。

このクラウドベースのプラットフォームは、ルーティン走行から、まれにしか発生しない状況や危険な状況まで幅広いシナリオに渡り、現実世界での走行よりも高い効率と費用対効果、および安全性をもって、仮想世界における何百万マイルもの運転を可能にするものです。

昨年の GTC で初めて発表された DRIVE Constellation は、異なる2 つのサーバーで構成された、データセンターソリューションです。1 つめのサーバーであるDRIVE Constellation Simulatorは、NVIDIA GPU で DRIVE Sim™ ソフトウェアを実行し、仮想世界を運転する仮想自動車からセンサーデータを生成します。2つ目のサーバーであるDRIVE Constellation Vehicleは、AI 車載コンピューターであるDRIVE AGX Pegasus™ を内蔵し、シミュレーションで得られたセンサー データを処理します。

Constellation Vehicleの運転判断は Constellation Simulatorにフィードバックされ、それにもとづいて、ビット単位の精度を持ち、タイミングも正確な「hardware in the loop (ハードウェアインザループ)」テストが実現されるようになります。

シミュレーションは、サードパーティ及び規制の自律走行車の規格にとって重要な要素となります。TÜV SÜD のような安全性認証機関は自動運転車のためのテスト規格づくり にすでにこのプラットフォームを使用しています。

TÜV SÜD の自動運転及び ADAS のグローバル責任者、ウセム・アブデルラティフ (Houssem Abdellatif) 氏は次のように述べています。「TÜV SÜD は、自律走行車の認証のために、信頼性が高く、堅牢でスケーラブルなシミュレーションツールを探しています。NVIDIA DRIVE Constellationは、この目標を達成するために、パワフルかつ高度にスケーラブルなソリューションを提供してくれます」

シミュレーションの重要性は世界最大の自動車メーカーにも認められています。NVIDIAは本日、Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.(以下 「TRI-AD」)が DRIVE Constellation の初のユーザーとなることを発表しました。「ソフトウェアを検証し、テストするための大規模なシミュレーションは、自動運転システムに不可欠であると、当社は考えています」と、TRI-AD のCEOであるジェームス カフナー (James Kuffner) 博士は、述べています。

クラウドベースによるエンドツーエンドのワークフロー
GTC のステージにおいて、NVIDIA の創業者/CEO のジェンスン フアン (Jensen Huang) がクラウド上でシームレスに運転テストを実行する DRIVE Constellation プラットフォームのスケーラビリティを実演しました。世界中の開発者たちがシミュレーション シナリオを DRIVE Constellation データセンターに送り、自分のいるデスクからその結果を検証することができるのです。

この大規模な検証機能は、複数のテスト車の走行に匹敵する、何年もかかるテストをほんのわずかな時間で完了させることが可能なのです。

オープンプラットフォーム
DRIVE Constellation は、エコシステムパートナーが自分たちの環境モデル、車両モデル、センサーモデル及びトラフィックシナリオを統合できるオープンプラットフォームです。より広範なシミュレーションのエコシステムからデータセットを組み込むことにより、プラットフォームは包括的で多様、かつ複雑なテスト環境を生成することができます。

この目標を達成するために、本日、シミュレーション企業の Cognata が自社のシナリオと交通モデルがDRIVE Constellation 上でサポート可能であることを発表しました。Cognata の交通モデルを用いれば、開発者は多くの車両及びその他の道路利用者、さらに現実世界の交通現象にもとづいてその現象を定義することが可能になります。

Cognataの CEO、ダニー・アツモン (Danny Atsmon) 氏は次のように述べています。「Cognata と NVIDIA は、自律走行車の市場参入を効率的かつ安全に加速させる堅牢なソリューションを開発しています。自律走行車システムの検証を、現実世界で起こり得るさまざまな状況を組み合わせた中で行うためには、高精度かつスケーラブルな交通モデルのシミュレーション技術が必要不可欠です」

大手自動運転シミュレーション企業の IPG Automotive は、高精度車両モデル実現のために NVIDIA と共同作業を進めるもうひとつのエコシステムパートナーです。同社のシミュレーションソフトウェア「CarMaker」は、あらゆるメイン車両サブシステムのモデルを含む、仮想車両プロトタイプの作成に使用されています。開発者は、操舵や、路面、サスペンション、パワートレイン及び車両制御システムによる影響をうけた車両の反応を含めて機能開発することができます。

NVIDIA のゼネラルマネージャー、ズヴィ・グリーンシュタイン (Zvi Greenstein) は次のように述べています。「私たちは、NVIDIA のエコシステムパートナーたちに支えられながら、終わりのないさまざまな複雑なシナリオの中で綿密かつ安全に自動運転車を検証する、大規模でクラウドベースのオープンなシミュレーションを実現しています」

NVIDIA は DRIVE Constellation シミュレーション プラットフォームのデモを 3 月 19 ~ 21 日、GTC会期中、サンノゼコンベンションセンター内の展示場で行う予定です。

NVIDIA について
1999 年における NVIDIA (NASDAQ 表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピューター、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.com/ja-jp/

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

____________________________________

NVIDIA DRIVE Constellation の利益、性能、影響、能力、価格および可用性、NVIDIA DRIVE Constellation が、高い効率と費用対効果および安全性にてクラウド上で自律走行試験車両を走らせ、仮想世界における何百万マイルもの運転を可能にすること、安全性認証機関が自動運転車のためのテスト規格づくりのためにNVIDIA DRIVE Constellationを使用していること、NVIDIA DRIVE Constellation が自律走行車の認証のためにパワフルかつ高度にスケーラブルなソリューションを提供していること、DRIVE Constellation により、お客様が世界中のどこからでもプラットフォームへリモートなアクセスを行い、開発者がシミュレーション シナリオを送って、自分のいるデスクからその結果を検証できるようになること、DRIVE Constellation が大規模な検証を可能にし、月単位、年単位のテストをほんのわずかな時間で行うことを可能にすること、Cognata のモデルが、NVIDIA DRIVE Constellation をサポートすること、Cognata と NVIDIA が、自律走行車の市場参入を効率的かつ安全に加速する堅牢なソリューションを作成していること、高精度かつスケーラブルな交通モデルのシミュレーション技術が、自律走行車システムを現実世界シナリオとのほとんど無限の組み合わせにより検証する上で重要であること、IPG Automotive と NVIDIA が共同作業を進め、開発者が、どのようにテスト車両が反応するのかを、方向変換、路面、サスペンションその他の状況でモニターできるようにすること、NVIDIA がエコシステムパートナーと連携し、終わりのない挑戦的な状況のもと、完全かつ安全に自動運転車を検証する、大規模でクラウドベースのオープンシミュレーションを利用可能にしようとしていること、DRIVE Constellation が、安全な自律走行車の開発を加速する備えとなり、ビット精度の数百万マイルのテストを可能にすることとの最良の組み合わせとなることおよびDRIVE Constellation の NVIDIA によるデモなど、本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社 製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関して は、Form 10-K での NVIDIA のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手すること ができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある 場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2019 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、NVIDIA AGX、NVIDIA DRIVE AGX Pegasus、NVIDIA DRIVE Constellation、NVIDIA DRIVE Sim および NVIDIA Pegasusは、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。