NVIDIA、SHIELDタブレットにLayerPaint HDが最適化

 
 

Android 5.0対応で快適に高精細なモバイルペイントが実現

refeia氏イラストレーターのrefeia氏がSHIELDタブレット上でLayerPaint HDで描いたものです。
refeia氏イラストレーターのrefeia氏がSHIELDタブレット上でLayerPaint HDで描いたものです。
refeia氏イラストレーターのrefeia氏がSHIELDタブレット上でLayerPaint HDで描いたものです。
作画: refeia氏 イラストレーターのrefeia氏がSHIELDタブレット上でLayerPaint HDで描いたものです。

2014年11月27日 -NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、株式会社ピージーエヌのモバイル向けペイントアプリケーションである「LayerPaint HD」がAndroid 5.0対応のNVIDIA® SHIELD™タブレットに最適化されたことを発表いたします。

SHIELDタブレットは、NVIDIAが設計・製造した8インチのフルHDディスプレイ搭載タブレットです。192個のGPUコアを持つ最先端のモバイル・プロセッサー、NVIDIA Tegra® K1が搭載されているため、高性能で並外れた機能が満載です。そしてAndroid 5.0にも対応しています。

SHIELDタブレットの大きな特徴のひとつがスタイラスです。スタイラスが使えると、指先による操作だけでは得られないタブレット体験が可能になります。NVIDIA DirectStylus™ 2テクノロジーが搭載されたSHIELDタブレットでは体験が大きく変わります。DirectStylus 2テクノロジーは旧バージョン対比で応答性が倍に向上しており、その結果、GPUによって加速化された3Dペインティングが実現できます。

モバイルペイントアプリケーションとしてとてユーザーからの評価がとても高い「LayerPaint HD」が、この度SHIELDタブレットに最適化され、より快適に高精細なモバイルペイントが実現いたしました。

  • SHIELDタブレットに搭載さているTegra K1 のマルチコアを最適に使えるように調整
  • SHIELDタブレット同梱のスタイラスペンに最適な筆圧に調整
  • LayerPaint HDの手ブレ補正機能を有効にし、より滑らかな描画が出来るように最適化
  • SHILEDタブレットの画面サイズに最適なUI の大きさを調整

株式会社PGN、LayerPaint HD プロデューサー須崎亮太郎氏が次のように述べています。「NVIDIA SHIELD タブレットに採用されている DirectStylus2 テクノロジーにより、指先を使った場合とは比較にならない、精密で快適なペイントが可能になりました。SHIELDタブレットでモバイルペイントの世界が一層広がる事を楽しみにしています。」

SHIELDタブレット上の作画風景 製品仕様などの詳しい情報はこちらをご覧ください。

SHIELDタブレットのモバイルペイントについての最新情報はこちらをご覧ください。

Android 5.0対応のLayerPaint HDについてはこちらをご覧ください。

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIAはビジュアルコンピューティングにおける、芸術と科学の先駆者であり続けています。NVIDIAのテクノロジは、ゲーマーから科学者、消費者から企業顧客にいたるまで、すべての人々にとって、ディスプレイの世界を双方向的発見の世界へ一変させています。当社の詳細についてはwww.nvidia.co.jpおよび//blogs.nvidia.com、または日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧ください。

# # #

本参考情報に記載されている記述の中にはSHIELD タブレットの特長、恩恵、価格や効用、NVIDIA DirectStylus 2テクノロジーの特長や恩恵など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクと不確実性に関してはこれらに限らず、世界的な経済環境、サードパーティーに依存する製品の製造、組立、梱包、試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジーの開発あるいは既存の製品やテクノロジーの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン、製造、あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェースの変更、システムを統合する際の当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスの損失などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-Qの2014年4月27日を末日とする会計年度レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。 これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基づくものであり、NVIDIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

# # #

Copyright® 2014 NVIDIA Corporation. NVIDIA、NVIDIAのロゴ、DirectStylus、SHIELD、およびTegraは米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。