NVIDIA と台湾の科学技術省が提携、AI 研究を加速

 
 

台北 - Computex — 2018 年 6 月 4 日 — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) と台湾の科学技術省 (Ministry of Science and Technology、略称 MOST) は、人工知能における台湾の能力向上を目指す広範な提携を発表しました。

Computex 2018 の開催に先駆けて発表された今回の提携は、今後 10 年間にわたり台湾国内でのディープラーニングと関連 AI テクノロジの強化を図るものです。

NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「PC 革命の中心的役割を担った台湾が、今度は次の時代のコンピューティングで重要な役割を果たすべく投資を進めています。台湾の学校や業界の優れた人材が必要不可欠なインフラストラクチャとツールを得たとき、科学分野と社会において世界を変えるブレークスルーを生み出すでしょう。」

台湾の頼 清徳 (Lai Ching-te) 行政院長 (首相に相当) は今回の提携への意気込みを見せ、この提携を「国家の競争力を研ぎ澄ますための必須条件」と位置付けています。

「台湾は AI エコシステムにおける重要なグローバル プレイヤーとなるべく取り組んでいます」と、頼行政院長は述べました。「NVIDIA は AI コンピューティング分野の世界的リーダーです。NVIDIA との提携を通して、AI 人材を育成するための専門知識と技術的基盤を手に入れ、ソフトウェアとハードウェアの両面から最強の AI エコシステムを構築し、独自の AI テクノロジや AI サービスで世界にさらなる変革をもたらします。」

今回の提携では、以下の 5 つの主要領域に注力します。

  • スーパーコンピューティング インフラストラクチャ: NVIDIA と台湾政府機関は、NVIDIA の最先端テクノロジを台湾にもたらすことを目的とした共同投資を行います。これには、AI とハイパフォーマンス コンピューティングを単一のプラットフォームに融合した、新しい NVIDIA® HGX-2™ が含まれます。
  • 研究: 世界最高峰のコンピューター科学者を擁するグローバル組織、NVIDIA Research は、台湾の研究者やスタートアップ企業と連携してベスト プラクティスの相互提供を目指します。
  • トレーニング: NVIDIA は、これまで世界中の開発者に初級および上級の AI 手法を提供してきた自社の Deep Learning Institute を拡張し、台湾の研究者数千人を対象に AI の最新機能についてトレーニングを行います。
  • スタートアップ企業: 台湾の各機関と NVIDIA は、スタートアップ企業の後押しを目的とする NVIDIA の Inception プログラムを通して、共同で台湾の AI スタートアップ企業を支援します。同プログラムでは現在、世界中で 2,800 社を超えるスタートアップを支援しています。
  • イノベーション: 製造、医療、セーフ シティ、輸送など、台湾の主要な垂直市場向け AI ソリューションの開発に共同出資します。

Grand Plan に基づいた計画

今回の発表は、台湾の科学技術省が昨年打ち出した「AI Grand Plan」の延長です。科学技術省は先月、NVIDIA のテクノロジを採用した HPC スーパーコンピューター「Taiwania」を発表。そして先週には、2,000 基の NVIDIA Tesla® V100 32GB Tensor コア GPU およびAI によって最適化されたソフトウェアの NVIDIA GPU Cloud™ (NGC) コンテナー レジストリを採用したAI スーパーコンピューターを実現するため、NVIDIA を選択しました。

先週水曜日、フアンは台湾で開催された NVIDIA の GPU テクノロジ カンファレンスの基調講演において 2,200 人を超える技術者、開発者、研究者、ビジネス エグゼクティブを前に、台湾で進行中の一連の AI 施策を紹介しました。それらの施策は、製造、医療、輸送などの分野における差し迫った国内問題に幅広く対応しており、AI の強化に重点を置く政府の方針に沿ったものです。

フアンが挙げた 5 つの事例は以下のとおりです。

  • Foxconn が製造工程で人間を超える検査精度を達成: Foxconn では、NVIDIA HGX-1Tesla P4 GPU を採用した GPU ベースのディープラーニングを使って、自社の製造における欠陥検出「見逃し率」を大幅に抑えています。ベテランの検査担当者が達成可能な見逃し率が 4.3% なのに対して、0.015% にまで低減。287 倍のパフォーマンス向上を実現しています。
  • 中国医薬大学附設医院がアジアでもっとも高いがん死亡率に対抗: 中国医薬大学附設医院 (台中市) と、台湾科学技術省の博士研究員であるエディ フアン (Eddie Huang) 氏は、NVIDIA DGX-1™ スーパーコンピューターを使って肝臓がんを検出する AI を開発しました。AIで 診断を支援する「スーパー アシスタント」は、アジアでもっともがん死亡率の高い台湾においてとりわけ重要です。
  • 国立台湾大学が国内で深刻化するがんに対処: 国立台湾大学は徐宏民 (Winston Hsu) 博士との協力の下、食習慣や環境的要因から国内では多く見られる稀少頭頸部がんの一種、鼻咽頭がんの検出においてブレークスルーを生み出しました。徐博士は NVIDIA DGX-1 を利用して、CT スキャンと AI によって生成された MRI 画像を組み合わせて 1 つのアルゴリズムを作成し、検出率を 36% も向上させることに成功しています。
  • 桃園市が道路をより安全に: 台湾第 3 の都市である桃園市は、事故と二酸化炭素排出量を減らすと同時にトラックやタクシー、バスの生産性を向上させるため、自律走行車の開発を推進しています。AI モデルのトレーニングに NVIDIA DGX Station™ スーパーコンピューターを採用するとともに、自動運転向け NVIDIA DRIVE™ PX2 コンピューターを採用して、10 年後までに同市の路線バスの 30% に自律機能を搭載することを目指しています。
  • 台南市が台風に備え整備網を構築: 台湾第 4 の都市である台南市の市政庁は、NVIDIA DGX-1 システムを使って開発された AI ソフトウェアを採用したドローンを、市が管理する 1,650 本の橋の構造的完全性を監視するために配備しています。洪水や地震、土石流によって損害が発生するリスクを評価することで、次に台風に襲われる前に橋を修繕できるようにしています。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

NVIDIA と台湾の提携 (ディープラーニングと関連 AI テクノロジの強化に向けて今後 10 年間にわたり台湾の人工知能テクノロジと能力を変革するための取り組み、科学分野と社会において世界を変えるブレークスルーを生み出すための取り組み、台湾が AI 人材を育成するための専門知識を手に入れ、最強の AI エコシステムを構築し、独自の AI テクノロジや AI サービスで世界に変革をもたらすための取り組み、NVIDIA の最先端テクノロジを台湾にもたらすことを目的とした共同投資の取り組み、ベスト プラクティスの相互提供を行う取り組み、AI の最新機能について開発者にトレーニングを行う取り組み、共同で台湾の AI スタートアップ企業を支援する取り組み、主要な垂直市場向けに AI ソリューションを開発する取り組みなど、さまざまな取り組みを促進するための提携を含む) の目的、影響、利点に関する記述、台湾が国内に AI 変革をもたらすという記述、NVIDIA のパートナーが製造の欠陥検出見逃し率を大幅に抑制しているという記述、がんの検出に関する記述、事故と二酸化炭素排出量を減らすと同時に生産性を向上させるための自律走行車の開発、その目的、タイミングに関する記述、ならびに橋の構造的完全性を監視するためにドローンを配備する利点に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレス リリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、DGX、DGX Station、NVIDIA DRIVE、NVIDIA GPU Cloud、NVIDIA HGX および Tesla は、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。