NVIDIA、ホンダの新型インフォテインメント・システムに採用される

 
 

世界初の組み込みAndroidインフォテインメント・システムがNVIDIA Tegraを搭載

NVIDIA Tegra processor powers 2015 Honda Infotainment System
Honda Civic
Honda Civic
Honda Civic
Tegra Honda Connect

2014年10月2日 - フランス、パリ -NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、ホンダが2015年に欧州で発売する新型のHonda Civic、Civic Tourer、CR-Vに搭載される新しいインフォテインメント・システム、Honda ConnectにNVIDIA® Tegra®モバイル・プロセッサが採用されていると発表しました。

今回、ホンダが自動車用Tegraプロセッサを採用した結果、車載インフォテインメント・システムにNVIDIAテクノロジーを活用する世界的自動車メーカーは17社となりました。この件は、2014年パリ・モーターショーにおけるホンダのニュー・モデル紹介と同時に発表されました。

NVIDIAの自動車事業担当副社長兼ジェネラルマネジャー、ロブ・チョンガー(Rob Csongor)は、次のように述べています。「ホンダは、NVIDIAが誇る先進のモバイル・テクノロジを重要な自動車セグメントに活用しようとしています。今回のホンダ車に搭載されるNVIDIA TegraソリューションはAndroidを採用し、オープンで柔軟なインフォテインメント・プラットフォームを提供します。これはスマートフォンのアプリと自動車業界のニーズを橋渡しするものですし、さらには、運転を安全にする形でそれを実現するものなのです。」

NVIDIAとホンダでは、共同開発を進めた結果、2015年式のHonda Civic、Civic Tourer、CR-Vの組み込みオペレーティングシステムとしてAndroid 4.0.4を採用することに成功しました。ゲームやタブレット、TVといったプラットフォームでAndroidを活用してきたNVIDIAの豊富なノウハウが自動車分野にも応用されたのです。

エネルギー効率が高いのに自動車用NVIDIA Tegraプロセッサを活用したおかげで、Honda Connectインフォテインメント・システムは、直感的にわかる使いやすいシステムとなりました。ピンチ、ズーム、スワイプといったタッチスクリーン・ジェスチャにすばやく反応するため、スマートフォンやタブレットと同等の体験が得られます。

リッチで生き生きとしたグラフィックスにカスタマイズ可能なスクリーンを持つHonda Connectは、ハンドルを握るすべての人にパーソナルな体験を提供することができます。Tegra採用のシステムには7インチの静電容量式タッチスクリーン・ディスプレイが用意され、そこからサテライト・ナビゲーション、AM/FM/DAB、リアビュー・カメラ、車両情報などにアクセスできます。ホンダ・アプリ・センターから、Aha Radioなど、タッチスクリーンで使えるアプリをダウンロードすることもできます。

いま、NVIDIAのプロセッサを搭載している乗用車は世界に600万台以上もありますし、その数はどんどん増えてもいます。これから5年で、NVIDIAプロセッサを積んだ車は2500万台以上も増えると思われます。NVIDIAが推進する自動車関連のイノベーションについて、詳細は、www.nvidia.co.jp/object/tegra-automotive-jp.htmlをご覧ください。

NVIDIAの最新情報は、以下の方法で入手できます。

をフォローする。

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIAはビジュアルコンピューティングにおける、芸術と科学の先駆者であり続けています。NVIDIAのテクノロジは、ゲーマーから科学者、消費者から企業顧客にいたるまで、すべての人々にとって、ディスプレイの世界を双方向的発見の世界へ一変させています。当社の詳細についてはwww.nvidia.co.jpおよび//blogs.nvidia.com、または日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧ください。

本参考情報に記載されている記述の中にはHonda Connectインフォテインメント・システムに搭載されるNVIDIA Tegraの効果や恩恵、2015年式のHonda Civic、Civic Tourer、CR-Vの供給、そしてこれから5年間のNVIDIAプロセッサを積んだ車の予想数など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクと不確実性に関してはこれらに限らず、世界的な経済環境、サードパーティーに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェースの変更、システムを統合する際の当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスの損失などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-Qの2014年7月27日を末日とする会計年度レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基づくものであり、NDIVIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

# # #

Copyright® 2014 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIAのロゴおよびTegraは米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。